↓関連検索はこちら↓
当サイトについて

このサイトでは管理者のジャムが、

主に学童クラブや児童館で"20年以上"
主に小学生に関わってきた経験を元に、

子どもに関わる大人へ役立つ情報を発信。

子どもと親が幸せになればいいなという思いをもって運営をしています

ジャムのプロフィールはこちら

ジャム
プロフィール

ドッジボールに似たスポーツ~タスケのルールと進め方

みなさんはタスケという遊びを知っていますか?

簡単に言うと味方がいない全員敵の一人ドッジボールですが、これが子どもに超人気です。

小学生~中学生にも人気です。

導入されているところでは、ドッジボールかタスケかと比べたら、「タスケ」というくらいです。

この記事では基本ルールと進め方、また子どもに浸透させた方がよいルールなどについて書いていきます。

ボール

1.小学生/学童クラブでも人気~タスケのルールと進め方

タスケをする準備

  • ドッジボールで使うようなボールを使います。
  • 当たった人が待つ場所を明確に決めておきます。

準備はこれだけ。

タスケの範囲や人数

テニスコート1~2面分(子どもがボールを投げて端まで届く位の広さ)

人数は5人くらい~多くても30人くらいが適当です。人数が少ないほど狭い範囲でやる方がいいでしょう。

タスケの基本ルール

 
  • はじめの人が打ち上げをし、三回バウンドした時点でボールをとった人から始めます。(取ったら即開始か、時間を置いて開始)
  • ボールを持った人はその場から三歩だけ動いてよい。
  • 誰でもよいので当てる
  • 当たった人はアウトゾーンで待つ
  • 自分を当てた人がアウトになったら復活できる

2.タスケでの追加ルール・よくあるトラブル・進め方のコツ

遊び方を分かっていたり譲り合うことができる集団ならトラブルが起きる頻度は多くなく、またトラブルが起きても自分達でなんとかできることもあります。

しかし子どもなのでその時の気分により大きく態度や行動・言葉も変わるため、楽しいはずの遊びが人との間にしこりを残すこともあります。

トラブルを防いだり、安全に遊ぶためにはルールを整備することと、状況により判断することの両面からのアプローチが必要です。

ボール

子どもだけで学校の休み時間にやっているなら仕方ありませんが、大人がその場にいるなら「遊びを通した子どもの育ち」を支援するなら介入やほんのちょっとの口出しだけでも必要な場面がたくさんあります。

特にルールについては大人が介入できるときに、トラブルが少なくて進行がいちいち止まらないようなやり方を伝えていくことで子どもの中に浸透していきます。

そして子どもだけでやるときにもそのルールが一般ルールとなり、自然とトラブルが少な目のルールで、いちいちプレーが止まらずに十分に遊べるようになります。

ルール

2-1.タスケの追加ルール

追加ルールと、なぜそれらが必要なのか項目別に解説します

 
  1. 始めの打ち上げを省略可
  2. 床と同時キャッチやワンバウンド・かすり、顔面などの扱い
  3. 最後の二人や三人になったらコートを狭くするなど
  4. 同時キャッチの扱い
  5. アウトになった人の動き
  6. 復活したときの扱い
  7. 一人狙いは×
  8. 味方を作るのは×
  9. 当てろなどの言葉は内容によって制限
  10. なるべく近い人を当てていくこと

①始めの打ち上げを省略可

子どもの年齢や動き・人数にもよりますが、始めの打ち上げの時にはボールしか見ないので頭同士の衝突がたびたび起こります。

取ってから即開始のルールでは開始直後にアウトになる子もいるためつまりません。

また時間を置いてやるならわざわざ打ち上げて動きをつける必要がなく、衝突の危険があるだけです。

このような理由から、はじめにボールを持つ人はじゃんけんかなにかで決めて、その子だけ少し離れたところから開始する方法を推奨します。

時間

②床と同時キャッチやワンバウンド・かすり、顔面などの扱い

アウト基準が曖昧だときわどい場合の度にプレーが止まるので楽しくありません。

ワンバウンドはアウトでもセーフでもどちらでもいいので、とにかく子どものなかに浸透するように決めておくことが大切です。

ボール

やる子が一年生が多くてバウンドボールばかりの時は、バウンドしたボールでもとにかく当たったらアウトのルールがいいと思います。

ルールが曖昧なことではトラブルが必ず起こるので、「起こったら考えよう」ではなく、想定外のケース以外ではあらかじめ芽を潰しておくことが必要です。

③最後の二人や三人になったらコートを狭くするなど

進行していくと、強い子がどうしても残ってきます。ですが逃げ延びて最後まで残る子もいます。

最後の二人とか三人になったら待っている子も相当多いため、間延びしないための工夫がいります。

簡単なのは書いたように範囲を狭くすることで、浸透してくれば子どもだけでやるときにも一般ルールとなります。

④同時キャッチの扱い

同時にキャッチした時は、手が上にある方とか、手が触れている面積が広い方とか、またはじゃんけんで決めるなど、これも何でもいいので決めておくのが必要です。本当に頻繁に起こります。

