↓関連検索はこちら↓
当サイトについて

このサイトでは管理者のジャムが、

主に学童クラブや児童館で"20年以上"
主に小学生に関わってきた経験を元に、

子どもに関わる大人へ役立つ情報を発信。

子どもと親が幸せになればいいなという思いをもって運営をしています

ジャムのプロフィールはこちら

ジャム
プロフィール

子どもと雨の日の室内運動遊び

この記事では、主に室内でできる遊びのうち、動きの大きい遊びを紹介します。やり方によっては外でもできるものもたくさんあります。

学童クラブや小学生などで外にいけないけれど運動をしたいような時にみんなでやれる遊びです。

ランダムに動く遊び

ひっくる合戦追いかけ玉入れ風船バレー
猛獣がり しっぽとり木とリス

決まった方向へ動く遊び

いろはにコンペイトウろくむしバランスリレー
お絵かきしりとりあみなげた赤と白、猫ネズミ
条件ダッシュだるまさんしりとり縄跳び
新聞紙突破 マット引きレース
座ってできる
「帰りの会ネタ」
机などでやる遊び
輪や列になって
やる遊び
ネイチャーゲーム
じゃんけん遊び王様取り
鬼ごっこ雨の日の室内
運動遊び
ドッジボールの
アレンジルール20
タスケ(3歩ドッジ)
ソーシャルディスタンス
運動遊び
一人運動遊び
👆️それぞれの記事へジャンプ👆️
いろいろなレクレーション特集
運動遊びやルール遊びの進め方のコツはこちらから

1.ランダムに動く遊び

1-1.ひっくる合戦

黒と白、赤と青などの裏表で色が違う手に持てるくらいのパネルをたくさん地面に撒いておきます。

チームを二つにわけて、自分の色にしていきます。

注意としては、

  • あまり密集させると頭同士でぶつかるため、ある程度の広さが必要なこと
  • 持ち歩いてしまうのは禁止、その場でひっくり返す

やって三回ですが、肩慣らしにはなります。

オセロ

1-2.追いかけ玉入れ

かごを中立の大人などが持ち、逃げます。

その辺に散らばっている玉を、かごを持っている人を追いかけながらいれていきます。

赤と白などでチームを分けてもいいでしょう。

1-3.風船バレー

風船

1-4.猛獣がり

20人くらい以上が妥当です。

ポーズをつけながら歌を歌います。リーダーが一節歌ったら、参加者も続いて同じフレーズを歌います。

  • 「猛獣がりへいこうよ」(えいえおーのポーズ)
  • 「やーりーだって、持ってるし」(槍を持ってるポーズ)
  • 「鉄砲だって、持ってるよ」(長い鉄砲を持ってるポーズ)
  • 「あっ」(どこかを指差す)
  • 「あっ」(どこかを指差す)

続いて、動物の名前を言います。

参加者は、動物の名前の文字数(きりん、だったら3)のグループを素早く作ります。

うさぎ

1-5.しっぽとり

1メートルくらいのはちまきやビニールひもなどをズボンの腰にいれて尻尾にしたものを取り合うゲーム。

尻尾をとられたらどうするかはいくつかのバリエーションがあり、

  • 待機
  • 尻尾生やし銀行でつけてもらう
  • 仲間にもらう

などがあります。

「仲間にもらう」はチームで行っているときに有効で、時間経過でチームごとにいくつの尻尾が残っているかを競います

1-6.木とリス

20人くらい以上が妥当です。

  • 参加者は三人組になります。
  • 一人か二人が鬼です
  • 三人組のうち、一人はリスとなりしゃがみます。
  • 三人組の二人は、しゃがんでいる一人の上に両手でトンネルを作ります。これがリスの家です。
  • 鬼は「嵐」「かみなり」「おおかみ」の三種類を言えます。
  • 雷 → 家が壊れる
  • おおかみ → リスが逃げる
  • 嵐 → 家もリスもバラバラ
  1. 鬼は三つのうちどれかを言います。
  2. 言われたものに対応した逃げる人が、三人組の中から抜け、違う組に移動します。
  3. その間に鬼が空いている組へ潜り込みます。
  4. 余ってしまった人が次の鬼

