↓関連検索はこちら↓

1.学童クラブ(放課後児童クラブ)の現状と誰でも働ける理由

学童クラブとは👇️

母子家庭や両親共働きなどで放課後に子供の世話ができない家庭を対象に設けられている保育制度を学童保育と呼び、

現在多くの施設が日本全国に分布しています。

学童保育の発端は、1950年頃東京や大阪などで民間人により始められたサービスですが、

1974年から厚生労働省が介入し現在では同省が所管をしています。

現在の学童保育は、全国で約22,000施設があり、登録している児童数は約930,000名という状況です(平成26年厚生労働省調べ)。

学童保育には民間と自治体がありますが、いずれも厚生労働省の掲げる事業内容に基づき運営をおこなっています。


厚生労働省 学童ねっとより引用

1-1.学童クラブ職員に誰でもできる理由

学童クラブ職員になるための敷居が低いと書いた理由は簡単

だいたいの学童クラブは人手不足だから

主婦で平日午後は毎日入れる、なんて人は即採用されます。

たまにしか来られなくても問題ありません。

学童クラブのコアタイムは午後3時~5時なので、その時間に働けるならok。

夏休みは朝からなので、夏休みだけ朝から夕方まで働ける大学生なども歓迎されるでしょう。

人手不足

なぜ人手不足なのか?

まず全体的に給料・時給が低めだから。

単に稼ぎたいのなら、他にいくらでも割りのいい仕事がいくらでもあるでしょう。

また知名度も低いです。

2020年度の新型コロナウイルスのごたごたで、一般的に知られるようになりました。

でも、まだまだその仕事への社会的な理解は進んでいないように感じます。

待遇面も上がりません。

学童

求人募集にかけられる予算がないため、大学に依頼するか、施設前に張り出すか、

無料で求人募集が出せるような情報誌などでしか募集ができず、世間に知られにくいという理由もあります。

  • だから人の役に立ちたいとか、
  • 施設の前を通りかかって求人の張り紙を見たとか、
  • 子どものために働きたいとか、
  • 教育学部の学生さんとか、

ある程度の志を持っていて、なおかつ時給が低くてもいい人が、知り合いのつてで応募してくる程度。

お金

こういった理由から、特にアルバイトやパートは働くだけならとても敷居が低くなっています。

人格的に多少の問題があっても、できる仕事を割り振られて"ありがたがられる"のが現状です。  

また正規職員だと多少の資格条件があります。

保育園のように「保育士必須」というわけではなくて、事業所によって違うため、入り口としては誰でも可能。

専門資格として【放課後児童支援員】というのがあります。

アルバイトからの実務経験~研修を受けて取得するという道もあるから余裕で取得できます。

実際私が一番始めに勤めたところは父母会運営の給料145000円交通費なし、保育士を資格試験で取っただけの若造が応募したら正規枠で即採用でしたよ。

1-2.学童クラブで働く前に知っておくこと。現場職員の視点から解説

せっかく働くのなら、いい仕事をしたいですよね?

そのあたりははっきり言って本人次第です。 正規職員として何年も働いていても素人同然の方も残念ながらいます。

このサイトでも子ども対応などを書いて行く予定です。興味や悩みがあればぜひ勉強していってください。

学童保育【仕事やめたいを予防する施設選び】働く前の見学ポイント

単に保育園児より物わかりの良くなった小学生を適当に見てればいい、程度の意識でもはじめははできなくはないです。    

働いているうちにそうではないと多分感じると思います。

(感じ取ったうえでどうしたいと思うかにより、その後の振る舞いも変わると思います)  

子どものケンカ

経験がなくても心配はありません。   

また子育てを一人二人したからといっても、学童クラブで働くに際してはあまり関係はありません。

小学校や幼稚園の先生をやっていた人は、多少は経験値としてアドバンテージがありますが、経験が邪魔をすることもあるのでなんとも言えません。      

働いていれば分からないことは必ず出てくるので、職場の人に聞きましょう。

勉強

子どもとはいえ人間相手なので、こうすればこうといった単純なものはないです。

働き始めた場合、子どもの困った行動などに悩まされることもあると思います。

同時にたくさんの子と遊ぶ約束をしてしまってうまくいかなかったり、同じような対応をしてあの子は笑ってたけど、この子とは関係がこじれたとか、悩む場面はいくらでも出てきます。

