↓関連検索はこちら↓
当サイトについて

このサイトでは管理者のジャムが、

主に学童クラブや児童館で"20年以上"
主に小学生に関わってきた経験を元に、

子どもに関わる大人へ役立つ情報を発信。

子どもと親が幸せになればいいなという思いをもって運営をしています

ジャムのプロフィールはこちら

ジャム
プロフィール

引き戸の指はさみ防止できるグッズ比較~学童クラブや家庭で

多分どの家にもある危険、ドアでの子どもの指ハサミ。

この記事前半では指ハサミの危険性について、後半ではグッズを紹介しています。グッズだけ見たい方はこちらへ。

この記事は

引き戸の用のグッズ紹介👉️3章へ

開き戸用のグッズ紹介👉️別記事へ

「危ない!!」と思ったことは子育てをしている方や子ども施設に勤めている方は必ず経験があると思います。

メーカーの統計によると、子どもの指ハサミは年間100件。切断事故に至るケースもあります。

子どもがこれから大きくなっていく未来、いろんなものを触ったり、大切な人と繋いだり、いろんなものを作り出せる大事な指。

自分では防げない、子どもが被っていい事故じゃないと思うのは私だけでしょうか。

そんな恐ろしい事故が、1000円やそこらのグッズひとつで防げるのです

それなのに、👇️のグラフのようになんと対策されていないことか。そもそも認知されていない。

今まで大丈夫だった人も、これからも大丈夫なわけじゃないですよ。

グッズ使用割合
https://www.metro.tokyo.lg.jp/tosei/hodohappyo/press

【引き戸(ドア)での指ハサミ防止製品比較】

出入り口側

指つめガード
(岡本樹繁)
指クッションベスト指ガード
値段2000円1つ200円1000円
耐久よいそれなりそれなり
総合⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
※総合の⭐️は、個人的なものです

戸袋側

隙間テープ隙間ゴムと押さえ金型
値段数メートルで
1000円
3000円
(ドア裏表で6000円)
耐久取り替え必要よい
総合⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
値段はドア一枚の内側外側セット、高さ120センチをカバーした場合

1.指ハサミ事故の危険性

1-1.指ハサミ事故の起きる場合や状況

子どもがドアに指をはさみ、治らずに切断に至る事故がどの程度起こっているのか、2017に東京都の行った調査結果が出ています。👇️

ドアの安全性に関する調査を実施しました|東京都(外部リンク)

平成28年度 ドアの安全性に関する調査報告書(PDF:839KB)

5年間に1000人近くが手動のドアに指を挟まれ、50人弱が指を切断しています。(年間平均で200人:10人)

これは東京都だけの話なので人口の割合から逆算すると、日本全国では年間100人近くが切断事故に遭っていることが推測されます。

以下にこのサイトからのデータをいくつか抜粋しておきます。

経験時の年齢は、2歳が最多

年齢別の搬送人数
https://www.metro.tokyo.lg.jp/tosei/hodohappyo/press

そして、挟まれたところは【手動ドア】が圧倒的です。またデータとしては載せていませんが、約6割は自宅の室内ドアで発生しています。

怪我をした場面

約3人に1人は、「挟まれた」経験あり。中には、骨折した子供も!

挟まれた経験
https://www.metro.tokyo.lg.jp/tosei/hodohappyo/press

1-2.ドアのどこの部分が危険?

開き戸・折り戸

指ハサミ経験時のドアの種類の約8割が「開き戸」です。
(開き戸とは、折り戸のことで、蝶つがいがついていて前後にバタンと開け閉めするもの)

そして、出入りするところではなく、ドアの根本(吊元、上の写真の二枚目)の部分がとても危険なのです。

どれくらい危険なのか👇️の実験写真をみてください。

破壊実験

上の写真がドアの根本に棒を突っ込んでどうなったのかの写真。下の写真は人が出入りするところで挟んだものです。

ドアの根本は【テコの原理】で力が集中するので、エグいです。

"子どもが後ろからついてきて、この部分に手を添えているのに、先に進んでいた人が知らずにドアを閉める。"

早い話、自分ではなく人が開け閉めしている時に巻き込まれるのケースがとても多いです。

日常的にはヒヤリとする場面が頻繁に起こると思います。

引き戸

挟む場所は左右に開く引き戸なら、

  • 人の出入りするところ
  • 戸袋(電車などで巻き込まれ注意となっているところです)

