↓関連検索はこちら↓
当サイトについて

このサイトでは管理者のジャムが、

主に学童クラブや児童館で"20年以上"
主に小学生に関わってきた経験を元に、

子どもに関わる大人へ役立つ情報を発信。

子どもと親が幸せになればいいなという思いをもって運営をしています

ジャムのプロフィールはこちら

ジャム
プロフィール

【パクッとプリッと】幼児でも分かる神経衰弱ゲーム

目次【本記事の内容】

1.パクッとプリッと【基本情報】

裏向きでバラバラに並べられた食べものカードの中から、お題となっている動物の大好物を探します。
大好物を食べた動物はうんちをするので、場にどんどんうんちカードが増えていきます。

「パクッとプリッと」購入は👆️の画像から

人数 👉️2~4人くらい
時間 👉️10分
年齢 👉️5才~
説明 👉️動物と食べ物を組み合わせる
神経衰弱。食べ物の後にはうんちが残る。
値段 👉️2000円

オリジナリティ⭐️⭐️
盛り上がり⭐️⭐️⭐️⭐️
戦略⭐️
分かりやすさ⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️

他のボードゲームはこちら(記事リンク)


小学生おもちゃはこちら(記事リンク)

2.パクッとプリッとルール・遊び方

2-1.基本ルール

準備

  • 動物カード 👉️ 裏にして積んで山札に
  • 食べ物カード 👉️ 裏にして神経衰弱のようにしておく
  • うんちカード 👉️ 脇によけておく

開始

動物カードを1枚めくります。

並んでいる食べ物カードから、その動物の食べ物を探します。

  • 正解
  • 👉️ 動物カードと食べ物カードを引き取ります。
  • 👉️ その動物のうんちカードを、食べ物カードがあったところに裏にして置きます
  • 不正解
  • 👉️ 動物カードそのまま、食べ物カードは裏にします。
カード一覧

2-2.プレイ

とても簡単なゲームですね。やってみましょう。

パンダがでました。

パンダ

食べ物カードをひいて、何回目かに竹が出て得点。代わりにパンダのうんちカードを置きましょう。

これを繰り返していくと、場には裏返ったうんちカードばかりになってきます。

神経衰弱とは違い、カードが減らない!最後まで気を抜けないですね。

「パクッとプリッと」 購入ページ
(ボードゲーム通販専門店「コノス」その他マイナーゲーム盛りだくさんです)👇️

Amazon・楽天などは👇️

テーブルゲーム 神経衰弱ゲーム パクッとプリッと 5歳から
by カエレバ

ページトップへ

3.「パクッとプリッと」その他の口コミ/感想

子供はうんちが好きです。

地雷(うんちカード)を引かないようにする神経衰弱。うんちカードはどんどん増えていくので、記憶力が怪しくなっていく後半は連続でうんこを引いてうんちうんち連呼してうんちがゲシュタルト崩壊します。

アートワークも取っつきやすく(絵がかなりうまい、暖かみのあるイラスト)、子供と遊ぶならかなり良いのではないでしょうか。自分は子供がおらず、子供向けターゲットのゲームをやる機会が(当初は)なかったので購入は見送りましたが、下ネタの好きな方なら飲みながらうんこ連呼するのも面白いかもしれません。

https://bodoge.hoobby.net/

関連おもちゃには「イチゴリラ」。こちらも簡単な神経衰弱ゲームですが、ゴリラは五枚集めないと手札にできないなど、幼児にはちょっとだけ難しいかもしれません。

イチゴリラ
イチゴリラ (ボードゲーム カードゲーム)
by カエレバ

他のボードゲームはこちら(記事リンク)

その他の小学生おもちゃはこちら(記事リンク)

☆★「ひも電」 購入はこちら ★☆
(ボードゲーム通販専門店「コノス」その他マイナーゲーム盛りだくさんです)


ページトップへ

小学生向けのおもちゃ(楽しさは学童クラブで実証済み)はこちらから👇️👇️

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事