↓関連検索はこちら↓

子どもの態度が悪いとき学校教師や学童クラブ職員の大人としての対応

職員を叩く、蹴る、「くそばばあ」などの暴言、後ろから急にもので叩く、注意しても逃げる、叱ってもヘラヘラしてる。

こんなのを「態度が悪い子ども」と言うのでしょう。

そして、こんな子どもは学童クラブだと残念ながら少なくない。

一般的な小学生へのイメージ
  • やることはだいたい全部自分でできて、
  • 話を聞くときは静かに聞ける、
  • 返事も「ハイ」、
  • いけないことを注意されたら「ごめんなさい」

学校だと大体こんな感じってのは合ってる。

よいイメージ

学校は担任1人だけど

  • 机もある
  • 勉強を教える場
  • 時間もきっちり
  • 集団がその通りに動く
  • クラスでは同格の子どものみ

様々な環境による管理面が、子どもの態度が悪くなるのをある程度防いでくれます。(ある程度です)

だけど学童クラブだとそんな盾みたいなのは一切ない。学校より大人は多くても、縛りがそこにいる大人の力量のみ。

というところで、一部の子は始めに書いたような態度の悪さ学童クラブで発揮します。

男の子
学校で嫌なことあった!
学童に行ったら暴れよっと

態度が悪くなる原因は様々ですが、子どもの発達や家庭環境にもある。

支援に当たる人はその子の態度が仮に「親や家に原因って分かっていても」、できることをするしかない。

愚痴的に「あの親じゃしょうがない」みたいに言ってもいいけど、言うだけじゃ無責任な口先のみ野次馬と変わらず。

親のしつけがなってない」って親を批判したところで状況は一切変わらずってわけです。

家庭に対しては多くはないけど"やれること"を探ること。子どもには知識と戦術をもって対応するのが仕事です。

態度が悪い子どもへの対応流れ
  1. とりあえず原因はなんだったとしても、行動を直してもらう
  2. 日常での関わり視点を変える
  3. 一般的な子どもの特性について理解する
  4. その子ども特有の悪い態度の原因を知る
  5. 原因を知っての対応

こんな流れで状況好転させる対応方法を探っていきます。

行動か原因どっちを優先するかは判断だけど、行動を直していくといつの間にか原因がなんとかなってる場合もあります。(行動療法的な手法)

原因を素早く取り除けるなら取り除いてあげるのがいいのは当たり前だけど、そこにこだわらなくてもいいってこと。

具体的には3章以降

家族

またその子とどんな出会い方をして、日々他の人とどう関わっているのかにも大きく影響します。

  • ①自分が初めからいたところに、子どもが後から新しく入ってきた場合
  • ②ある程度その場の雰囲気ができているところに自分が新しく入っていく

1番目は初めからポイントを押さえて気を付けていればそう荒れることはない。(ポイントは1章で解説)

特に2番目いきなり雰囲気が悪い場合、さらに自分の経験値が低いと次のような事例に対処できないでしょう。

ジャム
下の事例を見てください

ただ唯一、低学年の女の子1人の接し方に悩んでおります。僕に対して「ウザい」「お前」「はぁ?」は当たり前。注意したら舌打ち、無視。

前に一度言葉遣いにぶち切れて叱ったことがあり、その後延々と僕の陰口をクラブ中に言いふらす等…。目立った悪さはせず、陰口で周りを動かす子です。

そしてその子1人ですごい気を使って、毎回疲れています。

ヤフー知恵袋より引用
落ち着きがない

こんな感じだとしたら、あなたならどうしますか?

ぶちギレて叱ったという書き方は、おそらく"叱ったんじゃなくて怒っただけ"と予測します。

しかも多分この方はアルバイトか新人、いるかいないか指導できる先輩職員も対処できてない。現場としての経験値や方法論が足りないのでしょう

この記事を読むと分かること
  • 子どもの態度を決める大人の態度
  • 大人の態度のポイント
  • 子どもの悪い態度への対応
  • 態度が悪い原因とは?
  • 原因へ直接対応する場合
当サイトについて

このサイトでは管理者のジャムが、

主に学童クラブや児童館で"20年以上"
主に小学生に関わってきた経験を元に、

子どもに関わる大人へ役立つ情報を発信。

子どもと親が幸せになればいいなという思いをもって運営をしています

ジャムのプロフィールはこちら

ジャム
プロフィール

目次【本記事の内容】

【子どもになめられるな】って言う人まだいる?ダメな理由と解決策(記事最後にもリンクを置いています)

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事