1.怒ると叱るは全然違う~じゃあ叱ることって?

子どもの施設で働いてる人はほぼ知ってること、親の方も知ってると思うけど再確認です。

人はロボットじゃなくて感情があるから、つい怒っちゃっうのは別に悪くなくて、反省して次に期待すればいいだけ。

「知っててもつい怒っちゃう、私ってダメだな」みたいに落ち込むことはない、と断言しておきますね。

ーーー

怒る
  • その場の感情に任せて怒りエネルギーを子どもに向けて出す
  • 子どもに向けなくても怒ってる様子を見せる
  • 伝えたいことの意図はあるけど、自分の怒りに負けてる
叱る
  • 伝えたいことの意図を持って伝えようとする状態

叱るテクニックとして、怒りをコントロールして、わざと怒ってるように見せる、わざと感情を込めるってのもある。
だから違いは単に感情が働いてるところじゃなくて、

ジャム
根本的なところが違います

大人が自分の感情に支配されてるかどうか
の違いです。

ちなみに怒るのは人間の機能として備わってるから別にいいも悪いもない

それがどう言った形で出てくるのか、

①感情→②行動や発言

いい悪いがあるとしたら②行動や発言

怒られて泣く

これをコントロールする方法は研究されていてテクニックもあるからこちら👇️の記事を参考に。

ちなみに自分の子どもを四六時中見てる親ならまあ怒ってもいい。

だけど学童クラブとか子どもの施設で働いてる場合は、怒ったあとの行動や発言次第では一発でクビ・犯罪者になるからコントロール必須です。

そうなった人、私何人か知ってます。コントロールできないなら訴えられる前に転職を考えるべき!くらい大切なことです。

【子ども相手のアンガーマネジメント】3つの怒りコントロール術

2.叱ることで何を期待してる?発達心理を踏まえて
待つこと

叱ることで何を期待してますか?答えは明確だと思います。

「教えたいことがある
伝えたいことがあるって、叱ることの定義ともいえます。

叱るとき
危険なことをすぐにやめて欲しい
人を傷つけた時
ダメなことを繰り返したとき
社会ルールを教えたいとき

褒めると叱るがセットでよく言われるけど、それは正解。

なぜって、

褒めること
いいこと→いいことを繰り返して、悪いことをしないで正→正への強化

叱る
悪いこと→いいことをして、悪いことをしないで
負→正への転換

怒られる子ども

叱る・褒めるのアクション前がマイナススタートか、プラスからスタートしてるかの違いだけ。
そう、褒めるのと叱るのは本質的には同じこと。

ここで出てくる子ども心理

子どもの善悪判断とか、道徳心とかは経験によって学ぶものだけど、理解の段階は年齢によって限界があります。

気遣いも出来る優しいとってもいい子でも、ある程度大きくならないと"人の心なんて分からない"みたいな限界がある。

子どもから見て「叱られる」と「行動を変える」の関係は

  • "叱られるからやらない"
  • "褒められるからやる"

要は人の価値観に依存してて、自分で判断できてる訳じゃないってこと。

小学生の低学年はこの段階で、これが学童期くらいの子どもの限界。生まれてから8年しかたってないのに、分かるわけがないって話。

(程度については諸説ある上に、今も研究されてますが、経験上こんな感じです)

"楽しいからやる"とか"自主性"みたいな感情に任せる部分は置いといて、善悪判断みたいな社会ルールについての事です。

ジャム
子どもは基本的に何でも分かるって「小さな大人」じゃ

ありません!!
寝る子

これへのアプローチには二種類あって、

  • 分からないからと何もしないレディネス待ち
  • 分からないけど、ひたすら伝えていくレディネス促進

褒めるや叱るって行為はレディネス促進の行為か、分かる段階だけど単に経験がなくてやっちゃったってのを教えるかどっちか。

社会ルールを条件付けてるのと同時に、判断力を持てる状態へ促す行為とも言えます。

少なくとも「分かってるでしょ」は本当に分かってるのか見極めがいるところ。

【道徳心を養う/心の教育】学童期の子ども善悪判断はいつから?