リス

2.決まった方向へ動く遊び

2-1.いろはにコンペイトウ

二本のひもを用意します。縄跳び二本でもいいです。

ひもを動かす人は二人、後は参加者です。

  1. ひもの人は互いに離れて、両手に一本ずつひもを相手と持ちます。(自分と相手のと間にひもを二本張る感じ)
  2. 参加者はひもの人に背を向けて置きます。
  3. ひもの人は歌を歌います。「いろはにコンペイトウ、上か、下か、真ん中か」
  4. 歌が終わったら、ひもの人は相手との間に張った二本のひもを片方を上にあげたり、片方を地面につけたりして位置を決めます。
  5. 参加者はひもの形を見る前に「上」「下」「真ん中」のどれかを言ってから振り返ります。
  6. 「上」なら二本のひもの上、「真ん中」なら二本のひもの真ん中、「下」なら二本のひもの下を通ります。
  7. 通り抜けるときにひもが体が触ったらアウト
  8. 通るときに"小指だけ"ひもを触ってもよく、「下」と言って下を通れるような状況でなくても活路があります。

2-2.ろくむし

コートの真ん中を挟むようにして鬼が二人いて、ボールをぶつけてきます。

参加者はコートの端にスタンバイして、ボールに当たらないように六往復できたら勝ち

2-3.バランスリレー

リレーのように遊びます。

お玉でピンポン玉を運んだり、積み上げた箱を落とさないように運んだりしながら行うリレーです。

バランス


2-4.お絵かきしりとり

四角のコートの端から端をつかいます。

  • 同じ人数で何チームが片方の端のスタート位置に並びます。反対側の端には鉛筆と紙がおいてあります。
  • 一番目の人が何か絵を描いたらもとの場所に戻り次の人と交代
  • 次の人は絵を見て、しりとりに続く絵を描きます。

繰り返していって、最後に何を描いたかみんなで見て楽しみます。

2-5.あみなげた

四角のコートで行います。

  • コートの真ん中のラインに鬼が何人かスタンバイしています。鬼はライン上しか動けません。
  • コートの端には参加者が待っています。
  • 合図で参加者は、鬼の隙を見て反対側のコートの端に移動します。
  • タッチされたら鬼になります。
  • ラインの隙間がなくなったら、前後にラインを新たに作ったりします。

あみなげたは漁師(鬼)が網で魚(参加者)を捕まえることが由来です。

あみなげた

2-6.赤と白・猫ネズミ

ラインを挟んで、同じくらいの人数の参加者が並びます。1メートルくらい離れていましょう。

  • どちらか「猫」もう片方が「ネズミ」チームです。
  • リーダーが「ねーねーねー、ねこ」と言ったらねこがネズミを捕まえます。
  • ネズミは反対の壁に向かって逃げます。
  • 捕まったら相手チームになります。

赤としろは別バージョンです。

リーダーが言ったものが赤いものなら赤チームが追いかける番です。

2-7.条件ダッシュ

定番ゲームです。

四角のコートの片方のはしに参加者がスタンバイしています。

リーダーが言うことに当てはまっていたら反対側の端へ走っていきます。鬼などはいません。

2-8.だるまさん

  1. 鬼が一人、残りは参加者です。
  2. 柱か鬼のポジション、そこからある程度離れたところが参加者の初期位置です。
  3. 参加者は、「はじめのいーっぽ」といって、初期位置から一歩だけ進みます
  4. 鬼は「だるまさんがころんだ」といってる間は柱の方を向き、言い終わったら振り返ります。参加者は鬼が見ている間は動いてはいけません。
  5. 動いた人がいたら鬼のところで待ちます。
  6. 参加者の誰かが鬼に近づいていき、タッチできたら捕まっている人も全員逃げます。
  7. 鬼は5数えてストップといい、一番近い人が次の鬼になります。

バリエーションとして、「だるまさんが寝た」「だるまさんが怒った」などに対応した表情やしぐさをするものがあります。

だるま

2-9.しりとり縄跳び

大縄をしりとりをしながらやるものです。

2-10.新聞紙突破

新聞紙を一枚、両端から二人でピンと張ります。

一人が走ってきて、新聞紙を突破していく遊びです。

新聞紙

2-11.マット引きレース

体操のマットなどに人をのせ、何人で引っ張っていくレースです。

座ってできる
「帰りの会ネタ」
机などでやる遊び
輪や列になって
やる遊び
ネイチャーゲーム
じゃんけん遊び王様取り
鬼ごっこ雨の日の室内
運動遊び
ドッジボールの
アレンジルール20
タスケ(3歩ドッジ)
ソーシャルディスタンス
運動遊び
一人運動遊び
👆️それぞれの記事へジャンプ👆️
いろいろなレクレーション特集
運動遊びやルール遊びの進め方のコツはこちらから

子どもとスライム遊び

クローバーとてんとう虫

このサイトでは子育て情報や子ども心理などのほか、学童クラブ~保育園や小学校の子ども向けのおすすめの遊び/オススメ本をそれぞれ100以上紹介しています



👉️幼児~小学生にオススメ【おもちゃ】👈️


👉️幼児~小学生へオススメ【本】👈️



👉️地域・自治体別の学童クラブなど👈️

クローバー

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事