↓関連検索はこちら↓
当サイトについて

このサイトでは管理者のジャムが、

主に学童クラブや児童館で"20年以上"
主に小学生に関わってきた経験を元に、

子どもに関わる大人へ役立つ情報を発信。

子どもと親が幸せになればいいなという思いをもって運営をしています

ジャムのプロフィールはこちら

ジャム
プロフィール

内発的/外発的動機付けで子どものやる気を上げ下げ

子どもにはいろいろな経験をしてほしいですね。また必要な習慣は身につけて欲しいと考えますね。

これらは子ども自身が習慣にしたり、やってみたいと思って動くことが大切です。

やる気は心理学的には動機付けといいますが、これを引き出す方法と、逆になくす方法がわかっています。

引き出す方法はエンハンシング効果、なくす方法はアンダーマイニング効果と呼ばれているものです。

この記事ではこの二つについて比べながら書いていきましょう。

この記事を読むと分かること

  • やる気を出すエンハンシング効果
  • やる気をなくすアンダーマイニング効果
  • ごほうびと罰はどちらがいいのか
  • 年齢により効果のある方法の違い
動機付けの記事のアイキャッチ

子どもがやる気になったり、能力を上げたり、安定して過ごせることに繋がる関わりかたの記事👇️👇️

0.やる気をなくす方法/やる気が出る方法

先に結論を書いておくと、

やる気をなくすアンダーマイニング効果

報酬や罰を使う(アンダーマイニング効果)
結果だけを褒める(過程を褒める以外の褒め方)
2章へ

やる気を出すエンハンシング効果

過程を褒める、認める(エンハンシング効果)
3章へ

前提は興味を持たせて一度でもやってみることですが、それ以降の関わり方によってどうなるかが大きく左右されます。

せっかく興味を持ってやり始めたことも、関わり次第でやる気がなくなったりごほうび目当てにしか行動できなくなったりします。

逆に習慣になってるように思っていたけれど、やらない時の罰がなくなった途端にやらなくなったりします。

1.行動と動機付けとは~モチベーション

人が「何か行動をしよう」と思うのを動機付けと言いますが、それは何種類かに分類できます。

動機づけは人間を含めた動物の行動の原因であり、行動の方向性を定める要因と行動の程度を定める要因に分類できる。動物が行動を起こしている場合、その動物には何らかの動機づけが作用していることが考えられる。またその動物の行動の程度が高いかどうかによってその動機づけの強さの違いが考えられる

ウィキペディアより引用

内発的動機付け

  • 自分で、好きでその行動をやろう(嫌いでやらない)と思うこと
  • 好きだからやりたい、好きじゃないからやらない
  • 本能的な興味に基づく行動

外発的動機付け

  • 報酬が目的でその行動をやる
  • 罰を受けないために頑張る
  • 罰や報酬があることで考えを巡らせてやるかやらないか
  • 理性や思考が余計なものに対して働いている状態

これは報酬などのプラス方向のものだけでなく、やらないと罰を受ける・これをしないと好きな◯◯ができないからこれをやるなどマイナス方向のものも含みます。

やらないと罰を受けるからやらない、やらないと何かができないからやるという外発的動機付けは、その一つ追加された余計なものがある場合です。

一見習慣になっているように見えることでも、報酬や罰が外れたとたんやらなくなるのは人間の心理です。

動機付けすなわちやる気について、その心理状態や持っていきかたは昔から心理学において研究されてきたものです。

以下ではやる気についての心理的効果を二つ紹介しておきましょう。

子どもについての心理はこちらへ

グッド

2.やる気をなくすアンダーマイニング効果

アンダーマイニング効果(アンダーマイニングこうか、: undermining effect)またはアンダーマイニング現象(アンダーマイニングげんしょう、: undermining phenomenon)[注釈 1]は、内発的に動機づけられた行為に対して、報酬を与えるなどの外発的動機づけを行うことによって、モチベーション(やる気)が低減する現象である。例えば、好きでプレイしていたゲームに金銭的な報酬を与えられると、やる気がなくなってしまうなど。抑制効果ともいう

ウィキペディアより引用

ご褒美でやる気をなくす実験

1971年エドワード.L.デシとR.レッパーの実験

被験者を2グループに分けてパズルを解かせた。(互いのグループの様子は分からない)

