↓関連検索はこちら↓

レシピのレビューややり方・欠点を補って楽しむアレンジルール紹介

いつも食べてる料理の材料カードを集めて
料理を完成させるだけのカードゲーム

なぜか人気。学童クラブでは男の子にも人気。


カレーとかラーメンとか好きなメニューが入ってるから?

食べるの好きだから?

料理ができなくても料理に興味あるから?

理由はさておき、人気なのは間違いない。

一回のプレーは5分。
四人まで遊べる。

詳しいレビューややり方は👇️へ

ジャンル料理完成型
対戦カードゲーム
人数2人~4人
プレイ時間5分
対象年齢4歳~
おすすめ度⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
値段は変動するので、販売サイトで確認してね↓
レシピ:みんなのレシピ カードゲーム
当サイトについて

このサイトでは管理者のジャムが、

主に学童クラブや児童館で"20年以上"
主に小学生に関わってきた経験を元に、

子どもに関わる大人へ役立つ情報を発信。

子どもと親が幸せになればいいなという思いをもって運営をしています

ジャムのプロフィールはこちら

ジャム
プロフィール

1.レシピを学童クラブでプレイした感想レビュー

いつも食べてる料理の材料カードを集めて
料理を完成させるだけのカードゲーム「レシピ」。

なぜか人気。男の子にも人気。

カレーとかラーメンとか好きなメニューが入ってるから?
食べるの好きだから?
料理ができなくても料理に興味あるから?

理由はさておき、人気なのは間違いない。

一回のプレーは5分。
四人まで遊べる。

料理
人気料理のパッケージだけ九種類

👆️1パッケージに含めれてるのは八種類の料理。

これを人には秘密にして作っていく。

必要な材料カードは6種類。

材料カード

手札は6枚だけど、必要な材料を手にいれるたびに
減っていき、

手札1枚で材料もあと一枚で完成するってなったら
「ごはんですよ!」

最後の1枚を自分で山から引くか、
誰かが出したら
「出来上がり!」

ごはんですよ!

人の捨てたカードも見てないといけないから、
集中力や回りに気を配ることも学べるかも。

ドンジャラとか麻雀に通じるものがあります。

作ってる料理は秘密。
だけどやってるうちに

"この材料欲しいってことは、あの料理作ってるんだな"

"じゃあ今私が持ってるこの材料も必要だから、最後まで出さないでおこう。"

山から引くカード順に勝ち負けが決まってくるけど、こんな風にちょっとだけ戦略も使える。

子ども

やってる子達を見てると、
あまり勝ち負けにこだわってる感じもなくて、
負けちゃっても悔しがる様子もなく笑ってる。

すぐに一回が終わるから「もう一回やろう」
って感じで進んでいく平和的な勝負が繰り広げられます。

この辺も「レシピ」の人気の秘密かもしれません。

小さい子にも理解できるルールだけど
学童でも3年生にも人気。

さすがに年齢が上がると選択肢が広がって飽きるけど、

ちょっとの時間に「レシピやろうぜー」みたいに
男の子が友達誘ってよくやってますよ。

友達

2.学童で人気だけどレシピにも欠点~克服できます

欠点を書くための章だけど、
欠点を特に思い付きません。

カードもしっかりしてるから、相当もちます。

まあ一発1つのパッケージに8種類しか料理がない、やってみると少ない感じがします。

少ないから、人の材料から作ってる料理を予想できるけど、少ないから、何回もやってると飽きてくる。

定番料理

それには対策があって、
実はレシピ、いろんなシリーズが出てて混ぜて使える。

パッケージが変わってもカードの裏面の色がすべて同じだから、混ぜても分からない。

混ぜなくても違うパッケージのを遊ぶとまて新鮮。
1つあたりも高くはないのでGood

あえてあげる欠点は一人じゃ楽しめないところかな。

まあゲームはできないけどカードを見て、
この料理はこの材料なんだ~とな楽しもうと思えば一人でも楽しめる。

パッケージに含まれてる料理は決まってるから、
特定の材料からなんの料理を作ってるかバレちゃう。

ラーメン作ってるとき、
「中華めん」使ってるのが見つかったら一発でバレて、メンマを止められてビリになるとか。

まあそこもゲームの醍醐味だから、欠点じゃないし。

キーとなる材料が二個あるとそういう目に遭う。
だけど1プレー5分だから、どんどん進んでいく。

時間が早い

山札の並びで、最後に必要な材料が埋まってたら、
やる前からビリ確定。

それはバラバラにして裏返したカードから
その都度選ぶ形式にすれば解消できる。

でも子どもは最後に埋まってたらビリっていう
運ゲー要素を疑問持たずに受け入れてますね。

これら欠点の克服は5章のアレンジルールへ

レシピ

3.レシピの他の口コミ

販売サイトにあった口コミをいくつか紹介します。

⭐️5

ルールを覚えたら小さな子でも
すぐに出来ます。

人数が少ないなら
縛りを自分達で設けたりすると更に
盛り上がります。

一回が5分とかで
終わるので大人の空いた時間少しでも
子供の相手をしてあげれます。

アマゾンレビュー

⭐️5

4歳児にちょうどよいゲーム

レシピ通りの具材カードを早く集めるゲーム。
子供は引いた具材カードがレシピに載っているか一生懸命確認して一喜一憂している。

具材が全部揃ったときは大喜びをしている。

カードを引いて集めるだけなので幼児でも簡単にできる。

大人はすこし退屈だが祖父母と孫で楽しめるゲーム

アマゾンレビュー

小さい子に~みたいな口コミが多いけど、
学童クラブでも人気ですよ

⭐️2

人数が決められていて(4名まで)、元になる完成レシピが5種類しかないために、誰が何のレシピを作っているかが分かってしまい、面白くなかったです。

アマゾン

↑5種類のパッケージあるのかな?

4人までのやる人数増やしたいなら
違うパッケージを混ぜて遊ぼう!

知らなかったんですが、2014年の日本ボードゲーム大賞、国産の2位を受賞した作品です。

これを聞いたら、手に入れない訳にはいかん!

というわけで、続編の和食編と一緒に注文。
早速、知人を集めてプレイ。

ゲームとしてはとっても簡単。

カードを引いて、指定されているメニューの食材を6種類集める。

ただそれだけ。

欲しい食材は、自分でカードを引き当ててもいいが、他人が捨てたカードを拾ってもいい。

だから、他の人が何を作っているのか?
何を捨てたのか?
しっかり見てないと勝てません。

捨てたカードを「レシピ!」て宣言して奪い取るのが、とても楽しい。

(何となくマージャンやってる感覚に近いです。)


殺伐としないし、
慣れないうちでも、わかりやすいメニューばかりだから、食材の判断もわかりやすい。


重いゲームの合間の息抜きに、オススメです。
(これメインは…ちと軽すぎる、笑)

ちなみに、我々は和食編も一緒に混ぜて、6人でもやりましたが、何の問題もありませんでしたよ。

(^o^)/
だだ、カード混ぜると、後で見分け難いですが…。

ボドゲーマ

今出ているシリーズは

  • 定番料理
  • 人気料理
  • 世界料理
  • 和食
  • スイーツ
  • 北海道料理
  • ハワイ料理
  • 金沢料理
アマゾンレビュー
レシピ:みんなのレシピ カードゲーム

小学生向けのおもちゃ(楽しさは学童クラブで実証済み)はこちらから👇️👇️

長いのでここで休憩
続きはルールや遊び方について
続きを読む👇️

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事