人の出入りするところは、戸の重さや滑り易さ、クッションの有無によって危険度が大きく変わります。

それに引き換え根本の戸袋の方は、どの扉でも危険です。この部分は隙間がどのドアでも狭く、容易に巻き込まれてしまうためです。

だいたい他の人がドアを閉じるときに、戸袋のところにいる人が巻き込まれるケースがほとんどなので、力の加減がされないことも要因です。

大人が気を付けようにも、扉の向こうの戸袋付近に子どもがいるかどうか、とても分かりにくいと思います。


引き戸
勢いよく閉めて挟まれる
戸袋の隙間
数ミリの隙間、
戸を開けるときに
指が巻き込まれて抜けなくなる

2.指ハサミへの対策

対策としては

  • 人が気を付ける部分
  • グッズに頼ってリスクを自動的に0にする

上の二つがあります。

人が気を付ける部分は、大人から子どもまで気を付けないと行けないので、やはりグッズに頼るのがいいと思います。

開き戸については

  1. ドアの開け閉めの際には子どもの位置を確認すること
  2. 指ハサミ防止グッズを複数使って、子どもの手の届く高さから足元まで完全に隙間を埋めること

引き戸については

  1. ドアの開け閉めの際には子どもの位置を確認すること
  2. ドアの滑りを制限して、ゆっくり閉まるようにする
  3. ドアが閉まらないようにクッションを入れる
  4. 戸袋の隙間を埋める

以下では指ハサミ防止グッズを比較していきます。

比較した結果どれでもいいので、子どもの指・ひいては子どもの未来のために導入を強く勧めます。

実験からわかるように、開き戸の根本部分については特に危険と言うことで、その分いろいろなメーカーが商品を開発しています。

対して引き戸については、閉まる方についてのグッズはいくつかあるもののどれも似たような商品です。また戸袋対策についてはほとんどない現状です。

そのためどうやって対策をしていくかを、グッズの使い方を工夫します。

その他の子どもの事故について

3.引き戸【出入り側】指ハサミ防止グッズ

3-1.指つめガード(岡本樹繁)

値段2.5メートルで
2000円
設置両面テープ
耐久よい
受注生産品

🔽メリット🔽

  • 一度設置すれば他はいらない
  • 安い

👇️デメリット👇

  • 注文が手間?特にデメリットはありません。

これらを踏まえるとこんな方へピッタリ👇️

  • どこでも最適
引戸での指を詰める危険から守る[指つめガード] 指つめ防止 引戸ガード 防音 隙間を塞ぐ
by カエレバ

受注生産品なので、メーカーにより納入期間が前後するかもしれません。

一度つけてしまえば取り替える必要もなく、最適といえます。

ページトップへ

3-2ドアクッション

値段カーボーイは1000円
動物のは200円
設置即時
耐久それなり
ドアの開き猫が隙間から
出入りできる程度
その他

🔽メリット🔽

  • コスパがよく、消耗品としていくつも買える
  • 単純な製品で疑問がない

デメリット👇️

  • いたずらで外される
  • 勢いでとれてしまう

これらを踏まえるとこんな方へピッタリ👇️

  • 子どもがいたずらで外してしまうことがある
  • 勢いよくドアを閉めると取れたりする。
  • 面倒でつけ忘れる可能性

他の製品だと、勢いよくドアを閉めたときに割れた、なんてのもありましたが、上の二つに関してはぐにゃっとするだけです。

心配なら何個かつけておけばいいでしょう。

日常的にピッタリと閉める扉でないなら、頻繁に取ったりつけたりしないので、これでも十分でしょう。

YLXドアストッパークッション10pack ドアストップ ベビーガード ドアストッパー
by カエレバ

口コミ👇️

追加購入です。猫が自由に部屋を行き来するため引き戸が閉まらないように、と購入しました。

我が家の引き戸はある程度までいくと自動で閉まるのでこちらをひとつつけた状態では、猫が自力で開けられないので、2つを十字?に重ねてつけました。引き戸が同じブラウンなので、目立たなくて良いです。