一つ解けた方に1ドル渡すグループ

→ モチベーション低下した人が多かった

何もないグループ

→モチベーションそのままの人が多かった

賞

楽しいはずのパズルを解く事が報酬と結び付いたことで、かえってやる気がなくなったということです。

これがアンダーマイニング効果と呼ばれている、やる気をなくす心理学的な効果です。「アンダーマイニング」とは「弱体化」などと訳されます。

「楽しい上に報酬ももらえてラッキー」だったのは始めだけで、「報酬なしにはつまらない」「報酬のためにやってるみたいで、パズルが面白かったのに、急につまらなくなった」となったのです。

こんな例はいくらでもあります。

好きでボランティアをやっていたのにお礼のつもりでお金をもらうことが続いたら、お金がもらえないとバカらしくなってきた

勉強を好きでやってたのに、テストの点数でご褒美がもらえるようになってモチベーションが下がった

好きでやっていることの結果に対しての報酬、特にお金や物などの具体的な物を安易に与えるのはもともとあったやる気まで失いかねないですね。

ではやる気を出すにはどうしたらいいのでしょうか。
それは次の章で書きますが、結果に対しての報酬ではなく、過程に対しての報酬が効果的です。

罰

3.やる気を引き出すエンハンシング効果

「エンハンシング効果」とは、わかりやすく言うと賞賛の言葉を相手にかけることで、相手のやる気を高める心理現象です。

学術的にはもう少し広い意味を持ち、「外発的動機づけによって内発的動機づけを高めること」と言います

心理学用語解説より

賞罰実験

賞罰実験:エリザベス・B・ハーロックが1925年に行ったものです。

子どもたちを3つのグループに分け、一定期間に試験を数回受けさせました。

  1. 試験のたびにほめられ続けるグループ
  2. 試験のたびに叱られ続けるグループ
  3. 何も言われないグループ

結果はどうなったでしょうか。

何もないグループと比べて、褒められ続けるグループの成績は上がりました。

叱られ続けるグループは、始めは叱られないように努力しましたが、結局成績は下がりました。

外発的動機付けとして、褒められる、叱られるのを回避するの二種類のものがありますが、どうやら罰よりは報酬の方がよさそうですね。

応援

ご褒美のあげ方

さて報酬の与えかたについてはどうでしょうか。

1990年代、コロンビア大学の実験です。

10歳~12歳までの子どもたちを3グループに分けて知能テストを行いました。

テストの結果を個別に呼び出し、「成績は100点満点中80点でして」とそれぞれに告げ、その際グループごとに

  1. 頭がいいね(結果や能力を褒める)
  2. 日頃の努力の結果だね(テストの結果でなく日常を褒める)
  3. 何もなし

その後、次のどちらの課題をやるか選んでもらいました。

  • 難易度が高く、やりがいもある課題
  • 簡単に解け、学びも少ない課題

さて結果はどうなったでしょうか👇️

なにもなしのグループは半々

結果を褒められたグループは6割が簡単な問題を選び

日常を褒められたグループは、なんと1割しか簡単な問題を選ばなかったという結果です。

結果や能力を褒められたグループは、失敗を恐れてしまったり、頑張らなくても大丈夫と思ってしまう心理から、敢えて難しいことをやらなくなってしまいました。

日常を褒められたグループは、明らかにモチベーションが上がっています。

このように、褒めるのは結果や能力を褒めるのは逆効果で、過程や努力を褒めていくのがモチベーションややる気を上げるのに効果的なようです。

お仕置き

子どもの対応について悩みがある方はこちらへ

4.ご褒美について

アンダーマイニング効果の実験は0か100かの結果ではなく、そういった可能性が高い、そういった傾向が多いということです。

報酬があってもモチベーションを保てる人もいますが、多くの人はモチベーションを保てない可能性が高くなるというものです。賞罰実験も同じです。

さて、ごほうびや賞などを目指してがんばる人もいるため、必ずしも報酬を与えることが悪いわけではありません。

その賞の価値がとても高かったり、絶対になくならないようなものならよいでしょう。オリンピックに出たいと頑張るのはいい例です。

しかしオリンピックは急になくなったりはしないため、モチベーションは保てるでしょうが、見込みがなくなったときどうなるかは分かりませんね。

また勉強などは学生の時だけでなく、むしろ大人になってから自分の好きなことでするものですね。

学生の時は「一番になったら」ごほうびがあるけれど、大人になったら勉強することによるご褒美はなくなります。その時にモチベーションを保っていられるかどうか。

勉強

東大に入るような人は勉強自体が好きな人ばかりです。そのため「合格する」と言う報酬はあっても、それが勉強をする動機ではありません。

大学に入ることが目的の受験勉強で、入った途端にだらけて、ともするとせっかく入った大学を中退してしまうなどは、「合格する」という報酬のためだけに頑張った結果いい例です。

