↓関連検索はこちら↓

学童クラブなどで主張に食い違いがあるトラブル解決法

学童クラブみたいな子どもの施設で働いてると、子どもどうし必ずトラブルが起こる。

大人が見てればいいんだけど、毎回そうも行かない。

聞いてみると

女の子
急に後ろから押されて転んだ
男の子
押してない!


とか食い違うことも。

そんなときどうするかって話。

これは簡単で"押したつもりないけど当たったみたい"
単なる勘違いかもしれないって推測できる。

一方でもっと積極的に言ってるみたいの

男の子
△君がやれって言ったから
△君
言ってない!


どっちかが嘘ついてるか、重大な勘違い。まあ怒られたくなくて嘘ついてるかな。

トラブル続き、いつまで行かせるか悩みます。
本人的には楽しいことも多いからまだまだ行きたいと言うので、親は腹立つことばかりですけど、とりあえず今年度は行かせるかなぁ。


うちの公立学童もそんなもんでした。子供や保護者間の評判は正直悪かったです。でも、働く身としては預けないわけにはいかないし、安いので、先生が強気な部分もあるのかな?と思いました

womensparkより引用
困ってる大人

トラブル対応で保護者との関係が決まると言ってもいいけど、子どもの話が食い違ってたら解決できないこともある。

だから保護者への対応はどうするんだ?って話にもなってくる。

上のような印象を持たれるのは「対応失敗」の例だけど、こうならないためにどうぞ読み進めていってください。

こんな感じで子どもの主張が食い違ってたらどうするか、その解決方法というか、対応の方針みたいのを書いていきますね。

この記事を読むと分かること
  • 子どものトラブルの収め方の簡単な流れ
  • 主張の食い違ってたらどうするか
  • 状況を推測する方法
  • 保護者へはどう説明するか?
当サイトについて

このサイトでは管理者のジャムが、

主に学童クラブや児童館で"20年以上"
主に小学生に関わってきた経験を元に、

子どもに関わる大人へ役立つ情報を発信。

子どもと親が幸せになればいいなという思いをもって運営をしています

ジャムのプロフィールはこちら

ジャム
プロフィール

目次【本記事の内容】

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事