↓関連検索はこちら↓

高学年以上の子どものいじめ~親としての対応

子どものいじめ問題

いじめといかなくても、嫌がらせ意地悪などで本人がつらい。

我が子がやられてるなら、心配ですね。

たまに

  • 「うちの子は大丈夫」
  • 「この程度なら本人に任せてみよう」

心配しない親もいるけど、ちょっと待ってください

なぜなら、
高学年過ぎると
子どもはいじめを隠すから。

やられている子も隠します。

加害者が隠すのは分かるけど、

やられている子が隠すって!?

でも事実です。
理由はこちら。

本人が隠してるのに親のあなたが知れた段階ってのは、
相当深刻と思ってよいです。

いじめを隠す

そしていじめ(や学校での問題)の結果、自殺やうつになってしまう子もいます。

うかうかしていられませんよ。

実はこの記事を書いている私自身も、

高学年~中学にかけていじめ被害に遭っていました。

5年くらい親に隠して、

最後は解決した(してもらった)事例も紹介します。

このように、高学年以上の子が、

いじめや嫌がらせでつらい思いをしている時に、

"親として何ができるか"について、

伝えていきますね。

この記事を読むと分かること
  1. 予防的な日常の関わり
  2. 学校に相談する場合のポイント
  3. 親が直接解決できるレアケース
  4. 読まないと分からない子どもの心理
当サイトについて

はじめましてジャムと言います。

もともと私は東京大学の大学院で
理系の研究
をしていたんですが、
子ども達との出会いにより、
全く畑違いの保育業界へ転身を決意。

以来20年以上
主に学童クラブで小学生と関わり、
様々なことを学んできました。

そこで得たものを使い、
保育士はじめ保護者の方々、
子どもに関わる大人の

  • 疑問
  • 不安
  • 分からない

を解決することでアナタが幸せになり
子どもに良いものが伝わることを願い
このブログを運営しています。

私は今までの経験を元に現在独立し、
中部地方にて
主に執筆活動を行っています。

家ではまだ小さい、2人の娘を育ててます
とっても安定してますよ(笑)

ツイッターやってます(@jamgakudo)

インスタグラム(@jamgakudo)

ジャムのプロフィールはこちら

ジャム
プロフィール

▶️pick up◀️

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事