↓関連検索はこちら↓

ギャングエイジ以上の年代の集団心理

子どものいじめ問題、深刻ですね。

場合によっては自殺など最悪な結果に終わることもあります。

そうなる前に訴えてほしいところだけど、
高学年以上になるとやられている子は被害を隠す傾向もあり。

(別記事)

そこで被害を隠す原因になったり、

解決に向けて障害になる厄介なのが集団心理

子どもは成長します。

生まれてから小学校低学年くらいまで、親との関係が大切で、親の価値観がほぼ子どもの考え方へ。

それが高学年になると、親との関係は大事、
だけどそれよりも本人にとって大切になるものがあります。

仲間意識

仲間

同年代の子と関わることで、

ある意味"親に言われるまま"の状態から

👇️

"「自分」というものを確立していく段階"に突入します。

その準備として3年生~高学年くらいはギャングエイジと呼ばれ、特別な集団を作ります。

普通のことです。

でもこの仲間とのつながりがいじめの原因にもなります。

親や大人が介入しようにも、本人にとっては仲間の方が大事だから対応が難しくなる。

対応がそもそも難しいけど、
集団心理を知らないと知ってるだと、
知ってる方がいいでしょう。

ということでこの記事を書くことにしました。

この記事を読むと分かること
  • 子どもの生きている仲間との世界が分かる
  • 集団のなかで起きる不具合が分かる
  • 外部からの対応と本人の教育が分かる
仲間
当サイトについて

このサイトでは管理者のジャムが、

主に学童クラブや児童館で"20年以上"
主に小学生に関わってきた経験を元に、

子どもに関わる大人へ役立つ情報を発信。

子どもと親が幸せになればいいなという思いをもって運営をしています

ジャムのプロフィールはこちら

ジャム
プロフィール

▶️pick up◀️

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事