このように外発的動機付けである報酬は、興味を持つきっかけにするためのもので、いつまでもそれに囚われていると報酬が目的になってしまいますね。

そのため興味を持ってやりはじめた段階(内発的動機付けが育った段階)あたりで徐々になくしていくのがよいかと思います。はじめから興味を持ってやっているものについては報酬はないほうがよいのです。

それとは別次元の話ですが、自己肯定感や自分に価値があると思える感覚を養うには、認められることの経験が必要です。

存在そのものを認めるのはなかなか難しく、感じにくいものですが、やっていることについて「頑張ってるね」などの声かけは簡単だと思います。

その子のやっていることについて過程を認めていくことが、ひいては自己肯定感や自信に繋がっていきます。

ごほうびをあげるにしても、たまに、「いつも頑張ってるから」という理由であげるのは励みになるかと思いますよ。

ご褒美

5.やる気を左右する自己肯定感

やる気について重要な要素は自己肯定感や自己効力感と言われるものです。

何かに取り組もうとするときに、

「どうせ失敗するから」とか、「苦手だな」

と思ってやるのと、

「面白そう、やってみよう」「失敗してもいいじゃん」

と思ってやるのでは大きく違いますね。

取りかかろうとしている物はどちらも同じで、捉え方ひとつです。

これは日常的に培われた自分に対しての自信や、こうしたらできるだろうと言う見通し、前に同じような場面でうまくいったからきっと大丈夫だろうなどの感覚。

アンダーマイニング効果やエンハシング効果は、大元の自己肯定感に比べたら小手先の技術かもしれません。

大切な自己肯定感を高める方法はこちらの記事で詳しく書いています。👇️

6.幼児のご褒美は?

ここでは1歳~4歳くらいの子についての事を書いていきます。

ここまでか書いてきた賞罰とやる気などの話は、ものへの執着がなく、いろいろな物事に興味しかないような小さい子には当てはまらない気がしています。

ごほうびシールなどが販売されていますが、それすらも小さい子にとっては興味の一環でしかありません。

ごほうび目的とか、叱られるからやめておこうなどは、よほどきつく叱ったり虐待まがいの事でもしない限りはないように思えます。

お駄賃

小さい子はお世話が基本なので、親が疲弊する年齢の子です。

親も疲れてくるとイライラしたり、つい叱ってしまうばかりになるというのもざらにありますね。

そんな時のごほうびシールです。

子どもも頑張っているのを親が分かるために使うものとなります。

トイレを失敗しなかったとか、ご飯をちゃんと食べられたなどてシールをはると、子どもの頑張りも見えやすくなり、親としても子どもをほめる機会が自然とできます。

やって当然のことについてはごほうびは徐々になくしていくのが基本ですが、親の精神衛生のためにやるという意味も小さい子のうちは特にあります。

ごほうびシール↓

7.まとめ

報酬や罰によってやらされている感ではなく、自発的に取り組めるためには、

  • 報酬か罰かといえば報酬を与えること
  • 結果や能力ではなく過程や努力・取り組む姿勢に対しての報酬を与えること

この二点が大切ですね。

また物的な報酬は、使うのなら興味を持たせるきっかけとしてだけ使い、徐々になくしていくのがよさそうです。

それらの前提となるのが自己肯定感、自己効力感です。

子どもがやる気になったり、能力を上げたり、安定して過ごせることに繋がる関わりかたの記事👇️👇️

クローバーとてんとう虫

このサイトでは子育て情報や子ども心理などのほか、学童クラブ~保育園や小学校の子ども向けのおすすめの遊び/オススメ本をそれぞれ100以上紹介しています



👉️幼児~小学生にオススメ【おもちゃ】👈️


👉️幼児~小学生へオススメ【本】👈️



👉️地域・自治体別の学童クラブなど👈️

クローバー

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事