学童への子どもへの響く話し方、伝わる言葉かけやとっさの切り返し

あなたは子どもへの言葉かけについて、日々の学童の育成で、

保育者
こういうときに
どう対応したら
いいんだろう?

って悩むことはしょっちゅうありますよね。

ジャム
それが普通だから、
正常ですよ(笑)

✔どんな言葉をかけたら子どもに届くのか?

✔どんな言い方なら響いたんだろうか?

だけど急に予想外のことを子どもに言われたり、反抗的な態度をとられてとっさに切り返さないといけない場面も。

言葉につまってる場合じゃない。

でもそんなのは経験値と、普段から考えてるかどうか?の差。

普通は悩みつつ試行錯誤して改善していくのですが、この記事を見つけたあなたには私の20年以上の経験をシェアするのでショートカットできます。

トラブル対応の記事、ケンカ対応の記事でだいたいの流れや概要はお話しました。

あと足りないのは子どもを目の前にして、どんな言葉かけしたら伝わるのかの具体例。

だからこの記事では、日々の中での目安になるものを紹介していきますね。

この記事を読むと分かること
  • 言葉掛けの基本
  • 子どもが怒ってるときの言葉かけ
  • トラブルメーカーの子へ気づきを促す言葉かけ
  • 意図が伝わらず言い訳が返ってくる子への言葉かけ
  • 言葉遣いがよくない子への対応
当サイトについて

はじめましてジャムと言います。

もともと私は東京大学の大学院で
理系の研究
をしていたんですが、
子ども達との出会いにより、
全く畑違いの保育業界へ転身を決意。

以来20年以上
主に学童クラブで小学生と関わり、
様々なことを学んできました。

そこで得たものを使い、
保育士はじめ保護者の方々、
子どもに関わる大人の

  • 疑問
  • 不安
  • 分からない

を解決することでアナタが幸せになり
子どもに良いものが伝わることを願い
このブログを運営しています。

私は今までの経験を元に、
主に講演・執筆活動を行っています。

家では2人の子どもを育ててます
とっても安定してますよ(笑)

ツイッターやってます(@jamgakudo)

インスタグラム(@jamgakudo)

ジャムのプロフィールはこちら

ジャム
プロフィール

伝わる言葉かけ、声掛け

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事