↓関連検索はこちら↓

ウソや作り話は本当にいけない?嘘の種類と心理を知って対応

ウソはすべて悪いものじゃありません。

見分けてうまく対応できるようになるのがこの記事の目的です。

みんな
◯◯ちゃんや△△君たちが
人の家の塀に登って怒られてたよ

学童クラブへ来た子どもたちからそんな話が出てきたけど、どうもよく分からない。


実は◯◯ちゃんって普段からしっかり目な子。

あの子はやらないと思うけどなあ」なんて考えながら聞いてみると

◯◯
私は見てただけなんどけど、
△君がああなって、こうなって


状況も作り話っぽくもなくてつじつまが合ってる。△△君は既にもうよく覚えてない。

と言ったところでそのお家に△△君と◯◯ちゃんと謝りに行くと、二人ともやってたことが発覚。

普段からちゃんとしてる◯◯ちゃんはウソをついていたわけです。話した状況も作り話でした。

👆️学童クラブで働いてたときに実際にあったこと。

この後、あなたならどうしますか?

よいイメージ

この場合の◯◯ちゃんの心理は多分"怒られたくない"。

ここで塀の家の人から怒られて、学童クラブに帰ってきてあなたからも怒られたらどうでしょうか。

ウソをついたら怒られるんだな」って子どもは理解できる。

その後の分岐

① "怒られるから、次もウソつこう"

② "怒られるから、次は素直にしよう"

どっちになるかは対応次第(時間はかかります)。子どもの性格や普段の関わりも関係します。

一方で
「こっちの手に入ってるよ」
「ウソでした~」

これを叱る親っていますか?

いませんよね。
でもウソといえばウソ

指ネコ
叱る基準ってなんにゃ?

叱るときに
ウソをつかないように」って言う指導が効かないのは、大人も嘘についてよく分かっていないから。

いや、分かってるけどウソはいけないって教えつつ、かわいいウソには「しょうがないなあ

つまり指導や応対がぶれてるから。

一貫性のない指導は、どんな場合にも効果ほぼなし。

と言ったところで、

この記事を読むと分かること
  • えっ、これも?そもそもって何?
  • 子ども嘘をつく原因心理は?
  • ウソをどうやって見破るか
  • 素直な子にする嘘への対応
  • 子どもの嘘へのダメな対応
  • 見過ごせない嘘への対応
当サイトについて

このサイトでは管理者のジャムが、

主に学童クラブや児童館で"20年以上"
主に小学生に関わってきた経験を元に、

子どもに関わる大人へ役立つ情報を発信。

子どもと親が幸せになればいいなという思いをもって運営をしています

ジャムのプロフィールはこちら

ジャム
プロフィール

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事