↓関連検索はこちら↓

学童/保育での保護者への謝罪の仕方のエッセンス

学童クラブ保育園などで働いていると保護者や、場合によっては世間的にお詫びや謝罪を行わなくてはいけない場合があります。

実際に不手際があり、謝罪を行ったことがあると思います。「ない」という方は、常勤職員では恐らくいないでしょう。

またそこで、相手が不快感を示したとか、こちらがどう伝えていいのか迷ったり困ったりした、という経験も少なくないと思います。

明らかに対応に失敗した事があるという方も、私を含めていると思います。

指ネコ
なるべくなら失敗したくないにゃ
  • 連絡の行き違い
  • トラブルをうまく解決できなかった
  • 物をなくしてしまった
  • 子どもの出しているサインに気づかなかった
おおごとになるケース

こじれる可能性が大きいものは

  • 職員が子どもに怪我をさせた
  • 連絡が遅れて不手際な対応になった
  • 必要な情報を保護者に伝えられなかった

この記事では、できれば失敗しない方がいい、知っておいた方がよいお詫びの仕方について書いていこうと思います。

この記事を読むと分かること

  • お詫びの要素
  • なぜ技術が必要なのか?心だけじゃいけない
  • 連絡の大切さ
  • 伝える内容と対応の基本
謝罪の仕方の記事の挿入画像
当サイトについて

このサイトでは管理者のジャムが、

主に学童クラブや児童館で"20年以上"
主に小学生に関わってきた経験を元に、

子どもに関わる大人へ役立つ情報を発信。

子どもと親が幸せになればいいなという思いをもって運営をしています

ジャムのプロフィールはこちら

ジャム
プロフィール

学童/保育~子ども施設でよくあるトラブルと、具体的な対応 👇️👇️

▶️pickup◀️

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事