3.小学生をうまく叱る10要素を学童職員が教えますよ

子ども心理を踏まえて子どもを叱る前に知っておく前提を書いていきますね。

いっぱいありますよ。言われてみれば当たり前の事ばっかりだけど、忘れちゃうと叱ることで得られる効果は減るでしょう。

子どもを叱るときの10の要素
  1. 教えたいことがある
  2. 繰り返し
  3. 一貫性
  4. 単純明快に
  5. 譲らず迷わない
  6. 立場をハッキリさせる
  7. 誠実さ
  8. 理解できるように
  9. 後の行動は基本任せる
  10. 信頼ベース

3-1.叱ることで教えたいことがある

怒ると叱るの決定的な違いと言えるかもしれません。

今の子どものためとこ、将来のためとか、危険を回避して安全に過ごしてほしいとか、人を傷つけないみたいな社会のルールとか。

教えたいことがなくて叱るってのはあり得ない。

よく分からない無駄時間、または怒ってるだけ。

怒ってるってのは感情そのもので、喜んでるのと同じ。感情を共有したい訳じゃないですよね。

寝てる猫

3-2.繰り返し教える

大人でも新人に仕事を教えるとき、一回言えばちゃんとできて二度と教える必要がないはずって思ってますか?

大人にも何度か教えると思います。

子どもは行きつ戻りつしていろんな事を学ぶから、一度出来るようになっても間違える。気分でも大きく行動が変わる。

道に飛び出しちゃいけないって分かってても、楽しくて興奮してると忘れちゃうみたいな感じ。

そう、子どもは繰り返すもの。それも何回も何回も。叱るたびに「この前言ったでしょ」って言うのは前提崩れってことです。

指ネコ
気長に待つにゃ

3-3.一貫性をもって叱る

  • 昨日はいいって言って、気分が乗らないから今日はダメ。
  • 家ではいいって言われてるけど、学校の先生はダメって言う。

違う指示を出すことをダブルバインドといい、子どもは混乱するだけで、そこには学びがありません。

怖い人の言うことを聞くだけ。または大人の顔色を伺って、その都度ビクビクして過ごすだけ。"怒られないように"だけを目的にして行動するようになります。

2章で書いた、「自分で判断してる訳じゃなくて、"言われたから"」。言われてることがコロコロ変わったら、あなたなら怒るでしょ。

父親と母親が違うことを言うってのも同じ。

アダルトチルドレン

アダルトチルドレンは「周囲が期待しているようにふるまおうとする」「NOが言えない」「しがみつきと愛情を混同する」「楽しめない」などといった思考の特徴をもちます。

自分は子ども時代に親との関係で何らかのトラウマ(心的外傷)を負ったと考えている成人のことをいいます。

リタリコ

トラウマの例として、親の言ってることがコロコロ気分で変わり、酔っぱらって暴力を振るわれるとか。

顔色うかがうようになって当然。

ジャム
アダルトチルドレンは極まった例ですが、
こういうことです。

3-4.単純明快に説明

この場合はよくてこの場合はダメみたいな場合分けは子どもはとても苦手です。なんでかって、自分で判断してるわけじゃないから。

細かいシチュエーションまで覚えてられませんよ。

例えば「男の人には蹴ってじゃれてもいいけど、おじいちゃんにはやっちゃダメ」みたいな。

子どもは自分の都合いいところだけ覚えてます。
「おじいちゃんには蹴ったらダメって言ったでしょ」混乱するだけです。

またスパって切ること

ねちねち系の叱り方は長い上に論点も定まらないから、単純明快に教えることですね。

走る

3-5.譲らず迷わず叱る姿勢

教えることをぶらさないで、何を教えたいのかを反論されても譲らないこと。

屁理屈は聞かずに、横道に逸れそうになっても、何回も戻して伝えきる。

要は大人が先に譲らないってことです

まあ時間は5分とかだから、そんなに逸れないと思うけど。

コツはあれもこれもダメなことをするってのはあんまりないから、1つだけ伝えきる

