↓関連検索はこちら↓

子どもの自己肯定感と自己効力感の違いを知って育てる

問題をかかえている子の何割かは自分に自信がない裏返しで、回りとうまくやっていけなかったり、時には問題行動につながることもあります。

自己肯定感」と「自信自己効力感」は同じではありません。その違いとは

自己肯定感とは、そのままの状態で自分の存在を認めてもらっている感じ。

自信とは、これができる、あれができるなどの能力的なものについてくる感情です。自己効力感は根拠のない自信とも言えます。

認める

本人の状態を見ると、普段どんな家庭環境や学校で扱われているかわかるほどです。

この記事では自己肯定感が高い人や低い子の特徴・似たところで自己効力感について、またそれらを高めるための方法について書いていこうと思います。

この記事を読むと分かること
  • 自己肯定感と自己効力感の違い
  • 自己効力感の高い人・低い人の特徴
  • 自己肯定感の高い人・低い人の特徴
  • 自己肯定感を高く育てる6対応
  • 自己効力感を高める5対応

自己肯定感

「ありのままの自分」を認めるとは、悪い状況に置かれたり不運に見舞われたりしても、「それでもなお、自分には価値がある」と思えることです。

スタディハッカーより引用

自己効力感(じここうりょくかん)またはセルフ・エフィカシー(self-efficacy)とは、自分がある状況において必要な行動をうまく遂行できると、自分の可能性を認知していること[1][2]

ウィキペディアより引用
当サイトについて

このサイトでは管理者のジャムが、

主に学童クラブや児童館で"20年以上"
主に小学生に関わってきた経験を元に、

子どもに関わる大人へ役立つ情報を発信。

子どもと親が幸せになればいいなという思いをもって運営をしています

ジャムのプロフィールはこちら

ジャム
プロフィール

目次【本記事の内容】

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事