↓関連検索はこちら↓

見学で仕事をやめたくなる学童を見極める

学童クラブ放課後デイサービスなど、
似たような施設で働こうとしてるなら、
覚悟が必要かも。

子どもがちょっと好きで、
やってみようかな程度の
アルバイト感覚なら大丈夫です。

いざとなったらやめればいいから。

でも本業を学童と考えてる場合は
"地域や施設によってとてつもない差がある"
ことは知っておきましょう。

入ってからやめたいと思う方もたくさんいます。
学童保育に限らないと思うけど。

実際に私は地方で
学童クラブのボランティアや子ども活動を通して、
子どものために働きたいと思い、
それまでの積み上げを捨てて、
上京して保育士資格を取り、
希望を持って就職した一発目の学童クラブ


"とんでもなかった"から。


結局一年半で退職。

進路を迷う

幸いモチベーションも続いて、転職先の
学童クラブをやってる法人はけっこうよかった。

転職成功したので今の自分があります。

この辺の物語も書いておくので
是非読んでください!

学童クラブ業界内の情報を知ると、
私のは別に特殊ケースじゃなく、
待遇の悪さや職場の雰囲気が悪いとか、

よくあること、っていうのを後から知りました。

よくあることだけど、一発目に働くまでは普通は分からない。

分からないで知らずに働きだして
病みながら、後から知ることになる
のは、
せっかく子どもが好きでやる仕事なのに
あまりに酷と思います。

要は私と同じつらい思いを
経験はないけど心意気はあるような
やる気に満ちた方
にしてほしくないってこと。

だからこの記事を書きます。

この記事を読むと分かること
  • 学童だけじゃない、働く前の子ども施設の見極めかた
  • 職場の雰囲気がよいかを予想する、見学の時の見るポイントがわかる
  • 意外に大切な、物理的な労働環境について
  • 低待遇は働く前に分かってますよねって話
当サイトについて

このサイトでは管理者のジャムが、

主に学童クラブや児童館で"20年以上"
主に小学生に関わってきた経験を元に、

子どもに関わる大人へ役立つ情報を発信。

子どもと親が幸せになればいいなという思いをもって運営をしています

ジャムのプロフィールはこちら

ジャム
プロフィール

我が子を学童クラブにいれる場合はこちら
学童選びのチェックポイント

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事