例えば「人を叩いたらいけない」だけ。

その他の些末な事、「バカって言いながら叩いた」から「バカもダメ」だけど、この際無視してもよいでしょう。

指ネコ
本題から逸れるささいな事は、
この際無視にゃ

3-6.私が叱っている、あなたが叱られてる

これ忘れてるっていうか、分かってない。いや、そもそも叱るつもりがない人けっこういますよ。

「お店の人に怒られるからダメよ」

もっと情けないのはお父さんが子どもを叱るのかと思ってみてたら

「お母さんに言うぞ!」

あなたは友達の悪事を目撃した子どもですか?あなたの周りにいませんか(笑)

場合によっては第三者の力を借りるのはテクニックとしてあり。だけどいつもこれは情け無さすぎる!

ーーー

そして立場は明確にします。

逆ギレして向かってきても「あなたがいけないことしたから私が怒ってるの、あなたが怒る番じゃない」

ここをはっきりさせるためには、多少上から行っても大丈夫です。伝えたいことを伝えるためには些細なことです。

子どもの叱り方

3-7.誠実さ、心配してるを伝える

立場は明確にするけど、やっぱり人情に訴えると言うか、下から行く部分は必要。

「あなたが心配だから言ってるの」感情を込めたら子どもはだいたい黙りますよ。

それまでの雰囲気や信頼関係があってのことだから、言葉だけセリフみたいに言ったんじゃダメだけどね。

ある種の誠実さを持っていたら、追い詰める叱り方、問い詰めるような叱り方はしないと思います。

ちなみに追い詰めるような逃げ道ない叱り方は、我が子を嘘つきにします。

【ウソをつく子どもの心理5つ】ダメな嘘への対応/幼児~学童/小学生

3-8.理解力に合わせて叱る

伝えたいことは理解力に合わせるのは当たり前と言ったら当たり前。

小学生でも個人差がとっても大きいから、みんな一緒の話をしてもダメ。

まあ子どもによってゆっくり話したり、分かりやすいように言い換えたり、無意識にやってると思います。

理解力があるけど経験が足りない場合は「こうなったらこうなる」「今回はこれで済んだけど、次はこうなるかもしれない」みたいな予測力を援助することも必要です。

いい子

3-9.後の行動は基本的に任せる

叱って話をしたあと、ちゃんと伝わっていれば、
感情が収まれば、行動は決まってきます。

例えば喧嘩のあとに謝れないってのは、
叱られたのが理解できてないだけじゃない。

  • 照れくさい、言い出せない。
  • 理解はしたけど感情がまだ収まらない。
  • 時間がかかることもあります。

それを急かして「早く謝りなさい」は「3-7誠実さ前提」に反する。大人相手にはあんまり急かさないと思いますよ。

本当にしたことが悪いことってのを教えるために「ちゃんと謝らなきゃダメだ」はアリだけど、たまにですね。

万引きした店に謝りに行くとか、自分に任せると言ってもすぐにしなきゃいけないこともあって、そこは大人の判断。

【子どもどうしのトラブル対応~解決まで】知りたい方はどうぞこちらへ

3-10.信頼ベースで叱ること

これ書くと身も蓋もないんだけど、ファン化してもらったら何でも言うこと聞きます。

一般人たるあなたは、信頼されるための方法はいくつもあるので、試してみてください。

単に覚えたセリフを棒読みするみたいな、小手先の技術じゃ駄目よ。信念や思いあっての信念構築ポイントです。

「子ども」「信頼関係」でグーグル検索1ページ目に出てくるほどの人気記事
【子どもとの信頼関係を築く】 憧れさせるより楽な5つの超具体的方法

じゃあまとめておきましょうか。

うまい叱り方の要素 復習
  1. 教えたいことがある
  2. 繰り返し
  3. 一貫性
  4. 単純明快に
  5. 譲らず迷わない
  6. 立場をハッキリさせる
  7. 誠実さ
  8. 理解できるように
  9. 後の行動は基本任せる
  10. 信頼ベース

