1.子どもの主張の食い違いがあっても価値観の押し付けは ×

1-1.解決に向けては中立を保つ

食い違ってたらの話の前の前提を書いておくと、
学童クラブみたいな公的な施設じゃ、対応する職員の個人的な職員の価値観や思い込みは押し付けられないってこと。

暴力はいけません」みたいな社会一般で通じるとのは大丈夫だけど、そこまでにしときましょう。

いくら普段から嘘つく子を疑ってても、「あんたがやったんでしょ、普段の行いが悪いから」相手の年齢と、発言の狙いにもよるけど基本的にはNG。

学童クラブくらいの年齢だと、その場かぎりの対応の連続みたいな感じ。この前のトラブルの話は持ち出さない。

そう、普段の様子からその子に持ってる印象(←これも職員の価値観)から判断してもよくないんです。

子どもの叱り方

こいつ、いつも嘘つくから怪しいな

一方で「こっちの子はいつも素直だから、多分この子の言ってることが本当なんだろうな

って思っても、平等に話は聞いていくわけ。

嘘をいつもつく子にどう対応するかは別の話。

  • チャンスを待って言い逃れできない時に一気にやるか、
  • 普段から価値観を教育していくとか、
  • トラブルが終わった後に細かい嘘が発覚した時に残して話して"信用"について理解できる話をするとか。

話を聞く段階でもそうだけど、解決方法も"ケンカのあとは謝って終わるべき"みたいな間違った認識や価値観もよくありませんね。

怒られる子ども

1-2.トラブル解決の時に役立つ常識ってなにか視点

さっき"社会で通じるような常識的なのならOK"って書いたけど、ここで出てくるのが"常識ってなんだ?"問題。

学童クラブや小学校でも、外部からほぼ隔離されたような閉鎖的なところ。

しかも自分が上の立場で、子どもとか周りがある程度動かせるような環境で働いてると、次第に世間の常識から外れてくる感覚。

私も経験が浅い頃は危ない時期があって、研修や同僚の話とかで引き戻してもらったけど、気づかない人もいるってこと。

仕事場の環境次第だけど、注意できる人もいない立場の人は、よほど自制が必要。

  • 子どもが相手を叩いても"子どもだからいいか"
  • 転んで怪我しても"このくらいなら大丈夫か"


"このくらいなら"の基準がだんだん甘くなってくる。いわゆる慣れ。

だから「なにが常識なのか」はいつも研ぎ澄ましておく必要があるわけです。

教えるために

保護者の多くは普通の会社勤めだから、だいたいは社会の常識で生きてます。

たまにしか怪我をしない子どもの親なら"怪我は重大"

一方でいくらでもいる子どもの日常的な怪我で慣れちゃってると「このくらいならいいかな」みたいなズレのこと。

保護者側の価値観の多様化もあります。

特に学童クラブとしてではなくて職員個人の価値観を押し付けると、保護者との関係にも支障が出てくる。

学童クラブには文句はないけど、あの職員はあてにならないとか。

そうなると子どもへの支援力は半減、保護者の信用も失う、同じことを言っても"私だけ取り合ってもらえない"なんてのは避けなきゃいけないわけです。

悩む

2.勘違いの可能性~子どもの主張が何で食い違うのか1

子どもの意見が食い違ってる原因は、年齢が低いほど勘違いが多い。

遊ぶ約束した」って言ってる子がいて、相手の子に聞くと「聞いてないよ

約束したって子に「返事あった?」って聞いてみると「なかった

指ネコ
約束になってないよ。

相手の状況を正確に判断する力はこどもは弱いから、どうしても自分が見ている世界だけで判断する。


もうひとつ分かりやすい例

泣いてる子に聞くと

女の子
急に◯君がぶってきた
◯君
バカにされたから嫌な気分がしてぶったんだ
女の子
バカにしてないよ

食い違い発生!

バカにされたって、何されたの?何て言われた?

なんにも言ってないけど、こっち見て笑ってきた

「何で笑ってたの?」

女の子
友達と話してて面白かったから

バカにした?

