↓関連検索はこちら↓

学童保育/学校の先生/親が子どもと信頼関係を築く受容方法5つ

子どもとの信頼関係を築く方法は5つ

  • 話を聞くこと
  • 積極的に関わること
  • 一緒に遊ぶこと
  • 困ったときにタイミングよく解決
  • 誠実に接すること

子どもとの信頼関係
保育士や学校の先生学童クラブ職員・保護者など、主に小学生を相手にしている大人として必要。

だけどどうやって作ればいいの?
本当に信頼関係を築くのは必要なの?
そもそも信頼関係ってなんだ?

ってレベルから書いているのがこの記事。

内容的には家庭でも実践できることです。

子どもが言うことを聞かなくて困る

→信頼関係がないから。
そもそも言うことを聞かせようって心構えが×

他の職員の指示は通るのに、自分がやるとダメ
→信頼関係がないから。

指示してるときの声の出し方みたい形だけ真似してもダメ

こんな感じの話をしていきますね。

この記事を読むと分かること
  • 子どもとの信頼関係を築く方法は5つの詳解
  • 信頼関係は大人と子ども相互作用ってこと
  • 話を聞くとは?
  • 積極的に関わらないとどうなる?
  • 一緒に遊ぶことは必須じゃない
  • 困ったときにタイミングよく解決する効果
  • 誠実に接することは何より大切ってこと
当サイトについて

このサイトでは管理者のジャムが、

主に学童クラブや児童館で"20年以上"
主に小学生に関わってきた経験を元に、

子どもに関わる大人へ役立つ情報を発信。

子どもと親が幸せになればいいなという思いをもって運営をしています

ジャムのプロフィールはこちら

ジャム
プロフィール

学童クラブ職員向けのOFFJTガチ記事👇️

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事