↓関連検索はこちら↓

子どもの仕事に必要な資格と知識、あった方がよい資格と知識

当サイトについて

このサイトでは管理者のジャムが、

主に学童クラブや児童館で"20年以上"
主に小学生に関わってきた経験を元に、

子どもに関わる大人へ役立つ情報を発信。

子どもと親が幸せになればいいなという思いをもって運営をしています

ジャムのプロフィールはこちら

ジャム
プロフィール

学童クラブや保育園、児童養護施設など子ども関係の福祉施設で働く場合は資格が必要です。

アルバイトやパート職員なら不要ですが、持っていれば資格加算手当などもつきますし、なによりも子ども相手にする時の知識は強みです。

資格を持っているからと言っていろいろなことができるわけではなく、一定の勉強をしたことの証にしかなりませんが、日本では有資格者はそれなりの信用度を持って迎えられます。

特に保育士や社会福祉士などの福祉資格は、他の医師や行政書士などの合格率数%の資格とは異なりそう難しいものでもなく、特に子ども関係資格では万能の保育士は、専門学校に行かなくても大卒または高卒+保育補助などの経験で受験資格が取れるので、取得しておくのがよいでしょう。

他には似たような資格として幼稚園や小・中学校教員免許などがあります。

これでも児童館・学童クラブでは有効で、施設によってはこれも資格加算となります。

しかしこちらは大学の教育学部に4年通った上で教職科目を余計に勉強し、教育実習まで行いやっと取得できるものです。

この記事では子どもの仕事をしたいときに勉強してとる資格として、イチオシの保育士や他の福祉資格などについて書いていこうと思います。

この記事を読むと分かること

  • おすすめの保育士試験への勉強方法
  • あったらいい差別化できる資格
保育士になるために勉強することの記事の挿入画像

1.保育士資格の取り方

子ども関係の仕事に就く際に、押さえておかなくてはならない資格が保育士です。調べると民間資格のチャイルドマインダーやベビーシッター認定などいろいろ出てきますが、「保育士」はれっきとした国家資格なので扱いが違います。その割に専門の学校に行かなくても簡単に取れるのでイチオシです。

学校

1-1.養成施設に行く

専門学校などの養成施設に行こうとする方は、高卒すぐの方が多いと思います。

一度別の業種でで勤めたけれど、志を変えて改めて学校に行く方も少なくはありません。

各都道府県にたくさんあるので通い易いところを選ぶとよいでしょう。こちらのリンク参照

学校をどこを選んでもカリキュラム内容は決まっています。

幼稚園教諭などの資格がたくさんとれるところがあるので、できるだけそういったところがいいでしょう。

保育士などの特定の資格以外は、後から取ろうとするとかなり苦労するため、学校に行くのならいる間に取れるものはとっておくのがよいかと思います。

学校でとらないといけないものや、受験資格が特定の教科を収めていないと取れないものが結構あるためです。

鳥

後から働きながら大学に編入したり、科目履修生になり取れることは取れるものもありますが、時間的余裕や経済状況によっては無理なこともあります。

このような理由から、取れる資格はできるだけ取っておいた方がよいでしょう。学校に行くような方は若い方々と思いますが、若いうちは焦る気持ちも分かり、必要な資格だけサクッと取って後は遊びたいなんて思いも抱くと思います。

しかし人生は長いので、とてもやる気を持って勉強したのにいざ働いてみたらなんか違う、なんて事はざらにあります。

運が悪いと一発目に配属された職場がブラック企業で業界全体に対して幻滅してしまうこともあるでしょう。選択肢や可能性をなるべく広げておくことをお勧めします。

1-2.☆イチオシ☆自力で勉強して資格試験を受ける

保育士資格は国家資格の割には比較的間口の広い資格です。受験資格がたくさん用意されています。

  • 大卒か2年以上在学で必要単位以上、2年以上の専門学校卒
  • 高卒平成3年3月31日まで
  • 高卒それ以降は勤務時間2年以上かつ2880時間以上
  • 中卒は勤務5年以上かつ7200時間以上

