子どもの自己肯定感と自己効力感の違いを知って育てる

問題をかかえている子の何割かは自分に自信がない裏返しで、回りとうまくやっていけなかったり、時には問題行動につながることもあります。

自己肯定感」と「自信自己効力感」は同じではありません。その違いとは

自己肯定感とは、そのままの状態で自分の存在を認めてもらっている感じ。

自信とは、これができる、あれができるなどの能力的なものについてくる感情です。自己効力感は根拠のない自信とも言えます。

認める

本人の状態を見ると、普段どんな家庭環境や学校で扱われているかわかるほどです。

この記事では自己肯定感が高い人や低い子の特徴・似たところで自己効力感について、またそれらを高めるための方法について書いていこうと思います。

この記事を読むと分かること
  • 自己肯定感と自己効力感の違い
  • 自己効力感の高い人・低い人の特徴
  • 自己肯定感の高い人・低い人の特徴
  • 自己肯定感を高く育てる6対応
  • 自己効力感を高める5対応

自己肯定感

「ありのままの自分」を認めるとは、悪い状況に置かれたり不運に見舞われたりしても、「それでもなお、自分には価値がある」と思えることです。

スタディハッカーより引用

自己効力感(じここうりょくかん)またはセルフ・エフィカシー(self-efficacy)とは、自分がある状況において必要な行動をうまく遂行できると、自分の可能性を認知していること[1][2]

ウィキペディアより引用
当サイトについて

はじめましてジャムと言います。

もともと私は東京大学の大学院で
理系の研究
をしていたんですが、
子ども達との出会いにより、
全く畑違いの保育業界へ転身を決意。

以来20年以上
主に学童クラブで小学生と関わり、
様々なことを学んできました。

そこで得たものを使い、
保育士はじめ保護者の方々、
子どもに関わる大人の

  • 疑問
  • 不安
  • 分からない

を解決することでアナタが幸せになり
子どもに良いものが伝わることを願い
このブログを運営しています。

私は今までの経験を元に現在独立し、
中部地方にて
主に執筆活動を行っています。

家ではまだ小さい、2人の娘を育ててます
とっても安定してますよ(笑)

ツイッターやってます(@jamgakudo)

インスタグラム(@jamgakudo)

ジャムのプロフィールはこちら

ジャム
プロフィール

目次【本記事の内容】

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事