いくつか抜けると、私なら違和感を感じます。

これ冒頭でも書いたけど、「うまい叱り方の要素」を取り出しただけ。どれか抜けてると、叱った後に大人の方に反省がやって来ます。

慣れてないと抜けるし、だいたい反省しても要素を考えないからよく分からない自己嫌悪に陥って終わる。

この記事を読めたってことはかなり運がいいので、反省するときの材料にできます。

指ネコ
ラッキーにゃ!
悩む

4.叱り方NGフレーズ系~人格攻撃はダメな件

叱り方でダメとされてるもの。

まあ3章て書いたことの逆をやることがダメってわけだけど、一番大切なポイントの「人格を叱らない」について書いていきます。

その前に3章の逆ってのは何か、簡単に書いておきましょうか。

下手な叱り方
  1. 叱るじゃない何か問答のようなもの
  2. 教えたいことがないのに呼びつけて怒って話し
  3. 屁理屈に答えて話が進まない
  4. 一度に何個も教えたいことが入り組んでて、結局何を一番言いたいのか?
  5. 謝りながら叱るみたいな。
  6. 「先生に言うぞ」
  7. 言ってることがコロコロ変わる
  8. 問い詰めるような叱り方、子どもへの誠意も何もない
  9. 子どもが聞いても訳の分からないことを言う
  10. そもそも信頼されてない
困り果てる

さて、人格を叱らないってのを解説します。
じゃあ何を叱るのかって?「行動です

「あなたは悪い子ですね」←人格攻撃

「あなたは生まれてくるべきではなかった」←存在否定

これをそのまま言う人はあんまりいないけど、
似たような感じで叱ってないか振り返ってほしいです。

行動がターゲットってのは

「人をぶったのはいけませんね。」
まあこんな感じ。

ジャム
行動を叱りますよ

アニメかなんかのフレーズ、美しい話みたいな感じで、

「人をぶったあなたの手は悪い手」

👆️これ、聞いたことないでしょうか?

実はこれは微妙で、通用するのは刹那的に話が進むアニメの世界だけ。。

美しい話でもなんでもなくて、意味が分からないから「なんか凄そう」って錯覚してるだけよ。

悪いのが手なのか行動なのか、言われた方の頭に"???"が出るから言うのはやめましょう。

じゃあ手をどうやって直せばいいんだ?ってなるからね。よく分からないと言う方へもうひとつ、からだの一部を否定する例。

「悪口の出てきたあなたの顔が悪い」

ダメでしょ(笑)