ちなみに2880時間は月20日1日6時間くらいでちょうど2年くらいで、パート職員などの雇用形態にはよりません。また高卒は高卒認定でも可です。

大学の必要単位は、どの学部学科でも二年以上在籍の62単位以上となります。中退していても可です。

勤務経験として認定されるものは児童福祉施設、保育所、乳児院、児童養護施設、児童館などとなります。

認可外保育所、学童クラブなどは自治体の判定によるので、問い合わせが必要です。

詳しくはこちら

時間

いかがですか?大学二年以上在籍していれば受験資格があるのは破格です。

保育士養成の専門学校に行くと、その二年間は保育士関連のことしか学べませんが、大学に行けば他の勉強をしつつ受験資格を得られるのです。

保育は福祉の一分野なので、「大学や社会福祉関連の学校で社会福祉士を取りつつ後から保育士は資格試験で取る 」という方法もあります。

社会福祉関連は保育士試験にも科目として出てきますので、特におすすめです。

(保育士の学校に行っても得られるのは保育関連のみで他の福祉資格は取れないので、逆は不可能です。他の福祉資格については、受験資格すら専門学校に行かないと得られないものばかりです)

あとから書きますが、保育士試験自体は大学受験などと比べても、内容が子ども関連に限定されているため相当簡単なので、後からでも学べます。

養成学校に行くと実技などがありますが、働き出せば毎日が実技なので、学校でやっていてもいなくても仕事をし出せば変わりません。

本

1-3.保育士試験で資格をとる際の勉強法

おすすめは独学です。それも通信講座ではなく、書店で本を買って勉強をする方法です。

通信教育の講座は探すとすぐに出てきますが、たいした講座ではありません。

中には完全に試験対策のように、本来の知識を得るというよりは問題を解けるようにするためだけのものもあるので、個人的にはおすすめしません。

私が昔受けてみたものはペラペラのテキストが何冊か送られてきただけでした。

それでも気になる方は、今の時代ネットの口コミなども参考にするとよいかもしれません。

それよりは、勉強科目は8個なので8冊テキストを自分で探して勉強するのがよいでしょう。

保育士試験は年に二回(地域によっては一回)あり、一度合格した科目は三年有効なので、自分のペースでやっていきましょう。

全体の合格率は22%とのことで、一見合格率が低いのですが、全ての科目を一発で合格するよりは2年くらいかけてゆっくり取る方が多いという事情から、見た目が低い合格率となっています。

筆記科目内容↓

社会福祉法律、制度・理念・歴史など。
教育原理・社会的養護教育の理論・社会的養護の制度など。併せて一科目。ほぼ暗記科目
児童家庭福祉社会福祉の児童に関する部分
保育原理保育の歴史や思想など。ほぼ暗記科目
保育の心理学発達心理学が主
子どもの保健生理学や衛生など。暗記多め
子どもの食と栄養栄養学の初歩の初歩
保育実習理論保育計画や指導案など。簡単

その中では、人によっては暗記が必要な栄養学と保育原理の人物名を覚えるのに苦労しますが、他は理解しながら読んでいけばそう苦労はしないと思います。

合格ラインは6割です


実技科目↓

音楽ピアノ・アコーディオン・ギターのいずれかでの弾き語り
造形表現設定された課題の絵を時間内に描く
言語表現子どもへの読み聞かせ想定の素話

実技試験は、ピアノ伴奏、絵画、お話の3つのうち2つの選択制です。厚生労働省の公表では実技に関しては9割合格とのことです。

10何年か前以上はピアノ必須だったので、それで苦労する人が多かったですね。ピアノをまったくやっていない人は大人になってから取得できるのでしょうか?ピアノ教室に行きましょう。

ピアノ

お話は動画でも見て練習すればよいでしょう。素話なので、体の動きをつけるのと、声のシーンごとの大きさ抑揚、登場キャラごとに声を分かりやすく変えるなどがコツです。ピアノをゼロからやるよりも遥かに楽です。

