↓関連検索はこちら↓

東京都の区による学童クラブの大きな違い

この記事では東京都23区学童クラブ放課後子ども教室について、区ごとのそれぞれの特徴について比較していきますね。

学童クラブって区をまたぐだけで、全く違う方針で運営されちゃってる。

川を渡っただけなのに、

保護者
学童クラブこっちは月5000円で、
川向こうはタダだってよ。

こんなにも違うの!?

なんてことはざらにあります。

指ネコ
もっとなんとかならないかにゃ
ジャム
そうですね。。

学童クラブの育成料1つとっても、月10000円から無料までの幅があったり。

まあ他の自治体に比べて安いって言っても、違いがあるのは気になっちゃいますよね~。

定員が毎年いっぱいの区もあれば、全て受け入れてうまくやってる区もあったり、なかったり(あります(笑))

こんな比較を見てみることで、
タダだから向こうの区に引っ越そ

なんてならないと思うけど、考える材料にしてもらえたらいいなって思います。

この記事を読むと分かること
  • 東京23区の学童クラブの違い
  • 放課後子ども教室の整備状況の違い
  • 育成料が無料な区は?
  • 高学年申し込みOKな区は?
  • 育成時間ってだいたいどんな感じ?
当サイトについて

はじめましてジャムと言います。

もともと私は東京大学の大学院で
理系の研究
をしていたんですが、
子ども達との出会いにより、
全く畑違いの保育業界へ転身を決意。

以来20年以上
主に学童クラブで小学生と関わり、
様々なことを学んできました。

そこで得たものを使い、
保育士はじめ保護者の方々、
子どもに関わる大人の

  • 疑問
  • 不安
  • 分からない

を解決することでアナタが幸せになり
子どもに良いものが伝わることを願い
このブログを運営しています。

私は今までの経験を元に現在独立し、
中部地方にて
主に執筆活動を行っています。

家ではまだ小さい、2人の娘を育ててます
とっても安定してますよ(笑)

ツイッターやってます(@jamgakudo)

インスタグラム(@jamgakudo)

ジャムのプロフィールはこちら

ジャム
プロフィール

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事