幼児自慰・小児自慰~学童までのマスターベーションをやめさせたいのはなぜ?

結論から言えば、幼児から低年齢学童期のマスターベーションに思春期以降のいやらしい意味はないので、

気にする必要はありません。

子どもが股を床とかを机の角にこすり付けたりする自慰(じい)行為、つまりマスターベーションを子どもがやってるのを初めて見ると多少驚きますね。

でも実は小児自慰は、子どもの癖の一つに過ぎない。

むしろ成長のあかしであり、自分の体について知る過程に過ぎない、プラスの意味が大きいのです。

マスターベーションでなくても、男女の性別に関係なく、自分の股を不思議そうに見たり触ったりするのは、子どもを持つ親は必ず経験あり。

これらの行為は性的興奮が伴う、大人の物とは意味がだいぶ違います。

この記事を読むと分かること
  • 幼児自慰の意味とは?
  • 大人とは意味が違う
  • やめさせたい原因を考えよう
  • 幼児自慰への対応のしかた
  • 自然に人前ではしなくなる
幼児自慰への対応
当サイトについて

はじめましてジャムと言います。

もともと私は東京大学の大学院で
理系の研究
をしていたんですが、
子ども達との出会いにより、
全く畑違いの保育業界へ転身を決意。

以来20年以上
主に学童クラブで小学生と関わり、
様々なことを学んできました。

そこで得たものを使い、
保育士はじめ保護者の方々、
子どもに関わる大人の

  • 疑問
  • 不安
  • 分からない

を解決することでアナタが幸せになり
子どもに良いものが伝わることを願い
このブログを運営しています。

私は今までの経験を元に、
主に講演・執筆活動を行っています。

家では2人の子どもを育ててます
とっても安定してますよ(笑)

ツイッターやってます(@jamgakudo)

インスタグラム(@jamgakudo)

ジャムのプロフィールはこちら

ジャム
プロフィール

目次【本記事の内容】

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事