1.計画的無視について~困ったちゃん行動の場合分け

計画的無視は、子どもの問題行動に対応する1つのテクニックです。

問題行動とは👇️

「周囲の方が迷惑を被る行為」であったり、「法に触れ警察機関等が統制の対象とする行為」であったりを「問題行動」ととらえるものです。

つまり、他者や法といった、ご本人以外を主体においた問題行動のとらえ方と言い換えることができるでしょう

しかしその一方で、「ご本人が悩み、困惑している行動」とするとらえ方もあります。

つまり、ご本人たちの「困った」が表現されたものを「問題行動だ」とするとらえ方です。

この場合は、ご本人を主体においた問題行動のとらえ方と言い換えられます。

全国地域生活支援機構より引用

上のように問題行動と言う言葉には様々な意味が含まれます。

ややこしいですね。

要はその行動で周りが困るか、本人が困ってるか。

結論から言うと計画的無視は問題行動を減らすだけの小手先の技術です。

有効なケースや効果は限られてきます。

問題を起こしている子どもの心理状態や原因を探り、丁寧に対応していくのが本来の方法となります。

ジャム
何度も書くけど、
計画的無視だけでは、
根本的な解決にはなりません。
子どもの行動

1-1.計画的無視が有効な場面と無効な場合

計画的無視が有効なものは ↓

  • かまって行動の度が過ぎているもの
  • 欲求が通らないときに出てくる行動
  • 注目を集めるためにとっている不適切行動

逆に有効でないものや、逆効果な場合↓

  • 体調が悪い表現、小さい子だと眠くてぐするなど
  • 発達の途中ででてくる普通の遊び程度のこと
  • 行動が危険過ぎて無視できないもの
  • 注目して欲しいわけではない行動
困った

見極めが難しいものがありますが、

計画的無視が試せる場面
  • 本人が頑張ればコントロールできそうだけど、
  • その行動をなくすきっかけがなくて、
  • その場面になるとついその行動をとってしまう

例えばあの人の前ではやらないけど、この人の前ではやるといった行動。

子どもが無自覚にコントロールできているので、計画的無視の効果が期待できます。

誰の前でもやり、発達障害に原因があって半ば混乱してとっているような行動には効果がありません。

コントロール
コントローラー

1-2.行動を抑えたあと~根本的解決には計画的無視では足りない

計画的無視とは、行動自体へ対処する方法

なくしてほしい行動が狙い通りなくなったとしても、

構って欲しいなどの欲求そのものがなくなったわけではありません

それらの子どもが普通に感じたり欲しがっている愛情などは別で満たしてあげないといけないことは忘れないでください。  

計画的無視だけ試して、行動だけに対応したらどうなるか?

違う問題行動が次々出てきます。  

そのうちひとつが問題の無さそうな行為、

たとえば静かに泣いてなにも訴えないなど、それが定着した場合はそのままになっていきます。

一見、問題行動がなくなったから「落ち着いたな」って感じるかもしれない。

でも、欲求によるストレス自体は消えていません

大人が解決したつもりでも、子どもからしたら何も解決してないってことです。 

悲しい

"構って欲しいのに構ってもらえなかった"みたいな感情がくすぶり続けて人生のどこかで爆発するか、

性格が歪んでしまうか、

よいものは残りません。    

早い話、計画的無視とは小手先の技術といってもよい程度のもの。目の前の困った行動にたいしての効果があるだけ。  

注目してほしい、認めてほしいというのはどんな子どもでも持ってるごく自然な欲求だから、満たしてあげないといけませんね。    

もっと勉強したい方へおすすめの本があります。応用行動分析から、子どもの心理をとても分かりやすく解説している一冊です。↓

学童クラブと保護者の部屋のロゴ
学童クラブと保護者の部屋のロゴ

1-3.計画的の具体的なやり方

①行動の見極め、ためし行動かどうか?

