↓関連検索はこちら↓

高学年以上の子どものいじめ~親としての対応

子どものいじめ問題

いじめといかなくても、嫌がらせ意地悪などで本人がつらい。

我が子がやられてるなら、心配ですね。

たまに

  • 「うちの子は大丈夫」
  • 「この程度なら本人に任せてみよう」

心配しない親もいるけど、ちょっと待ってください

なぜなら、
高学年過ぎると
子どもはいじめを隠すから。

やられている子も隠します。

加害者が隠すのは分かるけど、

やられている子が隠すって!?

でも事実です。
理由はこちら。

本人が隠してるのに親のあなたが知れた段階ってのは、
相当深刻と思ってよいです。

いじめを隠す

そしていじめ(や学校での問題)の結果、自殺やうつになってしまう子もいます。

うかうかしていられませんよ。

実はこの記事を書いている私自身も、

高学年~中学にかけていじめ被害に遭っていました。

5年くらい親に隠して、

最後は解決した(してもらった)事例も紹介します。

このように、高学年以上の子が、

いじめや嫌がらせでつらい思いをしている時に、

"親として何ができるか"について、

伝えていきますね。

この記事を読むと分かること
  1. 予防的な日常の関わり
  2. 学校に相談する場合のポイント
  3. 親が直接解決できるレアケース
  4. 読まないと分からない子どもの心理
当サイトについて

このサイトでは管理者のジャムが、

主に学童クラブや児童館で"20年以上"
主に小学生に関わってきた経験を元に、

子どもに関わる大人へ役立つ情報を発信。

子どもと親が幸せになればいいなという思いをもって運営をしています

ジャムのプロフィールはこちら

ジャム
プロフィール

▶️pick up◀️

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事