↓関連検索はこちら↓

このページでは、
私ジャム(@jamgakudo)が、なんで学童クラブや学童期の子どもについての情報をわざわざ発信してるか?を書いてます。

理由はいまの学童クラブ業界がダメだと思うから。

何がダメかってのはこちら👇️

以下に多少でも当てはまる人は、
読んでも無駄な時間にはならないかなと思います。

・おもに小1~小3くらいの子どもについてもっと知りたい

・子どもへの対応が分からないか、悩みつつやっている

・学童クラブなどで真面目に子どもたちに接していきたい

・子どものために気持ちよく働きたい

・学童クラブの指導内容や運営について教えてくれるまともな人がいない

働くこと

子どもに対しては、
大人がいくら想いだけを持っていても、
一筋縄ではいきませんよね。

子どもについての知識やスキル
基本的なマインドもないと、
よかれと思ってやったことが、
簡単に子どもに悪影響を及ぼします。

簡単な例だと、

いけないことをしたからって、
叩いてしつけるとか、
怒鳴って従わせるとか、

一昔前は当然のようにやられてたのが、
確実な悪影響を及ぼすもの
と分かっています。

単に経験がないだけなら、積んでいけばいい。

だけど我が子一人の保護者は
1年生の子育てを何度も繰り返せないですよね。

ピアノ

さて保育、学童クラブ業界は離職率も高く
生き残った数少ないベテランは
主任や管理職になっちゃう。

つまり経営や人材育成に回り、
実際の子ども育成の現場から離れちゃうわけよ。

せっかく苦労して得た経験が、
直接現場の子どもたちに生かされない。

ジャム
非常に惜しいと思います。 

そんな中でも保育園で仕事してる保育士
まだ数が多いし、情報もけっこうある。

子育て支援も地域によっては充実してます。

だけど特に学童クラブ業界

だけどこの年代の子ども相手の
プロであるはずの学童クラブ職員は
いろんな問題から経験を積めない。

待遇が悪すぎるが一番の理由で、
すぐやめちゃうんです。

給料が足りない

保育園から思春期に至る間にある、
学童期特有の子どもに関する情報

初めて我が子が小学校に上がって数年、
ここの成長段階や、子どもの特性なんかは
保護者も知りたいと思う。

保育学校って保育園の知識が大半で、
学童の知識は「その延長です」みたいな感じ。
さらっと触れられるだけ。

実際は全然違いますね。

特に保育園と高学年の間の過渡期ってなのは、
個人差も大きくて支援の幅が大きく、
必要なスキルも保育園児とは別物。

まあ保育園で仕事するでも
学校知識は基礎にはなるけど役に立たないし。

働いた上での経験や自分での勉強に
よるところが大きい仕事なんですよね、
子どもの現場ってのは。

保育士
経験値を積んだベテランが、

下の職員を育てていければ
問題ないんだけど・・
ジャム
さっきも書いたように
すぐやめちゃうのよ。

働いてる人の内訳は

新卒
今から!って人たち。
教育がよければ育つ人も多い

中途採用
いい人もいるんだけど、
来てろくでもない施設ならすぐやめちゃう。
他の会社経験があるから、普通は見抜く。
いい施設からは離れないで囲いこまれる。

パート職員
誰でもなれる。
教育が行け届けばいいんだけど、
常勤職員の人も経験値がなくて、ままならない。

どうでしょうか?

どうなっていくのか?は、
運営者努力での現場教育がされてるか?
この一点でのみ差がついてきます。

ちなみに公立でも民間でも同じよ、
時給で雇って1年更新とかもザラ。
自治体による差が大きいところ。

(10年働いて毎年更新してたのに、急にクビになった!みたいのが学童業界のローカルニュースによく出てくる。)

寝込む

そして責任にたいしての低賃金って足かせが
常について回るし、
運営者自身も素人だったりして、、

職員が段階的に経験つめる、いい学童クラブ
たくさんあると思いますか?