絵は過去に出た問題もいろいろ分かっているので、時間内に描ける練習をしておきましょう。

だいたい保育士と子どもがいてお祭りとか園庭遊びとか室内お料理などのシーンを描く問題です。子どもなどの素材をまず練習し、それを組み合わせて描けるように練習しておけば大丈夫でしょう。

芸術的なものまでは要求されませんので、陰影などはつけなくて大丈夫です。とにかく時間内に描けるようにしておきましょう。

詳しい出題範囲はこちら

全国保育士養成協議会HPの保育士出題範囲(PDF)

学童クラブ指導員と保護者の部屋のロゴ
学童クラブ指導員と保護者の部屋のロゴ

2.その他子どもの仕事にあったらいいなの知識や技能

保育士資格は受験資格があれぱ自力でとれるので、保育士養成施設を検討できるくらいの時間がある方は、その他の養成施設に入ることをお勧めします。

資格はあっても困ることはありません。特に社会福祉関連の資格には児童福祉も含まれているため保育士試験とかぶる上、こちらの方がよく勉強できます。

2-1.社会福祉士など

保育は福祉職です。社会福祉士は実習も4週間あり結構大変ですが、同じ実習を受けるなら保育実習よりもこちらの方が後々よいと、個人的には思います。

特に保育士養成施設で習う福祉は、内容的には少ないと言わざるを得ません。

福祉職で働き始めたら施設内でだいたい完結してしまうため、外の情報や知識はなかなか得られません。

幅広い知識や世界の様子などを、学べるうちに勉強しておくのがよいと思われます。

食べ物

2-2.調理師、栄養士など

保育士には衛生関連の知識は必須です。保育士科目にも含まれていますが、やはりこちらも保育士養成学校では中途半端です。

子ども関連の知識は働いていればどんどん増えていきますが、周辺知識は特に自分から勉強していかないと得られません。

保育園には別に栄養士として給食の職員がいますが、それ以外の施設にはいたりいなかったりです。

特に学童クラブにはいません。他の職員にはない特殊知識や技術はとても重宝されます。

ナース

2-3.看護師など

保育士より難しいので、保育士をメインでこちらをサブに学ぶ方はあまりいないと思いますが、敢えて挙げておきます。

どの施設でも子どもの命を預かっているので、この資格と、含まれる知識の有効性は疑いないと思います。

看護師として保育園に採用される場合もあり、怪我をしたなどは手当てをしますが、何もないときは乳児の保育にあたるようです。

2-4.放課後児童支援員

学童クラブの勤務には必須としている自治体も増えてきています。

しかし一方で地方においては人材不足から置く努力をする程度の所もあります。

新しい資格で、現在学童クラブで働いている人を優先に非公開で講座が開かれているところです。次第に一般公募されてくると思います。

放課後児童支援員についてはこちら

消防

2-5.防災、救命など

こちらも子どもの命を預かっているので必要な知識です。防災管理者についてはある程度役職が上がってくると、管理面から必要になります。

2-6.その他

自分の興味のあるものは勉強しておいて損はありません。福祉、保育は人相手なのでいろんな技能や知識を持っているだけ武器になります。

簿記を持っていれば児童館に遊びに来た商業科の高校生に教えられますし、アロマ資格は民間ですがその知識で講座を開くこともできます。

外部の講師を呼ぶにはそれなりにお金がかかります。近隣地域の方の力を集めて使うのも必要ですが、知っておいた方がよいことはいくらでもあります。

民間資格の中には眉唾物の名前だけ、なんの効力もないけれど就職の時に有効みたいな事をうたっているものもあるため注意はしましょう。

クローバーとてんとう虫

このサイトでは子育て情報や子ども心理などのほか、学童クラブ~保育園や小学校の子ども向けのおすすめの遊び/オススメ本をそれぞれ100以上紹介しています



👉️幼児~小学生にオススメ【おもちゃ】👈️


👉️幼児~小学生へオススメ【本】👈️



👉️地域・自治体別の学童クラブなど👈️

クローバー

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事