↓関連検索はこちら↓

【バウンスオフ/ロックンロール】レビュー~学童クラブや子どもと遊ぼう

この「バウンスオフ」ってゲーム、
保育園児でも一度でルールが理解可能。

配置が書いてあるカードを引いて
ボールをその形に並べる。

ボールを弾ませて配置するから、
なかなか狙った通りにいかない!

と思いきや
慣れてくると結構狙い通りに行きます。

楽しみながら集中力と力の加減を学べるのが
このゲームの魅力。

学童クラブでやると盛り上がる。
子どもも楽しんでやってますよ。

バウンスオフ ロックンロール超オススメです。理由は本文中で!

バウンスオフ
ジャンルボールバウンド型
戦略配置ゲーム
人数1人~4人
プレイ時間5分~
対象年齢5歳~
おすすめ度⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
価格は変動するから販売サイトでチェックしてくださいね
アマゾンレビューバウンスオフ
アマゾンレビュー
当サイトについて

このサイトでは管理者のジャムが、

主に学童クラブや児童館で"20年以上"
主に小学生に関わってきた経験を元に、

子どもに関わる大人へ役立つ情報を発信。

子どもと親が幸せになればいいなという思いをもって運営をしています

ジャムのプロフィールはこちら

ジャム
プロフィール

小学生向けのおもちゃ(楽しさは学童クラブで実証済み)はこちらから👇️👇️

1.バウンスオフをプレイした感想レビュー
ロックンロールは超オススメ!

この「バウンスオフ」ってゲーム、
配置が書いてあるカードを引いて
ボールを弾ませて、その形を目指す。

ルールが分かっても難しいかなあ、
なかなか狙った通りにいかないんじゃない?

と思いきや、
慣れてくると結構狙い通りに行きます。

うまい子は思い通りにいかないことの方が少ない。

バウンドさせる

コンッってテーブルに1回以上バウンドさせて、
枠に入れる。

練習中は枠に入らなかったりするけど、
枠に入るまで次の人の番にはならない。

安心して練習ができるってもんです。

力任せにやったらボールは絶対に入らない。

小学生はなかなか力の加減を意識してコントロールするってのは難しいけど、

このゲームをやりながらだと、

楽しみながら自然に、「自分の力のコントロール」を無意識に学ぶことができるかもしれませんよ。

バウンド

戦略的にはあまりないけど、
相手の形を邪魔して自分に有利にするとか、

相手の動きは度外視で、
ひたすら自分の形の完成を目指すとか、

性格が現れてくるから楽しいですよ。

初期カードは10枚くらいしかないから、すぐに終わる。

けれどルールが単純だから、
通常のルールに飽きて来た場合の対処法があります。

それは次の2章で

遊び方についてはなんとなくわかったと思いますが、詳しくは4章で解説しますね

姉妹品にミニとロックンロールがあります。

ロックンロールは超オススメ

ロックンロール

盤面の下にゆらゆらするアタッチメントを装着可能。

枠もボールが、傾きによって一部動くようになってる。

バウンスオフロックンロール

ゲームの目的は、
カードに書いてある配置を作るでおなじ。

だけど傾いてボールが動くから、
ちょっぴり戦略が増して、運の要素もプラス。

バランスのアタッチメントを外せば通常版と同じゲーム性。

バウンスオフロックンロール
アタッチメントをつけなければ平面

つまり、ロックンロールは通常版の上位互換ってわけです。

ミニはオススメしない!

