↓関連検索はこちら↓
当サイトについて

このサイトでは管理者のジャムが、

主に学童クラブや児童館で"20年以上"
主に小学生に関わってきた経験を元に、

子どもに関わる大人へ役立つ情報を発信。

子どもと親が幸せになればいいなという思いをもって運営をしています

ジャムのプロフィールはこちら

ジャム
プロフィール

【キツネと葡萄】子どもでも楽しめるカードゲームのレビュー

目次【本記事の内容】

1.キツネと葡萄【基本情報】

相手が伏せた葡萄が甘いか酸っぱいかを考える、簡単なブラフ・パーティーゲームです。
その葡萄が甘いと思ったら自分で食べ、酸っぱいと思ったら相手に引き取らせましょう!
時々、狡賢いキツネも隠れていますよ。葡萄を横取りされるかも!? ご用心ご用心!

「キツネと葡萄」 購入ページ画像クリック👆️

人数 👉️2人~6人
時間 👉️~30分
年齢 👉️6才~
説明 👉️出されたカードか嘘がホントか?
値段 👉️3000円

オリジナリティ⭐️⭐️
盛り上がり⭐️⭐️⭐️⭐️
戦略⭐️⭐️⭐️
分かりやすさ⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️

他のボードゲームはこちら(記事リンク)


小学生おもちゃはこちら(記事リンク)

2.キツネと葡萄のルール・遊び方

2-1.キツネと葡萄の基本ルール

左:甘い葡萄 真ん中:酸っぱい葡萄 右:キツネ

準備

左右が宣言カード
(裏表で甘い葡萄と酸っぱい葡萄になっています)

得たカードはここに貯めていきます(公開カード)

真ん中が自分の目印カード
6人までプレーできるため、六色用意されています
  • 自分の前に👆️のようにカードを置きます。
  • 人数によって使う枚数(👇️)のカードをシャッフルし、一人当たり5枚配ります
3人4人5人6人
甘い葡萄5枚7枚9枚10枚
酸っぱい5枚7枚9枚10枚
キツネ5枚6枚7枚10枚

申告(カードを出すフェーズ)

http://gamemarket.jp
  • 手札からカードを1枚伏せて前に出します
  • 出し方で、そのカードが何かを申告します👆️
  • 本当でも嘘でもいろんなことを言いながら、時計回りに一人ずつ、順に申告しながら出していきましょう。

宣言(見破りに行くフェーズ)

http://gamemarket.jp
  • 順に誰かの申告を選び、自分の宣言カードを相手のカードの上に置きます(葡萄と宣言)
  • キツネだと思うならカードの下に差し込みます(キツネと宣言)

すでに誰かに宣言されたカードはもう選べないので、他の人のカードを選んで宣言しましょう。

宣言できなかった人も出てきます。

公開(確かめるフェーズ)

伏せられていたカードを確かめていきます。

甘い葡萄を宣言されたカード

  • 公開されたカードが葡萄なら宣言した人が引き取る(自分の前の公開カードの甘い側か、酸っぱい側へ置く)
  • 公開されたカードがキツネなら、申告した人が自分の公開カードの甘い葡萄にそのキツネを加える

酸っぱい葡萄を宣言されたカード

  • 公開されたカードが葡萄なら申告した人が引き取る
  • 公開されたカードがキツネなら、申告した人が自分の公開カードの甘い葡萄にそのキツネを加える

キツネと宣言されたカード

  • 公開されたカードがキツネなら、宣言した人がキツネを「甘い葡萄側」に加える
  • 公開されたカードが甘い葡萄なら申告した人が、酸っぱい葡萄なら宣言した人がもらう

キツネの特殊アクション

キツネを得た人は、追加で相手の公開カードから甘い葡萄をもらうか、自分の公開カードの酸っぱい葡萄を相手に押し付ける。(両者の公開カードにどちらもなければ無し)

宣言できなかった人は、自分で公開する

ホントのことを申告していたら、甘い葡萄なら自分の公開カードの甘い葡萄へ、酸っぱい葡萄なら誰かに押し付ける。キツネなら自分の公開カードの甘い葡萄に加えた後、誰かを指名してキツネの特殊アクションを行う。

嘘だった場合は、酸っぱい葡萄なら自分で公開カードの酸っぱい葡萄に加える。その他のカードはゲームから取り除きます。

宣言カードを回収して次のラウンドへ。

5ラウンド(手札の枚数の回数)やり、公開カードの甘い葡萄1点、酸っぱい葡萄-1点。同点ならキツネ>甘い葡萄の枚数が多い人の勝ち

https://bodoge.hoobby.net

2-2.キツネと葡萄をプレイ

一ラウンド、二人でやってみる。

ルールを確認しなからプレー。要は嘘をついているか、正直にカードをだしているか見破るゲーム。簡単でしょ。

さて小手調べとして"甘い葡萄"を伏せてだす。相手は"酸っぱい葡萄"と申告しているようだ。


宣言フェーズ。相手は嘘をいっているだろう、「甘い葡萄」と宣言カードをだす。相手は「酸っぱい葡萄」と宣言してきた。

カードオープン(公開)

相手は間違ったので、甘い葡萄を回収。公開カードに加えました。

さて相手の申告カードは・・・

なんとキツネ!

キツネを相手が回収して公開カードへ加えます。

さらにキツネの効果でさっき公開カードに加えた甘い葡萄を取られた。相手の公開カードへ。

現時点で自分は0点、相手は2点(甘い葡萄とキツネ)

キツネをうまく使うと二点得点が増えるようだ。

※二人でやるときは追加のルールがあるようでしたが、大筋はこんな感じです。

キツネと葡萄
sake.saloon.jp

「キツネと葡萄」 購入ページ
(ボードゲーム通販専門店「コノス」その他マイナーゲーム盛りだくさんです)👇️

その他楽天などで検索👇️(たまに出ています)

posted with カエレバ

ページトップへ

3.キツネと葡萄についてその他の口コミ/感想

嘘をつくか、ホントのことを言うのかが楽しいゲームです。

そこにキツネがうまい具合に入ってきています。いかにキツネを見破るか、見破らせないかが勝負の分かれ目ですが、それだけではない。

ゴキブリポーカーのように一対一にならず、全員と勝負できるのがいいバランスです。

またカードの枚数からある程度推測できるので(カウンティング可能)、それも加味してブラフかブラフでないのか考えて、それが覆されたときの意外感もまた楽しくなります。

始めだけ絵柄や宣言の仕方など分かりにくいですが、ルールは簡単なので、コツは子どもでも数回でつかめます。

関連する遊びにはトランプの「ダウト」、おもちゃなら「ゴキブリポーカー」。有名なカードゲームで、嘘をついているのかホントのことを言っているのか見破る遊び👇️

ごきぶりポーカー 日本語版
by カエレバ

他のボードゲームはこちら(記事リンク)

その他の小学生おもちゃはこちら(記事リンク)

「キツネと葡萄」 購入ページ
(ボードゲーム通販専門店「コノス」その他マイナーゲーム盛りだくさんです)👇️


ページトップへ

小学生向けのおもちゃ(楽しさは学童クラブで実証済み)はこちらから👇️👇️

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事