学童クラブで子どもの主張に食い違いがあるトラブル解決法

学童クラブで働いてると、子どもどうし必ずトラブルが起こる。

大人が見てればいいんだけど、毎回そうも行かない。

聞いてみると

女の子
急に後ろから押されて転んだ
男の子
押してない!


食い違いが起きるのもしょっちゅう。

男の子
△君がやれって言ったから
△君
言ってない!


どっちかが嘘ついてるか、重大な勘違いも含めた食い違い。

そんなときどうするかって話。

食い違い系トラブルをうまく解決できないと、簡単に保護者の信頼を失いかねないので、ぜひ身につけて欲しいと思います。

対応失敗の例👇

トラブル続き、いつまで行かせるか悩みます。
本人的には楽しいことも多いからまだまだ行きたいと言うので、親は腹立つことばかりですけど、とりあえず今年度は行かせるかなぁ。

うちの公立学童もそんなもんでした。子供や保護者間の評判は正直悪かったです。でも、働く身としては預けないわけにはいかないし、安いので、先生が強気な部分もあるのかな?と思いました

womensparkより引用

この記事を読むと分かること
  • 子どものトラブル対応簡単な流れ
  • 主張が食い違ってたらどうするか
  • 状況を推測する方法
  • 保護者へはどう説明するか?
学童での食い違いトラブル対応
当サイトについて

はじめましてジャムと言います。

もともと私は東京大学の大学院で
理系の研究
をしていたんですが、
子ども達との出会いにより、
全く畑違いの保育業界へ転身を決意。

以来20年以上
主に学童クラブで小学生と関わり、
様々なことを学んできました。

そこで得たものを使い、
保育士はじめ保護者の方々、
子どもに関わる大人の

  • 疑問
  • 不安
  • 分からない

を解決することでアナタが幸せになり
子どもに良いものが伝わることを願い
このブログを運営しています。

私は今までの経験を元に、
主に講演・執筆活動を行っています。

家では2人の子どもを育ててます
とっても安定してますよ(笑)

ツイッターやってます(@jamgakudo)

インスタグラム(@jamgakudo)

ジャムのプロフィールはこちら

ジャム
プロフィール

目次【本記事の内容】

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事