↓関連検索はこちら↓

学童や保育園で打ち合わせの目的に沿った参加のしかた

学童クラブ保育園とか、福祉でもそうだけど会議やミーティングって多いですね。

ジャム
ただその会議たち、

全て意味があって
最大効率で行われてますか?

って問いをすると、おそらく100%がNoと答えるでしょう。

この記事のタイトル見て、わざわざ開いてくれたあなたは、

保育士
ミーティング、いつも長いわ
保育者
いつも何にも決まらないで終わるよね
らくだ
伝達事項しかないし、集まる意味なくね?
パート
意見言ってもトップが決めちゃうから私はいるだけ。。

👆️こんな不満があるかもしれませんね。

だからこの記事では

この記事を読むと分かること
  • 別に司会進行じゃなくて参加者の立場からでも、会議を効率化する方法

参加者の立場からできるなら、司会になってもできます。

会議には二種類あります。

  • 決める会議
  • アイディア出しの会議

その前提になる情報の共有

情報の共有ってのは会議の要素にはあるけど、これだけじゃ会議でもないし集まる意味はあまりない。

この辺りをごちゃ混ぜにして、結局時間をかけたのに結論が出ない。

困った

変な会議になるのは、あえて言うけど司会が下手くそだからです。

参加者もそうだけど、進行する人が下手くそだと集まった時間と、その時間分の職員の給料が無駄になります。

実際に保育園学童クラブだと、子どもをみるのがとってもうまくて経験も積んだ保育士が主任とか園長になるんだけど、会議がうまいかは別の話。

人を集めたのに、集めた意味があんまりないミーティングや会議する人、とても多い。

なぜなら主任になるための能力に、人の意見を引き出すとかまとめる力は入ってるんだけど、そこに効率とかコスパは求められてないから。

残業や持ち帰り仕事してでも、結果的に終わればいいって考えがはびこってる福祉施設はとっても多いと思います。

【働き方と見通しの持ち方】サービス残業は「悪である」学童保育での話

その観点だと会議の司会が下手くそなのは、人の時間を奪う悪行とも言えます。

当サイトについて

このサイトでは管理者のジャムが、

主に学童クラブや児童館で"20年以上"
主に小学生に関わってきた経験を元に、

子どもに関わる大人へ役立つ情報を発信。

子どもと親が幸せになればいいなという思いをもって運営をしています

ジャムのプロフィールはこちら

ジャム
プロフィール

目次【本記事の内容】

働き方、仕事のしかたについての記事たちはこちら👇️

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事