↓関連検索はこちら↓
当サイトについて

このサイトでは管理者のジャムが、

主に学童クラブや児童館で"20年以上"
主に小学生に関わってきた経験を元に、

子どもに関わる大人へ役立つ情報を発信。

子どもと親が幸せになればいいなという思いをもって運営をしています

ジャムのプロフィールはこちら

ジャム
プロフィール

学童保育~子ども施設で気になる子の保護者対応

学童クラブなどの子ども施設で働いていると、必ず「気になる子」が出てきます。

他の子がたくさんいて、その比較として行動や発達の程度が気になるようなものです。

こんなときに学童クラブで対応と共に、保護者へ伝えていくことが家庭支援のため必要です。

なぜなら子どもの責任は保護者が負うためです。他にも理由がありますが、一番はこの理由のためです。

始めに言っておくと、この記事の内容はとても高度です。

経験の浅い方には話は分かるかもしれませんが、実践となると厳しいかもしれません。

ですが避けては通れないもので、この記事の内容をやらないというのは、家庭支援を捨てることにも匹敵します。

子どもへの支援効果も半減するでしょう。
そのため時間をかけてでも、「できるようにならないといけない」ものです。

この記事を読むと分かること

  • 子どもの様子が、気になるときにまずやること
  • 伝えるべき要素を分解
  • 様子を伝えてどうするのか?
  • 様子の伝え方

学童クラブ職員向けのOFFJTガチ記事👇️

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事