何年も運営してるのに、
ふたを開けたら

職員
素人しかいねぇ。。

設立30年でこれかよ・・・

要はいい施設と悪い施設の差が
チョー大きいってこと。

ジャム
こんなのが学童クラブ業界よ。

結果として職場として機能せずに、
長くいるだけでスキルなしの、

よくわからないパートのおばさんが
幅を効かせているようなクラブも正直ある

放課後児童支援員って資格ができて、
何にも知らない人がやって来ても、
短期間で一通りの教育ができるようにはなった。

だけど待遇が悪すぎるのもから、
やっぱりすぐやめちゃう

現場経験が不可欠だって言うのに。。

退職

年々大変になる子どもへの対応、
あれやれ、これやれ、って要求ばっかり増える。

対応にとてもスキルがいる、
精神障害か人格障害の保護者に、
経験を積めなかったばかりに
やられてしまう職員があとを絶たない。

ますます経験のあるベテラン職員は、
そんなトラブル対応要員みたいになって

せっかくのスキルを子どもに使えず、
トラブルに食われる。

保育士
経験値の使い方が
間違ってるわ

学童保育は、とってもに狭い情報のなかで
仕事をしている現場が多いし、

まだそんな認識なの?
と驚くような施設も正直なところあります。

なぜなら私が保育士資格をとって
働き始めた一番はじめの職場がまさにそんな感じ。

  • クラブとしての育成方針もなにもなく、
  • 父母会の代表が運営してるけど
  • 補助金目的にゴースト社員を名簿に載せ、
  • 研修ももちろんなし、
  • 正しい見本になる人もいない。
  • そして個人の感覚だけで日々を過ごしてる。
  • 東京都内の話よ

プロフィールと経歴

そう、学童クラブ業界に足りないのは
現場教育なんです。

支援員資格の研修だけじゃ全然足らない。

そこで私はこのサイト
学童クラブ指導員と保護者の部屋
をやってます。

学童クラブ指導員と保護者の部屋のロゴ
学童クラブ指導員と保護者の部屋のロゴ

学童クラブで20年以上働いてて、
体系的に情報をまとめて、
ちゃんと発信してる人なんてほぼいない。

ネット上に情報ありそうだけど、

チラシ
学童クラブは
子育て経験を生かして働けます

イエイ!

みたいな誰でも思い付くような薄い情報、
(←必要な条件を省略した嘘)

ヤフー知恵袋

質問者
子どもを叩いてしつけるのは
どう思いますか

ベストアンサー

素人
仕方ないと思いま~す


みたいな素人が適当に書いてる
情報
もたくさんあって危なっかしい。

経験積めないからしょうがない。
やる気のある現場職員のせいじゃありません

経験を積めても現場管理者になっちゃうから、
子どもに還元できない。

法人としていい加減な運営者も多いから、
現場上がりの管理職のせいでもない。

もっと言えば、どこにも金がないから
政府や自治体のせいでもない。(かもしれない)

でも一番ダメなのは、
学童クラブってできて50年くらい歴史があるのに
現場にはなんにもノウハウが溜まってない状態
ってこの流れ。

経験値を積めた、個人の脳みそにしかにしか情報がない!

施設によってとんでもなく差がついてる状態。

いる子は同じなのに。。

子どもがいっぱい

そこで私は始めました。

学童クラブと、
学童クラブくらいの子どもについての情報発信を。

たった20年そこらの実地で得たものだけど、

ノウハウがない、
現場でやる気があるのにいろんな問題に
直面してる職員さんのため、

または我が子が小学生になったら、
保育園時代とは違って急に情報がなくなった!
ってなる保護者の方々へ。

少しでもお役にたてたら幸いです。

元東京大学の研究者だった私が
なぜ学童クラブに転身して
どんな経験をしてきたのか?
私のプロフィールはこちら

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事