↓関連検索はこちら↓

注意欠陥多動障害(ADHD)の子との学童や小学校での関わり方

学校や学童クラブでたくさんの子どもを見てると

  • ちょっとのことで泣き叫んで暴れる子
  • 怒るととにかく物をぶちまける子
  • 普通の状態と興奮状態の落差が激しい
  • 座っていられない
  • 先生が話していても構わず騒ぐ
  • すぐに暴力を振るってしまう
  • 悪口が止まらない
  • 勉強に集中できない

こんな感じのADHDの子ども、関わったことが必ず思います。

それもそのはず、ADHDの子達の出現率は7%といわれています。

14~15人も集めれば一人はいる計算。
30人クラスでも計算上は2人。

先に言っておくと、ADHD脳の機能障害。本人にはどうしようもないんです。

脳ミソ


他の子と同じように、いい面がたくさんある。

だけど行動面が目立つので、集団の雰囲気に大きく影響してくるってところが先生や指導員にとっては悩みの種。

他の子からしても「ウザイ」「あいつバカだから」みたいな扱いもうけやすい。

暴力振るっちゃう子は「あの子は乱暴だから、関わっちゃダメ」保護者ネットワークで広がることも少なくない。

静かな時と暴れたときの落差が激しくて、通常状態なら話も通じることも多いくて、「わざとやってるんじゃないか?」って誤解もうけやすい。

そんな理由がエスカレートして虐待も受けやすく、"大人の関わり方によって非行方面への一歩を歩みだす子"もいる。

指ネコ
誤解を受けやすい子どもたちにゃ

もう一度書くけれどいくら行動が目立つADHDの子と言っても、"いい面がたくさんある、将来の可能性が無制限な子ども。"他の子どもとなんの変わりもない。

だけど脳の機能障害で、わき上がる衝動と行動は本人にはどうしようもない。

止めようと思って止められないし、どうしようもないことで怒られる。

興奮が収まればやっちゃったことを後から反省するけど、脳が沸騰するとその場では繰り返しちゃう。

一番困ってるのは誰か?って話です。
そう、その子本人が一番困ってるんです。

この記事ではADHDの特徴を知り、集団で子どもを見ないと行けない学童クラブ小学校で、また家庭でも役立つ関わりかたや考え方を書いていきます。

この記事を読むと分かること
  • ADHDの特徴を正しく知って接する大人のマインドセット
  • 原因は脳の機能障害ということ
  • なんとか阻止したい破壊的行動障害マーチ
  • 関わりかたと目指すところ
  • 日常関わる上でのテクニック
  • 環境改善の方法など
泣き叫んで暴れる
当サイトについて

このサイトでは管理者のジャムが、

主に学童クラブや児童館で"20年以上"
主に小学生に関わってきた経験を元に、

子どもに関わる大人へ役立つ情報を発信。

子どもと親が幸せになればいいなという思いをもって運営をしています

ジャムのプロフィールはこちら

ジャム
プロフィール

目次【本記事の内容】

    Twitterでフォローしよう

    おすすめの記事