↓関連検索はこちら↓

計画的無視のやり方-ためし行動など学童保育/家庭等での子どもへの対応

この記事を読むと分かること
  • 計画的無視のやり方
  • 計画的無視が有効な場合と逆効果なケース
  • 実行する時に想定される状況と対応

計画的無視とは、子どもの問題行動への対応のひとつのテクニック。

  • 思い通りにならないと泣いて暴れる
  • 物に当たる
  • わざとダメなことをして気を引こうとする

こういった、大人から見て"困った"行動を減らす効果があります。

子ども全般というよりは、年長の幼児~学童期の子どもといった、比較的狭い範囲の年齢で有効な対応です。

応用すれば中学生とかにも使えるかも。

計画的無視の大きな大きなポイントは、

テクニック、つまり小手先の技術だってこと。問題の根本的な解決にはならないってこと。

理由は読んでいくと分かります。

子ども対応

この記事では計画的無視がどういった場合に有効なのか、逆効果の場合は?

また具体的な方法や、その途中で出てくる子どもの反応などについて書きたいと思います。

計画的無視の記事の挿入画像
当サイトについて

このサイトでは管理者のジャムが、

主に学童クラブや児童館で"20年以上"
主に小学生に関わってきた経験を元に、

子どもに関わる大人へ役立つ情報を発信。

子どもと親が幸せになればいいなという思いをもって運営をしています

ジャムのプロフィールはこちら

ジャム
プロフィール

子どもの心理と対応についてはこれらをどうぞ👇️

▶️ピックアップ◀️

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事