↓関連検索はこちら↓

学童~小学生の子どもの叱り方

子どもって、しれっとダメなことする。

小学生でも油断できず。

  • 人がいっぱいいる狭い部屋のなかで走り回る
  • 室内の禁止されてる家具の上に登る
  • 人のやってる遊びをふざけて邪魔して壊す
  • 石を投げて人の家の壁に当てる遊びをする
  • 砂を投げて人にかける
  • 万引きしたり、人のもの盗んじゃったり
  • 人の見た目を面と向かってバカにしたり

学童保育に通うくらいの小学生になると幼児や園児みたいな単純な物の取り合いから暴力・噛みつきのコンボみたいなのは減るけど、代わりに有り余るエネルギーを発散させるような事をしでかす。

たまたま見たら「コラッ、ダメでしょ」
ここで出てくるのが怒るのか叱るのか問題。

さらに伝えたいことがある時のうまい叱り方問題。

子どもの叱り方

叱った後に「あーあ、ちゃんと伝わったのかな?」

  • 反省することありませんか?
  • 反省してたところで答え出てますか?

よく分からない自己嫌悪に陥って終わるってこのないでしょうか。

この記事を読めたあなたは、かなり運がいいと言えます。

なぜならうまい叱り方の要素を取り出して解説してるから。

叱った後に出てくる反省ポイントは、ほとんどの場合10要素のうちどれかが抜けてるため。

少なくとも"悩んだけど答えがでない。。"ってレベルからは脱出できます。

うまい叱り方の要素
  1. 教えたいことがある
  2. 繰り返し
  3. 一貫性
  4. 単純明快に
  5. 譲らず迷わない
  6. 立場をハッキリさせる
  7. 誠実さ
  8. 理解できるように
  9. 後の行動は基本任せる
  10. 信頼ベース

この10個は、おそらく全てのうまい叱り方要素を全て押さえてます。

指ネコ
10個もあるにゃ!

って、思ったにゃ?
実はそう大変でもにゃいのよ。

多すぎるよって思うけど、やってみるとそうでもない。うまい叱り方の要素を取り出しただけで、自然に出来るようになる。

ーーー

注意してやめた直後に繰り返す子ども・何度言っても動かない子どもを見て、つい感情的になっちゃうのもしょうがない。感情がないロボットじゃなくて大人も人間だから。

ただ毎回感情に任せてると、伝えたいことがちゃんと伝わらない上に、あるループが完成する

どんなループかって、

  1. 子どもがダメなことする
  2. 繰り返し怒る
  3. 子どもはそれに慣れる
  4. さらに激しく怒るとかネチネチ怒り

その後

①パターン

  1. 上限がくる
  2. それでも繰り返す子ども
  3. 大人落ち込む

②パターン

  • 子ども怯える
  • いちいち大人の顔色見たり、嘘つきやすくなる
  • 大人その様子を見てイライラ
  • 親の沸点低くなり少しのことで怒りMAX
  • 「大人の顔色伺うな!」
分からない子

時には感情に任せて怒っちゃうにしても、怒ると叱るの違いとか、うまい叱り方、ダメな叱り方みたいな基本的なところを押さえておくといいでしょう。

この記事を読むと分かること
  • 怒ると叱るの違い
  • 叱る前に子どもの心理を知ろう
  • 叱る場合の10要素
  • 前提を踏まえて叱るときのダメなこと
  • 伝えたいことが伝わるテクニック
当サイトについて

このサイトでは管理者のジャムが、

主に学童クラブや児童館で"20年以上"
主に小学生に関わってきた経験を元に、

子どもに関わる大人へ役立つ情報を発信。

子どもと親が幸せになればいいなという思いをもって運営をしています

ジャムのプロフィールはこちら

ジャム
プロフィール

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事