他の子を叩くなど暴力的な子(主に6歳~7歳くらいの小学生)への対応

片付けましょう」、「外遊びはおしまいだから部屋に入りましょう」こんな切り替えが必要な場面に

男の子
うるさいっ、くそばばあ!

いけないことをしているのを注意しようと引っ張ると超抵抗して大人を叩く、その辺の物をぶちまける
こんな感じで大人への攻撃暴力があったり。

ーーー

人の使ってるおもちゃを知らずに使っちゃって「返して!」相手の子が手を伸ばすと

男の子
今使ってる!

って言いながら叩く、顔を押す。

ーーー

ケンカをしてる子どもたちの中に関係ないのに首を突っ込んできて、自分の正義感で急に叩く

チーム遊びでミスした子を罵倒する。それが原因で負けようものなら叩く蹴る

じゃれ合いからたまたま相手の子どもの手が顔に当たったのを、力強く振り払って相手の顔を殴る

こんな感じの子ども同士で友達を叩く、の子をぶったり噛んだり押したり、罵倒したり。

大暴れ

人の持つ攻撃性は、ある程度は本能の働きによるもの。

だけど人間は同時に理性も育つので、いつまでも攻撃性を表してると、同年代の中でも子どもは浮いてきます。

家庭では暴力的な子どもの親として相手の家庭への謝罪も増える。

小学校学童クラブなんかのたくさん子どもがいる場所だと全体の雰囲気にも関わる。

その子自身もだんだん相手にされなくなってくる。

こんな感じの暴力的な子どもへの対応について、私の長年の学童クラブの中で出会った子達の事例も交えて書いていきますね。

「なぜうちの子はすぐに手が出てしまうのか?」
「どこから暴力を学んできたのか?」と悩み、現場では「叩いちゃダメ」と叱責するものの、一向に変わる気配なし……。

allaboutより引用
この記事を読むと分かること
  • そもそも人の持つ攻撃性とはなにか?
  • 暴力的になってしまう原因
  • 人を攻撃せざるを得ないその子の理由
  • 大人としての対応ダメな関わり方
  • 暴力行動を直接なくすアプローチ
  • 暴力的になる原因へのアプローチ
当サイトについて

はじめましてジャムと言います。

もともと私は東京大学の大学院で
理系の研究
をしていたんですが、
子ども達との出会いにより、
全く畑違いの保育業界へ転身を決意。

以来20年以上
主に学童クラブで小学生と関わり、
様々なことを学んできました。

そこで得たものを使い、
保育士はじめ保護者の方々、
子どもに関わる大人の

  • 疑問
  • 不安
  • 分からない

を解決することでアナタが幸せになり
子どもに良いものが伝わることを願い
このブログを運営しています。

私は今までの経験を元に現在独立し、
中部地方にて
主に執筆活動を行っています。

家ではまだ小さい、2人の娘を育ててます
とっても安定してますよ(笑)

ツイッターやってます(@jamgakudo)

インスタグラム(@jamgakudo)

ジャムのプロフィールはこちら

ジャム
プロフィール

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事