↓関連検索はこちら↓

【ガイスター】レビュー~学童クラブで子どもと遊べるオススメボードゲーム

ガイスターってのは一言でいうと、「相手のコマが分からない将棋っぽい1対1のゲーム

相手のコマがわからないから、動きや相手の言ってる言葉などで予想する。そう、ゲームを通して自然に相手の心を読もうとする姿勢が身に付いてきます。

繰り返し繰り返しやっていれば、そのうち日常の中でも相手の心を考える姿勢に結び付いてくるでしょう。

見た目もなんかかわいいので、新し物好きな子どもたちの食いつきもいい。

戦略なんかは大人が教えたら早いので、始めは教えてあげてあとは放っておくと、好きな子どもが他の子どもを誘ってどんどん広がっていきますよ。

ガイスター道中

ボードゲーム ガイスター Geister
ジャンル思考洞察型
オバケ進行ゲーム
人数2人
プレイ時間10分
対象年齢5歳~
おすすめ度⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
価格は変動するから販売サイトでチェックしてくださいね
ガイスターアマゾンレビュー
アマゾンレビュー
当サイトについて

このサイトでは管理者のジャムが、

主に学童クラブや児童館で"20年以上"
主に小学生に関わってきた経験を元に、

子どもに関わる大人へ役立つ情報を発信。

子どもと親が幸せになればいいなという思いをもって運営をしています

ジャムのプロフィールはこちら

ジャム
プロフィール

小学生向けのおもちゃ(楽しさは学童クラブで実証済み)はこちらから👇️👇️

【学童レビュー ガイスター】相手不明の将棋でゴールを目指す子どもボードゲーム

1.ガイスターを学童クラブでプレイした感想レビュー

ガイスター、簡単に言うと相手が分からない将棋みたいなゲーム。

悪いお化けいいお化けがそれぞれ4体いて、相手には配置がどうなっているのか分からない。そんな状況で勝敗条件がいくつかあって、

  • 悪いお化けを全部相手にとらせる
  • 相手のいいお化けを全部とる
  • 自分のいいお化けがゴールにたどり着く


相手のコマがわからないけど、放っておくと相手のいいお化けがゴールしちゃう。

ゴールしちゃうぞ、と思わせて悪いお化けを相手にとらせる。

これは悪いお化けだぞって思わせておいて実はいいお化け、隙を見てゴールへねじ込む。

どれがいいお化けなのか動きから予想して、アタックしてみる。

  • 相手のコマを動きから予想する力
  • ゴールまでの道を設計するイメージ力
  • 相手の予想の裏をかくテクニック
  • 相手の心を読む力

こんなのを駆使しないと勝てない。

ガイスター

低年齢の子どもは相手が一緒に遊んでいても、実は一人で遊んでるのと変わらないみたいな子も多い。

だけど将棋とかオセロみたいな"対局型のボードゲーム"は、一人でやるわけにも行かない。一緒にやってるけど実は一人、みたいな感じにはならないってことです。

相手の心を読むって機会は、実は日常のなかではわざわざ意識しないとやってこない。

学童クラブに来るくらいの子どもなんかは特にそうで、ケンカになったりしてもが"自分、自分"。大人が話をしても「だってこれやりたいんだもん」って主張するのは自分のこと。

そんな子どもたちがガイスターみたいな相手の心理を読む遊びをしてごらんなさい。

ゲームを通して自然に相手の心を読もうとする、

繰り返し繰り返しやっていれば、そのうち日常の中でも相手の心を考える姿勢に結び付いてきます。

脳ミソ

ガイスターが優れているのは見た目がお化けという子どもが大好きなで食いつきやすいテーマ。

やってみるとかなり戦略的だけど、相手の考えていることを予想して、お化けの動きと合わせて予想して、アタックしてみると即座に答えが見える。

人の心を読んでみたその場で答えを確かめられるってゲーム性。

相手の心を読むってのは将棋でもいいけど敷居は高い。

動物将棋ってのがあるけど、これだと結構マンネリ化してくる。といったところで、子どもの好きな目新しさを刺激して、相手の心を読む練習もできるガイスターはオススメです。

ガイスターコマの進め方

学童クラブで遊んでいる姿を見てると、ワイワイしてるところでやるってよりは、友達を誘って回りの子どもが余計なことを言わない環境で静かに楽しむ系のおもちゃ。

将棋やってるとたまに他の子どもが群がってきて、中には余計な口出ししちゃう子もいるけど、だんだん「教えたらダメ」ってのが子どもながらに分かってきます。

でも実は、相手のコマがわからないからブラフを使ってもいい。別にしゃべるのは禁止事項じゃない。

だから一見静かに楽しむ系のおもちゃかと思いきや、話をして相手を騙すってのも面白い要素なので、ブラフをかましていいと知ったペアは、かなり騒がしく遊ぶのもいます

始めこそ大人が先導してある程度の戦略や読むポイントを教えないといけませんが、それも勘のいい子なら一回で終わる。

ガイスターの面白さを知ると、延々とやる子も出たりしますよ。学童クラブとか子どもがたくさんいる場所だと大会なんかもやっていいかもしれませんね。

家族で楽しむのもオススメです。

家族

2.ガイスターの欠点あるけど克服する方法あり

一番の欠点は、コマが1つもなくせないってところ。管理をしっかりしましょう。

中が空洞になってるのが次のネック。

なぜかと言えば子どもだとちょうど指にはまるので、5本指につけて爪みたいにして遊びたくなる気持ちが出てくるから。

だけどそれを許してると簡単にコマがなくなったり、その辺に転がってるのを踏んづけて割れたりするからやめさせましょうね(笑)。

ガイスター指にはめる
指につけて遊ぶは×

踏んづけて割れたり、指につけて遊ぶのは空洞になんか詰めておけば、ある程度防げます。

あとはお化けの赤と青のポッチは色つきの部品が刺さってるだけだから、指にはめて遊んでるととれちゃいます。

アロンアルファで補強しときましょう。

ガイスター中身
中は空洞です

3.ガイスターの他の口コミ

私の感想だけだと片寄っちゃうので、販売サイトのレビューも一部抜粋しますね。

⭐️5
2人用のゲームで子供でもわかる簡単なルールなのに、ルールやゲームの流れが、わかればわかるほど心理戦になり、面白い。

駒も台紙もすごく可愛い。
このゲームの認知度とかは知らないけど、
コリドールくらい定番ゲームとして
扱われてもいいんじゃないかな?と思うほど
個人的には好きなゲーム。

アマゾン

基本的には青コマによる相手の陣地への突破勝利を軸に考えましょう。
無理をして青コマ、赤コマ奪取による勝利条件は副次的な物として、無理して考えないようにしましょう。

もし、相手に突破勝利を譲ってしまっているのであれば、守りが薄い証拠です。
わりとこのゲーム、守りは重要です。左右の出口に2体以上のコマで守りを形成しておくべきです。

(中略)

あとはノリと勢いでなんとかなると思います。

ボドゲーマ
ガイスター 相手にアタック

⭐️5
 面白い
放課後の児童施設で使うおもちゃとして購入しました。 ルールは簡単ですが奥が深く子ども同士の読み合いを間近で見ていて面白いです。 大人も夢中になるおすすめゲームです!
ヤフーショッピング

特に難しい訳じゃなく、小さいこどもでも楽しめますよ。ブラフを使える子どもは、大人でも勝てないくらいの強さです。

最安値検索はこちらから👇️

ボードゲーム ガイスター Geister

長いのでここで休憩
続きはルールや遊び方について
続きを読む👇️

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事