何年も働いていても子ども相手の悩みや迷いはあります。

人間関係の中でいろいろな経験をして、少しずついい対応ができるようになる仕事なので、そのつもりでいた方が気が楽だと思います。

こどもたち

---ここからはあまり書きたくありませんが、必要なことを書きます。---

働いている人の中にも癖のある人はいます。

アルバイトや正規職員に関わらずです。

子どものために働きたいと思ったのに、職場の大人同士の人間関係で悩みが出てきたなんてこともよくあります。

なんでこんな人が正規職員でやっているんだろうという人もよくいます。

子ども相手でストレスが高い職場は、職場環境を気を付けて管理してくれる人がいないと、職員同士でギクシャクしてきます。

思案

残念ながら園長や施設長もそのギクシャクした関係に巻き込まれていて、管理ができていないクラブもあります。

大人同士の関係で悩むこともあるのは学童クラブに限ったことではありません。

子どもを相手にして、子どものために働いている大人は"人間ができた人ばかり"って先入観は間違いです。

単にあの職員とは反りが合わないな、といったレベルなら仕方ないです。人間関係の範疇なのでしかたのないところです。

反りの合わない人との関係の記事

怒り

明らかにおかしいと思うことがあれば、子どものために声をあげることも考えた方がよいでしょう。

その場合のコツは、相手の一つ上の立場の人に相談、そこでダメならもう一つ上の立場の人に言ってみることです。

さらにもう一つ、自分自身に問題はないのかよく考えてほしいとも思います。

私が職員でいた頃、アルバイトに応募してきたり、中には正規職員でも、

端から見たら明らかにその人の問題なのに、人が悪い、

相手の注意のし方が悪いなど自分ではなく人のせいにする方が何人かいました。

そういった方は、自分は悪くないと思いこんでいるため自分自身には目が向かず、さんざん相手も悩まし、管理職の余計な手間を増やして結局100%やめていきました。

学童クラブ職員としての適性の記事

低確率ですが、そういった方も存在します。

出会わないに越したことはないけど、もし出会って悩むことがあれば、

世の中はそういうものだと割りきるのもアリ。

学童クラブと保護者の部屋のロゴ
学童クラブと保護者の部屋のロゴ

2.学童クラブ職員に必要な資格と資質・スキルはなに?

2015年から放課後児童支援員という資格ができ、

一定の研修(といっても座学の講義を4日間受けるだけですが)を受けたら認定されるようになりました。      

学童クラブをやってる運営主体によっては

教員免許だったり、保育士だったりを採用条件に加えてますが、

実際のところ決まった資格はありません。      

こどもたち

放課後児童支援員の資格についても、

学童クラブの質があまりに施設によってバラバラだから、一定の基準を設けるためにできた資格なのに、

特に地方での人手不足から "いたら好ましい"程度の資格に2019年度に成り下がり。

(自治体により違って、配置必須といるところも都市部中心に多くあります)      

学童

また学童クラブ指導員というのは社会的に認知されてきていますが総じて給料は安いため、募集に応じてくる人は少ない現状。

少ないため、この人どうなんだろうという方も採用されている実情があります。

雇う側はそういった人を育てながら、子どもを育成していくので現場は大変です。    

しかし仕事内容にやりがいを持って、給料は二の次といった感じの人もいるのは確かです。

お金を稼ぎたい人には向かない仕事と言えます。

そういった人のためのサイト運営を目指していますが、また別の話。      

休み

先に述べましたが、職員の質は様々です。

自分が学童クラブの指導員をしていた頃、変な人はたくさんいました。    

私が見てきた変な職員たち
  • 何度も同じミスをする
  • すぐ怒る
  • すぐトイレに逃げる
  • 人の悪口を人前で言う
  • 他の指導員の悪口を子どもに言う
  • 子どもへの態度が悪い
  • すぐ精神を病んで休む
  • 同僚が普通に注意しても病む
  • 何かあるといい大人なのに親が出てくる
  • 議論ばかりするが仕事をしない

👆️いくらでもいました

本当にたまに、子ども相手なら自己顕示欲を満たせると思っている人もいます。  

こういった人はほとんどやめていきましたが、ごく稀に長く残っているのは邪魔者以外の何者でもなかった。  

変な人がいっぱいいたみたいに書いてしまいましたが人格まで否定するつもりはなく、

単に子ども相手・学童クラブの仕事に向いていなかっただけってのはフォローしときます。

小学生

職場で出会ったためアラばかりが見えてしまった人も、他で出会ったならいい人だろうなというのはいくらでもいます。

やめていったあと、他の仕事で力を発揮している話を聞いたことも沢山あります。

知識や技術両方をはじめから持っている人はいません。

質というのは人柄や感情の出し方、意見の言い方、人との接し方、ストレス耐性など人としてごく常識的なところのことです。

個性が強い人も歓迎されます。でも社会人としての常識的なところをクリアした上での話です。    

人付き合い

意識のもちようで、知識や技術は日常のなかでいくらでも経験が蓄積されていきます。

質の高い指導員を目指したいのであれば、知識りよ人間力をつけるのが先です。  

子どもとのやり取りにも直結しますよ。

また対子どもはとてもストレスが高いので、ストレス耐性を身に付けることも大切なことです。

ストレス耐性をつける自律訓練法

リラクゼーションの記事

燃え尽き症候群にならない記事

こども相手

たまに大変な子に何とかしてあげたいと思うばかりに、

燃え尽き症候群を発症する真面目な方もいます。

だからこそストレス耐性はどの仕事にも必要です。    

現場によってはおかしなところが山ほどあるので、そこを正していける力も必要です。

ある程度経験や立場が上がってきたらチャレンジしたらいいと思います。  

3.学童クラブ職員は誰でもなれる?のまとめ

誰にでもなれるけれど、給料は低い。 お金が欲しいだけなら他の仕事をすればいい。

じゃあなんでこの仕事をしたいのか?  

子どもが好きで楽しそう、お金も多少もらえそう、がもともとの動機でも、

実際に働いてみると分かることが多くあるでしょう。

目次へ

学童クラブ職員向けのOFFJTガチ記事👇️

クローバーとてんとう虫

このサイトでは子育て情報や子ども心理などのほか、学童クラブ~保育園や小学校の子ども向けのおすすめの遊び/オススメ本をそれぞれ100以上紹介しています



👉️幼児~小学生にオススメ【おもちゃ】👈️


👉️幼児~小学生へオススメ【本】👈️



👉️地域・自治体別の学童クラブなど👈️

クローバー

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事