キャッチ

⑤アウトになった人の動き

アウトになった人はアウトゾーンで待つことを徹底しましょう。放っておくと危険でプレーの邪魔ですし、勘違いして当てることでのトラブルも多くなります。

⑥復活したときの扱い

アウトゾーンから出た瞬間にアウトになる残念な子がいます。線などでゾーンを分かりやすくしておき、出たら参加というのを知らせておきましょう。

ボールを持った子が近くにいるのに不用意に復活すて当たるのは仕方ないことで、周りを見る訓練になります。

アウト

⑦ 一人狙いは× ⑧味方を作るのは×

一人だけを執拗に狙うのはトラブルの原因ですし、狙われた子はいじめられているようなものです。プレーを止めてでも阻止しましょう。

味方の作り方は、普段から仲がよいから当てないとかパスをするなど何となくやることが多いですが、よく見ていれば分かります。

きっちり仕切ることが、参加者全員が楽しむためには必要な時もあります、

⑨当てろなどの言葉は内容によって制限

ルール上、自分を当てた子がアウトになれば復活できるので、「◯◯当てろ」など言いたくなる気持ちも分かります。

しかし言っていいことと悪いことはあるので、言わないように指導が要るところです。悪口は言うまでもなくペナルティです。

応援

⑩ なるべく近い人を当てていくこと

味方を作らないでプレーをするに付随して、友達を当てた遠くにいる子をわざわざ狙おうとする行為もよくあることです。

一人狙いにつながるため、分かりやすく「近い人を狙う」ように伝えていきましょう。

それが浸透してくると、アウトになった子が「俺より近い人がいたのに狙わなかった」などの文句がでてきます。

ボールを持ってる子は後ろに近い子がいても分からないので、「向いている方向で近い子を当てていくこと」を伝えていくと、多少分かりやすいです。

それでも「俺より~」の文句を言う子はいますが、仕方のないことです。

文句

2-2.タスケでよくあるトラブルと進め方のコツ

怪我は止める、ボールを預かる

どんな遊びでもそうですが、怪我やトラブルの時にはプレーを止め、ボールを預かりましょう。大人がもう一人いれば分担してもよいでしょう。

一人しかいない状態でトラブル対応をしながらプレーを続行していると、次々に起こってパンクします。

三歩だが厳密ではない

ルール上は三歩ですが厳密にすると頻繁にプレーが止まりつまらなくなります。

子どもから不満がでなければ多少流し、文句がでたらジャッジをするでよいです。

特定の子がいつも何歩も歩くとか、当たった子が文句を言えない一年生などなら多少「歩きすぎ!」ジャッジをした方がよくなります。

怒る

自分を当てた人を忘れた

自分を誰が当てたかは大事なところですが、背中を当てられたり、忘れてしまうこともあります。

「ぼくを当てた人だれー?」と聞いたり、「ここから五人当たったら復活してみて、文句(俺が当てたのに何で復活してるの?)がでたら戻る」ように伝えてみましょう。

勘違いの場合

当たっていると思っていて、その子がボールを持ったからもらいに行こうとした。でも復活直後の子だったから、近づいたら当てられた。

↑こんな勘違いがたまにあります。

  • 「プレーゾーンに入っている子は当たっていない子」として勘違いした子のミスとして判定はアウト。
  • アウトゾーンにきたボールを持って、復活しながらプレーゾーンにきた子のミスとして判定はセーフ。
  • ノーカウントとして続行

ケースバイケースでいずれかの対応をします。

主張があった時にはすでにボールが違う子に渡っていて、その子がヤル気満々とか、数プレー進んでいるという場合も多いです。

双方に理由を伝えてアウトかセーフか、素早く判定を出してあげましょう。

いつまでも復活できない

当てた子が強かったり、人数が多くて自分を当てた子がなかなか当たらず復活できない、よくあるケースです。

座っていてもつまらないので、時間を見て初めからやったり、2節で書くアレンジルールを取り入れてうまく回しましょう。

生き返る

対象を分ける

強い子ばかりだと、本当はやりたいけれど入れない子もいます。

場所がなければ「女の子のみ」とか「低学年だけ」など対象を絞って入れ換えをしながら行ってもよいでしょう。

3.タスケのアレンジルール

参加人数や雰囲気、楽しめるようにうまく回すなどの理由からアレンジルールを取り入れることもあります。いくつか紹介しておきましょう。

生き残りタスケ

復活なしのルールです。ガチでやりたい子がたくさんいるときや、最後の1分や2分でやることもあります。

ただし「やりたい」という子は自分がすぐに当たることは考えていないので、すぐに当たっても諦めきれずに文句を言う子が格段に多くなります。

やるなら判定をきっちりした上で、長くやらないことがコツです。

復活ルールの追加

いつまでも復活できない子を救済するルール。アウトゾーンには当たった順で座ってもらい、五人以上になったら先頭の子から順に復活していきます。

自分を当てた子がアウトになっても復活できます。

順番

二機タスケ

二回まで当たってもいいルール。連続で当たっても無効。

二回目当てられたらアウトライに行き、二回目を当てた子が一度でも当たったらまた二機で復活できます。

三機タスケ

三回まで当たってもいいルール。タスケというよりは別の遊びになります。

誰かゼロになったらおしまいで、初めからになります。

ハンデ五歩

弱い子がたくさん歩いていいルールですが、弱い子=一年生などのため、ボールをもって五歩を数えるのが難しい場面が結構あります。男子VS女子の女子に適用するなどがよいでしょう。

仇(カタキ)

ボールを打ち上げて、誰かが取ったらその時点から他の人はその場から動けなくなるルール。

強い子でも近くから投げられたら当たってしまうので、誰でも優勝する可能性が少し上がると言えます。それでも強い子は強いですが。

カタキのルール

いろいろなドッジボールの記事はこちらです↓

クローバーとてんとう虫

このサイトでは子育て情報や子ども心理などのほか、学童クラブ~保育園や小学校の子ども向けのおすすめの遊び/オススメ本をそれぞれ100以上紹介しています



👉️幼児~小学生にオススメ【おもちゃ】👈️


👉️幼児~小学生へオススメ【本】👈️



👉️地域・自治体別の学童クラブなど👈️

クローバー

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事