手も体の一部だから、ある種の人格攻撃です。

子どもの叱り方

5.伝えたいことが伝わる叱り方~テクニック的なもの

3章の前提は外せないことだけと、それをうまく伝えるためのテクニックもついでに書いときますね。

5-1.注目最大化の叱る場面設定

叱られてるってのを教えるのは、環境設定から。

落ち着いて話せる環境をちゃんと作って、余計な刺激が入らないようにすること。

「座りなさい」ってのはまさにこれ、別室に通して座らせるとかも有効です。

信頼関係とか叱るときの前提を忘れなきゃ、場面設定をちゃんとできた時点で8割くらいのプロセスは完了です。後は話すだけ状態へ。

ジャム
雰囲気を作るところから、戦いは始まっています、

場面設定にはもう1ついいことがあって、スパって叱ってその場面から解放したら、「完全におしまい」ってのが分かりやすいこと。一種の切り替え支援ですね。

ねちねち系の叱り方がいけないとも書いたけど、叱るってより怒ってるに近い。

思い付いた言葉をそのまま、のべつ幕なし垂れ流してるだけだから、論点もなにもない。

一個を伝えきる「単純明快に前提」の逆の行為です。

ハートの家族

5-2.考えてもらうように誘導

理解が出来る範囲で自分で考えてもらうのは、レディネス促進のためにも有効。

「なんで叱られてると思う?」
「次はどうしたらいい?」

変な答えを容認するんじゃなくて、ちゃんと教えつつだけど。理解度や納得度を図るにも質問して答えてもらうってのが有効になりますね。

5-3.話を聞いて最大限譲歩したように見せてなお叱る

本人の思いを聞くってのは大事。話を聞いてあげてはじめて、こっちの話を聞いてくれるっとのもあるから。返報性の法則ってやつです。

ただ子どもの主張を全て受け入れちゃうと、いろいろ問題が起きて、こっちの言いたいことを伝えきれない可能性が出てくる。

伝えることは譲らないで伝える前提です。

最大限譲歩したように見せるってのは、

「そうかあ、そう思ってたんだね。でもこの場合は許してあげたいんだけどダメなんだ~(理由を話す)」

実際には譲らないことを決めてるから譲らないんだけど、話を聞いて、申し訳なさそうに話して(話し方ね)譲ったように思ってもらう。

話を聞いてもらう姑息なテクニック。

分からない

5-4.叱るのに大声要らず(場合によりパフォーマンス)

子どもを叱るときに声が大きい必要は、全くありません。

その前段階の"興奮を収める段階"なら要るかもしれない。

たまーにしか叱らなくて、たまになのにかなり反発してくる場合限定で、反発してくるのに上から被せて黙らせるパフォーマンスを取ることはあってもいい。

だけど決して多用しちゃダメ。

なぜなら次はもっと大きな声じゃないと聞かなくなるから。

大したことないのに大袈裟に振る舞うと、「またいつものね」みたいに慣れちゃう人間の機能。

基本的には言い聞かせるように、静かにゆっくり話せばいいってだけです。

指ネコ
わざとゆっくり話すくらいでも大丈夫にゃよ
子どもたち

5-5.叱るのに感情をいれるか入れないか問題

叱る前提の「あなたが心配だから」を伝えるために、あえて演技的に怒ったり、悲しんでるように伝える小手先のテクニックの1つ。

それでも大きい声はいらず、「私は怒っています」みたいに静かに冷静に言うの方が効果が高くなります。

感情に頼りすぎると子どもはそこばっかりになって、理解してほしい論理的な部分にたどり着かないから、ほどほどに。

話をする途中の興味を引く手段として使ってみるのもいいでしょう。

泣く子

5-6.話は短くして、5分も長い

理由は"子どもは集中力もたないから"、以上!

いつまでも考えさせてる、座らせとくみたいな指導?する人がたまにいるけど、子どもは途中から自分のいる状況がよく分からなくなってくる。

そして時間は有限なので、子どもはあなたより若くていっぱい時間がありそうに思っても、あえて無駄にすることもないわけです。

「理解できるように前提」からすれば、紙に書きながら話すとかも時間短縮の方法です。

時は金
時は金なり

6.学童の子どもの叱り方まとめ~反省したら謝っておいて次へ生かそう

叱る方法やポイントはいっぱいありましたね。

前提要素に至っては10個もある。

どれかが抜けちゃったり、大人だって感情に負けてつい怒っちゃったりするのも仕方のないところ。

そんなときは謝って、次に生かしましょう。
よほど場数を踏まないと、反省ない叱りはそうそうできません。

うまい叱り方の要素
  1. 教えたいことがある
  2. 繰り返し
  3. 一貫性
  4. 単純明快に
  5. 譲らず迷わない
  6. 立場をハッキリさせる
  7. 誠実さ
  8. 理解できるように
  9. 後の行動は基本的に任せる
  10. 信頼ベース