それに対してミニはボール数も半分、配置もかなり簡単。しかも全体的にかなり小さい、豆みたい。

写真の人差し指と親指で玉をつまんでるので比べてみると分かります。

幼児向けかもしれないけど、
幼児は弾ませるアクションができないから、
そもそもバウンスオフを遊ぶのが難しい。

しかも通常版をプレーできる人には物足りない。

安かろう悪かろうなので、
オススメはしません。

ミニを始めにプレーして、「バウンスオフ、つまんね」ってなったらもったいないなと思って、

あえて"オススメしない"って書きました

バウンスオフミニ
ミニは簡単すぎる 小さすぎる

2.バウンスオフの欠点あるけど克服する方法あり

玉を弾ませる音が気になる

ピンポン玉に見えるボールは、
卓球の玉より少し固めのバウンスオフ専用。

大きさは同じだから無くしたらピンポン玉で代用できるけど別のはなし。

弾ませるアクションがあるから、
床やテーブルに玉が跳ね返る音が、
気になると言えば気になる。

学童クラブみたいな
える程度うるさい場所なら気にならないけど、
家でやるときは気になるかもしれません。

カードが少ない

始めに入ってる配置が書かれたお題カードがちょっとしかない。

慣れてくると、必ず物足りなくなってくる。

あと、初期カードに書いてあるのは簡単すぎる。

これは簡単に解決できて
適当な配置を書いたカードを自分で作ればいい。

例えばこんなの👇️

元々のルールはカードを取った枚数で勝負だけど、
難しいのは高得点にして、

最終的に取った点数で競うようにすると、
飽きが来ないのでオススメ。

3.バウンスオフの他の口コミ

2019.6 125名に参考にされています

お題カードをクリアするために、青か黄色の球を一回机にバウンドさせてから入れるという、運の要素がたっぷりのゲーム。

先に、お題カードの通りにボールを置けたら勝ち。誰でもがすぐにわかるルールで年少さんから遊べます。

地域振興の中で使いましたが、子どもにも大人にも大人気でした。車いすの方でも座って参加できるので、年配者と子どもなど世代や障害などを越えて一緒に遊ぶことができました。

チーム戦もできます。シンプルなゲームですが、運の要素やはねるボールを取りに行くなど、少し体を動かしたり、声をかけあうのも楽しかったと好評でした。

ボドゲーマ

運要素は慣れてくるとあまりないですね。

お年寄りでも楽しめるってのは分かる気がします。

バウンスオフ収納も美しい

⭐️5
少し物理、とても楽しい。

幼児、小学校低学年、高学年のいる家族で、なるべく大人もガチ勝負できるアナログゲームを集めています。

「ボールは真下に落とすと真上に返って来るよ」などと少しヒントを出しながら楽しんでいます。

至近距離から小さくバウンドさせて一番手前に並べるのが一番簡単なのですが、大人は敢えて奥側に揃えるようにするなどしてしれっと実力差の補正ができます。

とは言え、課題によっては大人も思い通りにいかないので十分楽しめます。

3歳の末っ子にもミラクルショットが出たりして、年の離れた兄弟のいる家族にもオススメのゲームです

アマゾン

バウンスオフロックンロール

⭐️5
2018年3月9日に日本でレビュー済み

知らずに買ったのですが面白い!
YouTubeでは別タイプが話題になった様ですが知らずに正月遊び用に購入。

天秤のように遊べるのが、旧型と大きく違うところ。3マスずつフリーの所があるので、ボールが乗って傾きが変わるとボールも動き戦略も変わる、面白さ。

子供達ハマってます。不思議と得意不得意があるようで、そのうちオリジナルルールで。
ボールは無くなったら不要なところを取って続けられます。

新型ですが旧型と同じ遊び方もできます。
安物の合板テーブルだと跳ねなかったり、曲がって飛んだり。

結構床でするのが、盛り上がりますね。
人のボールを取りに行ったり。協調性なども学べてそうです。

アマゾン
いろんな友達

バウンスオフミニ

⭐️1

えっ!?
思ってたより小さく、ボール数も少ないから今ひとつ盛り上がりに欠けました(o_o)

アマゾン

私もミニを買うのはオススメしません。

通常版がいいけれど、ロックンロールがオススメです。収納も美しい!

長いのでここで休憩
続きはルールや遊び方について
続きを読む👇️

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事