引き戸の場合、全開にすると外れて上から落ちてきますが(笑)スポンジなので痛くなく、床も傷つかずすんでます。

アマゾン商品レビューから引用

ページトップへ

3-3.ベスト 指ガード引き戸用

値段1000円
耐久普通
設置簡単
その他類似品は多い

🔽メリット🔽

  • 安い
  • 取り付け簡単
  • 類似品も多く、選べる

👇️デメリット👇️

  • 取り付ける高さによっては子どもがいたずら
  • いちいち大人がセッティングしないといけないので、やり忘れるとないのと同じになる。

これらを踏まえるとこんな方へピッタリ👇️

  • 個人宅
  • 開閉が少なく、ほぼ開けっぱなしの扉

いちいち大人がセッティングしないといけないため、開閉頻度の少ない扉がよいでしょう。3-2ドアクッションのように挟み込んで使うスポンジタイプとは違って、一度つけたら取り外さなくてよいのはメリットです。

BEST フィンガード(指ガード) 指詰め防止戸当り 引き戸 ドア厚20mm〜42mm
by カエレバ

口コミ👇️

アマゾン商品レビューから引用

ページトップへ

4.引き戸(戸袋側)の指つめ対策グッズ

4-1.隙間テープ

隙間テープ
値段数メートルで
1000円
耐久普通だが、引っ張ると取れたり
設置簡単
その他いろんな用途に使える
類似品多数

🔽メリット🔽

  • 類似品が多く、いろいろ選べる
  • モヘアタイプ、ゴムタイプなど
  • 安い

👇️デメリット👇️

  • つけっぱなしだと両面テープのため、設置面によっては取るときに汚くなる
  • テープによっては端から剥がれやすい

これらを踏まえるとこんな方へピッタリ👇️

  • 施設
  • 個人宅
  • 手っ取り早く何とかしたい
【送料無料】ニトムズ すきまテープ 2巻パック グレー 10mm×15mm×2m E022
by カエレバ

端から剥がれやすいデメリットはありますが、安いのである程度でまた張り替えればよいでしょう。

手っ取り早く対策できるグッズです。

ページトップへ

4-2.ハイロジック 隙間ふさぎゴム&押さえ金物

これを引き戸の戸袋に、縦に取り付けるイメージ
値段3000円
耐久普通
設置ネジで取り付ける
付かなければテープ
その他1メートルなので、
ピンポイントにつける必要

🔽メリット🔽

  • 戸袋の隙間を塞げる
  • 取り付けがしっかりしていれば、とれることはない

👇️デメリット👇️

  • 長さ調節は難しい(アルミカット必要)
  • 本来は開き戸の下の隙間用。
  • ピッタリ取り付けるのが難しい
  • ドアの裏表につけると6000円

これらを踏まえるとこんな方へピッタリ👇️

  • D.I.Y.得意
  • 個人宅

個人宅の引き戸の戸袋に指が引き込まれてしまうのは、ほとんどが指のとても小さい3歳までの幼児と思います。

(年齢が上がると指も大きくなり、多少の戸袋には入らなくなるため)

なので製品長さは1メートルですが、3歳くらいまでならこれで防げると思います。一度つけてしまえば取れることもありません。

隙間ふさぎゴム&押さえ金物 入数1本【ハイロジック】
by カエレバ

うちのドアには少々長かったのですが、わりと楽に切ることができました。
しっかりしていてよかったです。

アマゾンレビューより

ページトップへ

【引き戸(ドア)での指ハサミ防止製品比較】

出入り口側

指つめガード
(岡本樹繁)
指クッションベスト指ガード
値段2000円1つ200円1000円
耐久よいそれなりそれなり
総合⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
※総合の⭐️は、個人的なものです

戸袋側

隙間テープ隙間ゴムと押さえ金型
値段数メートルで
1000円
3000円
(ドア裏表で6000円)
耐久取り替え必要よい
総合⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
値段はドア一枚の内側外側セット、高さ120センチをカバーした場合

5.まとめ

何でもいいので、子どもの指のために危険は取り除いてほしいと思います。

開き戸についてはどのグッズを選んでもドア一枚当たりに数千円かかってしまいますが、引き戸はそれよりは安く対策できます。

多少のコストは、子どもの将来を考えたら一時的なお金ではないと思います。

どれにするか迷っていたら、入り口側は3-1の岡本樹繁のもの、戸袋側は隙間テープがオーソドックスでどのケースでも使えるため間違いはないと思います。

クローバーとてんとう虫

このサイトでは子育て情報や子ども心理などのほか、学童クラブ~保育園や小学校の子ども向けのおすすめの遊び/オススメ本をそれぞれ100以上紹介しています



👉️幼児~小学生にオススメ【おもちゃ】👈️


👉️幼児~小学生へオススメ【本】👈️



👉️地域・自治体別の学童クラブなど👈️

クローバー

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事