女の子
そんなつもりない

こんな感じですね。


大人として、子どもだけじゃすり合わせができない部分を推測して助けてあげることです。

バカにされる子の記事

3.嘘の可能性~子どもの主張が何で食い違うのか2

食い違いの二つ目の理由は、積極的に嘘をついてる場合。

勘違いも結果的にうそになるけど、こっちは分かっててつく嘘のこと。

男の子
1メートルの距離でこっちを見ながら"バカ"って言った
◯君
言ってないし、近寄ってもいない

はっきりした行動ほど、本来なら食い違いようもない。

勘違いしてたレベルじゃないものは、"どっちがウソ言ってるな"ってなりますね。

嘘をつくのはいくつか理由があって

  • 怒られたくない
  • 構ってほしい
  • 癖みたいになにも考えない反射的ウソ

2人しかいなくてどちらか1人だけが嘘をついてる場合は、当人にはどっちが嘘つきか分かってる。

だからほんとの事を言ってる子は居たたまれないけど、聞いてる大人からはどっちが本当の事を言ってるか分からない。

大人からしたら分からないから、いつもウソついちゃう子が片方だったとしても、まっさらな清々しい心で「私には分からない」としておきましょう。

ウソがばれた

嘘を見抜くには他に見てた子がいないか、探します。

それがない場合は一人ずつ別にしてのカマかけや、嘘をつくことで受ける不利益などで説得してみるのもいいでしょう。

聞く人が何人かいるなら人を変えるのも手です。


巧妙に嘘をつくと3年生くらいだと見抜けない。
見ている人がいない限りストーリー化してしまう子も出てきます。

まだ分かりやすい2年生くらいまでにうそはいけない、というより素直さが良いことと教えていくのがいい。

どうでもいい意味のないうそまで癖になっちゃう前に、繰り返し教えていくこと。

ちなみに"ウソはいけない"ってより、"正直なのはいいことだ"って教える方が効果的です。

詳しくはこっちの記事で👇️

嘘をつく子どもの心理

4.子どもの話が食い違いがあっても関係ない要素

細かい解決の流れまでで、一番大事なのは状況把握。

これやらないと「いったい私はなんの話をしてるんだろう」道に迷っちゃいます。当然子どもに話す内容も要領を得ない。

さて、食い違いがあった時はなるべく明らかにした方がいいんだけど、それを知ったからといって大局に差がない場合はそのままでもいい

どっちが先に言ったとか、あんまり関係ない。

そこにこだわって、結局分からなかったなら時間の無駄。

悪口の言いあいからケンカになった場合、両方とも悪口言い合ってるなら「原因はどうあれ、両方とも行動としてはよくない」ですね。

嘘つき

話し合った結果でも子ども同士で解決できない場合は、大人として教えるべき事を教えてあげておしまいにします。

察しのいいあなたなら気づいたかもしれないけど、
章のタイトルの「食い違いがあっても関係ない要素」とは、

"大人として教えるべきこと"。

細かい相違はそのままにしておいて、大まかな状況を確認して、それぞれのとった行動の悪い面を伝えておしまいです。

恥ずかしい

5.保護者にどう伝えるのか~食い違い残したままのトラブル対応事後

食い違いが残ったままでは、仕方ないので取り繕わずにそのまま伝えましょう。

「詳しく聞き取りましたが、~の点では食い違いがありはっきりしませんでした。」

そこが分からないと解決不可能でも、分からないことは分からない。

苦労して時間をかけたけどそれでも分からなかった、みたいに取り組んだことをちゃんとアピールして、

家でも聞いてください」って頼むのもいいでしょう。

アピールは大事で、やらないと"頼りにならないな"みたいになっちゃうからね。

それとは別に、解決のために話をしたこと、指導したことなどをちゃんと伝えれば、些細なことの食い違いは問題にはならないと思います。

分からない

6.学童クラブでのトラブル対応の一般的手順

学童クラブのトラブル対応の基本を書くけど、記録とか一部の項目以外は子どものトラブル全般に共通します。

6-1.子どもの興奮を収めて話ができる状態にする

興奮している子はまず落ち着かせ、話が聞ける状態まで持って行きます。

持って行き方は一概に方法はないため工夫しましょう。

極論から言えば子ども個人個人で、どうやったら落ち着いてくるのか傾向がありますね。

よく暴れる子については"この子が暴れたらこうする"っていうのを普段から考えておきましょう。

一般的には

・怒りの向いている矛先の相手を視界から消し、可能なら声も聞こえない状態を確保する

・本人の主張を聞き、繰り返し状況を確認していくことで本人が状況を把握して落ち着いてくる

・体を包むように押さえ、本人の感情を認めるような声かけをし、徐々に「さっきより少し落ち着いてきたね」等の声替えを混ぜていくことで徐々に落ち着いてくる~心理的抱き抱え

