↓関連検索はこちら↓

【虹色のヘビ】レビュー~学童クラブや子どもと遊べるオススメカードゲーム

虹色のヘビは色を合わせてヘビをつないでいくだけのカードゲーム

一応対戦ゲームだけど、学童クラブなどの子どもを見てると本来の遊び方はあんまりしないです。

どんな楽しみかたをしてるか、本文で紹介していきますね

虹色のヘビ
虹色のヘビ (レインボースネーク) 【Amigo (アミーゴ)】
ジャンルヘビ完成型
色合わせカードゲーム
人数1人~
プレイ時間5分~
対象年齢2歳~
おすすめ度⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
当サイトについて

このサイトでは管理者のジャムが、

主に学童クラブや児童館で"20年以上"
主に小学生に関わってきた経験を元に、

子どもに関わる大人へ役立つ情報を発信。

子どもと親が幸せになればいいなという思いをもって運営をしています

ジャムのプロフィールはこちら

ジャム
プロフィール

小学生向けのおもちゃ(楽しさは学童クラブで実証済み)はこちらから👇️👇️

1.虹色のヘビを学童クラブでプレイした感想レビュー

虹色のヘビは色を合わせてヘビをつないでいくだけのカードゲーム。

一応対戦ゲームだけど、子どもを見てると本来の遊び方はあんまりしないです。

でも全くルール無視かと思うとそうでもない。

最低限のルールとして、色は合わせてつなげています。

それでカードを始めから全部表にして、
選んでつなげていって、

  • 胴体だけのヘビ
  • 顔と尻尾が直接連結されたヘビ
  • ひたすら長いヘビ
  • 尻尾のない両端が顔のヘビ
  • そうかとおもうと両端が尻尾だけの顔なしヘビ
  • 全てのカードを繋げようと挑戦したり
長いヘビ

いろいろ作っては、
「なんだこれー」
「気持ちわるーい」

みたいな楽しみかたが主流です。

ちゃんとしたルール教えると一応やるけど一回くらい。(私がやるのが学童クラブだからかも。)

やっぱり元の楽しみかたに戻っちゃいます。

一応本来の楽しみかたをすると
どんな感じか書いておくと、

どんどんパーツの繋がったヘビを作っていって、
タイミングよくカードを引いて一匹完成させると
そのヘビが丸々一匹もらえる。

ヘビを作ってたカード枚数が自分の得点になる。

すごく長いヘビが「あと一枚で完成!」
虹色のオールマイティーカードが引きどころ。
引ければ完成。

レインボーカード

そう、運ゲーです。
戦略の余地なし!

途中で繋ぎ変えたりできるから、
多少は気付きのゲームでもあります。

たぶん単純すぎるから小さい子どもにはいいけど、
学童クラブだと、つなげて遊ぶみたいな形になる。
それも楽しそうですよ。

時間もかからないけど、
遊ぼうと思えば時間も少し長くとれる。

自由に楽しめるのが「虹色のヘビ」の魅力だと思います。

ヘビ

2.虹色のヘビの欠点はあまりなし

カードもしっかりしてます。
でも保護したいならスリーブに入れてもいい。

本来のルールが「飽きのくる」ルールだけど、
それぞれの楽しみかたができるから
たいして欠点でもないでしょう。

何枚かなくなってもプレーに支障はありません。

あえて言うと、頭と尻尾がちょっとしか入ってない。

2セットくらいあるといいかもしれません。

どうなしヘビ

3.虹色のヘビの他の口コミ

私の感想ばっかりでもよく分からないと思うので、アマゾンなどの販売サイトのレビューを紹介しときます。

おすすめレベル:★★★★★

わが家に届いてからは年中さんと2歳10ヶ月の姉弟は、毎日のように楽しんでいます。

私も時々参加してますが、長~く繋がったヘビほど、子供たちがGETしていく感じで親も夢中になったり、悔しがって熱くなったり、我を忘れてしまう面白さがあるゲームです☆

quartett
https://www.quartett.jp/products/455.html

おすすめレベル:★★★★★

友人の子どもと娘に購入しました。

2歳の娘はルールはまだよくわかっていないようですが、カードをめくるだけなので、娘にもでき、ヘビが完成すると大喜び。

誰が完成させても「やったー」と満足げです。

quartett
https://www.quartett.jp/products/455.html
顔なしヘビ

おすすめレベル:★★★★★

完全に“運”に左右されるゲームなので、4歳の息子が大勝したり、親が大勝したり。

子供が負けっぱなしということがないので、キレて号泣されることもなく、とても良いカードゲームだと思います。

息子も気に入ったようで、良い買い物でした♪

quartett
https://www.quartett.jp/products/455.html

⭐️⭐️

小さな子でも遊べる点は良いです。

ですが、多分楽しめるのはせいぜい低学年までかな。

シンプル≠浅いとは一概には言えないけど、これのゲーム性は本当に浅いです。

運がすべてだし、ルールは捻りがありません。

できたのが長いヘビでも短いヘビでも結局カードの枚数だけで勝敗が決まるとことか(枚数が同じときだけ長さが勝敗に影響します)。

頭としっぽが多くないので中途半端でゲームが終わってしまうことが多いのも微妙。中学年以上には退屈でしょう。

ルールをアレンジすればもう少し楽しめるかもしれません。

とはいえ、他の方のレビューにも多く書かれているように、幼い子どもがまずアナログゲームに親しむには良いかとは思います。そこ

を理解して買うのならアリですね。

アマゾン

1セットも50枚入ってるからけっこうなボリューム。
だけど2セットあるとかなり長いヘビができる。

値段も安いから、何セットか買って、
部屋一杯のヘビを作ってみたい

と思うのは子どもだけ!?

値段は変動するから、販売サイトで確認してね👇️

虹色のヘビ (レインボースネーク) 【Amigo (アミーゴ)】
アマゾンレビュー
アマゾンレビュー

小学生向けのおもちゃ(楽しさは学童クラブで実証済み)はこちらから👇️👇️

長いのでここで休憩
続きはルールや遊び方について
続きを読む👇️

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事