私が見てもうまい叱り方をする人が「大人の力を使って従わせちゃったな、反省しないと」みたいによく言ってました。

子どもの事を専門的に勉強したわけじゃない普通の親御さんは、「怒りすぎちゃったな」みたいに反省しない方がおかしいくらい。

10個もある要素ポイント、絶対どれか抜けてるんだから。そもそも怒ると叱るがごっちゃになってる。

寝てる子


一番大事な信頼ポイントが高いだけでなんとかなったりするけど、信頼ポイントが高い人ってのはだいたい他の前提を満たすような関わりをしてます。

だから子どもに信頼されてるわけで。

まあ「繰り返し要素」にたって、気長にやってみてください。

目次へ

文中で紹介した他の記事へのリンクです。

クローバーとてんとう虫

このサイトでは子育て情報や子ども心理などのほか、学童クラブ~保育園や小学校の子ども向けのおすすめの遊び/オススメ本をそれぞれ100以上紹介しています



👉️幼児~小学生にオススメ【おもちゃ】👈️


👉️幼児~小学生へオススメ【本】👈️


見やすい記事一覧です


👉️地域・自治体別の学童クラブなど👈️

ーーーー

学ぶこと

👇️👇️👇️👇️👇️

経営の勉強が子どものためになる理由

まず経営とは、「価値あるものを提供した結果、価格以上の価値を感じたお客さんから、感謝しつつ対価をいただく行為

単に儲ける行為ではありません。

保育・福祉とは、ボランティア的な慈善行為ではなく、今や支援者ー利用者といったサービス提供の視点が必須ですね。

保育学校や放課後支援員研修の講師など、利用者理解がとても大切だと誰もが言っており、弱者救済というよりは、エンパワーメントへ福祉・保育業界はシフトしています。

しかし福祉的な視点での利用者理解は、独りよがりになりがち。

福祉現場は世界が狭く、福祉の常識が利用者に受け入れられないことも頻繁ですね。

効果を図るといって、年に1回アンケートをとる程度。必要だと言う割りに取り組まれてはいません。

分からない

一方で税金で守られている保育・福祉業界に対して、一般企業を見てみると

事業継続のため、利用者(お客さん)理解を徹底的に行っています。

なぜなら、お客さんに受け入れられなくなった瞬間、利益があげられず、いとも簡単に倒産し、事業継続が不可能になってしまうからです。

従業員を路頭に迷わせないため、必死です。

経営の勉強をした私から見ると、「利用者理解」の必死さがシビアに違うことがわかりました。

👆️これが保育士の視点ではなく、経営者の視点での利用者(お客さん 保育なら子どもや保護者)理解がとても有効な理由です。

有効なのに、なぜ保育の講師陣が「経営の勉強こそ必要」と言わないのかと言えば、ひとえに"知らないから"

まあ普通の保育士や支援員は経営の勉強なんてしたことがないので、仕方ないといえます。

また経営の勉強ビジネスや仕事そのものの勉強をすることは、利用者理解だけでなく様々なメリットがあります。

例えば

・保育仕事で感じるストレスを解決可能
・自分のメンタルも安定
・子どもや保護者へに合った提案可能
・保育チームの連携改善
・システム化による仕事の効率化
・園長の考えがわかり意思疎通がスムーズ
・同僚とは視点が違うため評価が上がる
・副業での副収入の得かたも分かる
・独立や施設立ち上げも可能に
・思いだけで施設を立ち上げて失敗しない

だからこそ私は、

「保育者こそ経営の勉強をすべき」

という、保育士や支援員の立場の人が誰も言っていない、考えすらしなかった提案をしています。

子どもの心理などは個別知識で必要です。

しかしもっと本質の利用者のために働くという仕事そのものについてベースがないと、個別知識は100%生かしきれません。

あなたには、やり方が分からないばかりに思いだけで働いて、道を見失ってほしくないと思います。

私が紹介しているオンラインスクールはたったの1つだけ。他は知りません。

私も学んで現場にも生かし、こうしてサイト運営までしているので、中身は保証します。👇️

記事で紹介している学校への直リンクはこちら

あなた
学童のウェブサイトでしょ?
急に突拍子もない・・

と思うけど、興味が少しでもあるなら、紹介記事をご覧ください。今後の人生が大きく変わる可能性すらあります。

👇️紹介記事はこちら👇️

保育者こそ経営の勉強すべき【次世代起業家育成セミナー】の紹介

※紹介記事経由で登録すると、プレゼント記事があります

クローバー

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事