まず子どもの行動の中で、変えて欲しい行動を見つけます。

先ほど書いたように、子どもが無意識でもコントロールできそうな行動です。

根本的に愛情不足だったりすると、一場面に対応しても計画的無視はあくまで小手先の技術です。

それによって子どもが傷つくだけといった結果が残るので、よく考えましょう。

ここでは例として、[言い分が通らないと暴れる]をあげておきます。  

跳び箱

② 計画的無視をやるための事前準備

平静な時に、子どもとよく話をしておきましょう。

話の内容は、 ↓

今とっている行動を自覚してもらうこと
~「あなた、思い通りにならないといつも暴れるよね。とっても迷惑に思ってる」
その行動をしたら無視すること
~「だから、次は暴れても相手にしないよ。」
代わりの行動を伝えて、その行動をとったら対応してあげること
~「暴れるのをやめて、ちゃんと口で言えたら聞いてあげるよ」
[言い分が通らないと暴れる]では 言い分が通らないと暴れるけれど、それではいけないこと。

代わりにしっかりと話してくれたら通ることもある、

"諦めないといけないときもあるけど暴れたら絶対に叶わないこと"など、よく聞かせて理解してもらいます。  

そして暴れたらなにも聞かないと宣言しておきます。  

③計画的無視の実行

その行動が表れたら目の前にいてもいないように振る舞います。

一度か二度、「暴れたら相手にしない、暴れるのをやめて口で言ったら聞いてあげるよ

事前に伝えていたのを思い出してもらうような声かけだけして、それ以外には関わらないようにします。

心を鬼にしましょう

鬼

やると決めたら、その行動が出たときはいつもその対応をとるようにします。

中途半端に無視をして、もっと強い行動なら気が引けるんじゃないか?

と子どもが行動をエスカレートさせてみたところで反応してしまうと

ほらやっぱり、今度は激しくやってみた要求が通るんだ】と無意識レベルで学習し、行動がかえって強くなってしまいます。

そしてその強くなった行動が定着する可能性が出てきます。

一時的に強い行動が出てくることは想定しておきましょう。  

徹底してやるといっても、時間的には30分もやるのは長すぎです

無視をやめるのは

  1. 無視するのはなくしたい行動が出たとき
  2. エスカレートしすぎて危険な場合

1は成功なので次へ。

2は計画的無視がこの子のこのケースには使えないと判断します。

行動を直す

子どもの行動にもよります。

だけど収まりつつあるときは様子を見て無視を切り上げて、④で書く褒めるに移行しても大丈夫です。    

[言い分が通らないと暴れる]では、暴れても無視します。

物を壊しだしたり危険が大きいときは迷うところですが、許せる範囲内なら放置しておきましょう。

こんなにしても構ってくれなかったとなれば、子どもとしてはそれ以上やれることがありません。

時間的には10分でも長いと思います。

少し暴れる程度が収まってきたり、少しでも話をしようと頑張っている姿が見えた段階で褒めてあげたらいいでしょう。

はじめから暴れるのを完全に収めて、通常のテンションで話しかけてくるのを待っていたら日が暮れます。

危険が許せない程度で介入しなくてはいけないようなら、計画的無視は使えません。

根気よく子どもの持ってる欲求に対応していくのが近道だったりします。  

発達障害で衝動が高くてすぐ人をぶってしまうとか、脳の機能的なところがあるなら医師にかかったほうが早いこともあります。

ダメ

④褒めて強化

暴れるのをやめて、普通に話をしてきたら誉めましょう。

またはこちらが想定していないけれど、子どもが自分で他の行動を考えてやってきたのをそれでもokとするなら、それを褒めてあげましょう。  

忍耐力がいります。

ですが、待って待って、ようやくやってくれたとなれば、たくさん褒めてあげられそうな気がしませんか?

誉める

2.計画的無視とは?のまとめ  

どんな行動もそうですが、子どもは行きつ戻りつ成長していくので、一度では効果は0。

計画的無視をやると決めたら、大人の気分で無視したり・しなかったりも行動が強くなってしまうので注意ましょう。    

また本文で書いたように、一時的に行動が強くなることもあるのでそのつもりで。

より強い行動で気を引こうと子どもが試しているので、それに乗ってしまわないように。                                                

記事内でも書きましたが、計画的無視は小手先の技術です。根本的な子どもの問題行動についてはこちらの記事を参考にしてください↓

目次へ

クローバーとてんとう虫

学童クラブ支援員や保育士など、保育者の方向けプレゼント配布中↓

プレゼント

このサイトでは子育て情報や子ども心理などのほか、学童クラブ~保育園や小学校の子ども向けのおすすめの遊び/オススメ本をそれぞれ100以上紹介しています



👉️幼児~小学生にオススメ【おもちゃ】👈️


👉️幼児~小学生へオススメ【本】👈️


見やすい記事一覧です


👉️地域・自治体別の学童クラブなど👈️

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事