学童での保護者への謝罪の仕方のエッセンス

学童クラブ保育園などで働いていると、たまに保護者や世間的にお詫びや謝罪をする場面があります。

あなたが現場職員なら、多少なりとも謝罪したことがあるでしょう。

「ない」という常勤職員は恐らくいません。

そこで、

  • 相手が不快感を示した
  • どう伝えていいのか困った

👆という経験も少なくないはず。

明らかに対応に失敗した事があるという方も、私を含めていると思います。

  • 連絡の行き違い
  • トラブルをうまく解決できなかった
  • 物をなくしてしまった
  • 子どものサインに気づかなかった
  • 職員が子どもに怪我をさせた
  • 連絡が遅れて不手際な対応になった
  • 必要な情報を伝えられなかった

できれば失敗しない方がいいけど、そんなの毎日働いてれば無理な話。

だけど謝罪やお詫び一つで、信頼関係が作れることもある一方で、逆に信頼を失うこともあります。

だからこの記事では必ず必要になる、謝罪やお詫びの仕方についてお話していこうと思います。

保護者へのお詫びと謝罪
当サイトについて

はじめましてジャムと言います。

もともと私は東京大学の大学院で
理系の研究
をしていたんですが、
子ども達との出会いにより、
全く畑違いの保育業界へ転身を決意。

以来20年以上
主に学童クラブで小学生と関わり、
様々なことを学んできました。

そこで得たものを使い、
保育士はじめ保護者の方々、
子どもに関わる大人の

  • 疑問
  • 不安
  • 分からない

を解決することでアナタが幸せになり
子どもに良いものが伝わることを願い
このブログを運営しています。

私は今までの経験を元に、
主に講演・執筆活動を行っています。

家では2人の子どもを育ててます
とっても安定してますよ(笑)

ツイッターやってます(@jamgakudo)

インスタグラム(@jamgakudo)

ジャムのプロフィールはこちら

ジャム
プロフィール

学童/保育~子ども施設でよくあるトラブルと、具体的な対応 👇️👇️

▶️pickup◀️

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事