暴れる子どもを押さえる

・怒りながら笑う等が出来ないため、違った感覚が主導になる様にしてみる。体を使って相撲などを職員相手で行うなどで発散するような方法です。

※でも笑うからと言ってくすぐったりしたら逆効果ですよ。

・より幼い場合や甘えが強い子は抱っこで落ち着くことも多いです。

・わがままを連発している様な場合はわざときつめに怒って見せて驚かすことも有効です。

※その子がいる家庭や日常の状況によっては気を付けないとダメ。

・危機管理マニュアル的に言うと、他の人がいない別室に入る時は複数職員で入りましょう

※「個室でぶたれた」みたいなのを子どもが主張したら危険だからね

寝る子

6-2.トラブルの状況把握

落ち着かせた次は、状況を確認していきます。

場合によっては、落ち着かせるのと状況確認を平行してやります。起こったことを説明すると、感情も吐き出して落ち着いてくるから。

状況確認は基本的に座らせて一人ずつ行うのが早い。1人ずつ聞いた後に集めて行うのがやりやすいですよ。

はじめからまとめてやってもいいけど、子ども次第ですね。
状況を整理している段階で言い合いが始まるようならうまく治めながらやるか、難しいなら一人ずつ離して聞き取りをしていきましょう。

以下に確認する項目について列挙↓

確認しておくこと

・見ていた子、近くにいた職員はいないか
・実際の場所、位置どり。
・時間の流れ。(昔のことを言い出す子は気を付けましょう。)
・手出しがあったのか、怪我はあるか
・うそをついている可能性
・どうしてそういった行動に出たのか

1人ずつ別で聞き取りを行った場合は、状況の認識がお互いに矛盾がないのか確認します。
矛盾があった場合はすり合わせをします。

2章3章

走る

6-3.トラブルの解決に向けての話をします

状況が確認できた後は、どうやって解決していくのか。本人たちが納得できる手助けをする感じです

・常識的に考えて指導や教育が必要な場合には、大人として話をしましょう。

・謝る謝らないは本人たちの自由です。「謝った方がいいんじゃない?」くらいは言ってもいい。

低学年ほど素直に謝ることが多いです。どうしてもいけないことについては教育的な視点で「謝らせる」といった対応も必要となる場合があります。

「強制的に謝らせる」といった対応は普通取りません。上からの裁きになり、学ぶと言うより従うに近いから。

でも場合によっては必要になるから、意図をもって謝らせるかを考えます

・いけないことについてはしっかりと叱ります。

うまい叱りかたの記事

謝る・謝らないについて

謝る謝らないは喧嘩の解決としては分かりやすい。

「お互いに謝りました」と伝えると、たいていの保護者は子ども同士で納得したのなら、と理解してくれます。

自主的に謝らなかった場合でも、「よくなかったことがお互いにあり、それについては職員から指導しました」でもたいていの保護者は納得してくれます。

・本人が自主的に謝ると言った場合は、出来れば見届けましょう。

いい加減に謝ってかえって相手が怒るような場合には指導を入れてしっかりと謝るように話をします。

・時間が必要なら相手の子にも状況を説明し、後で謝りに来るかもなど伝えておきましょう

・謝ってもらって、許す許さないもその子の自由です。時間がかかるのも想定内のことです

困ってる

6-4.トラブルの記録、連絡、相談

解決したら記録・報告と保護者に伝えるかどうかの相談、伝えるとしたら伝え方の相談を行います

・「事実と取った対応」を正確に記録します。半年後に読み返してみて分かるように書こう。

・怪我があった場合は必ず双方に伝えます。連絡帳に記載した上で、電話連絡を入れるかはチームで相談しましょう。

※連絡帳に全く記載しないと、電話が不通だった場合に何日も伝えられないことになるため、簡単にでも連絡帳には記入しておきましょう。

学童クラブでの連絡帳活用の記事

・事実が把握できていれば事実と取った対応を伝える。同じことを伝えても家庭によって要望が強いなどがあるため、そういった家庭はよく相談の上伝えていきましょう。

・事実が一部把握できない(双方の主張が食い違っている等)では、食い違いがある事を伝えます。

適当な事を話すとそこに突っ込みを入れてくる家庭や、普段は温厚でも自分の子どものこととなると心配のあまり激昂するとか。

普段と違う様子になるのは保護者としては当然なので、"この保護者なら大丈夫"と油断せず見くびらず、誠実に対応していきましょう。

いい子

7.食い違いのあるトラブル解決法まとめ

食い違いがある場合

両方を考えて、なるべく明らかにしていく。

明らかにしていく方法は
  • 推測をもとに勘違いをすり合わせ
  • 見てた人を探す
  • ウソを見抜くことや説得

最終的に食い違いがそのままなら

  • 大局に関わらないなら、教えることを教えてそのまま
  • 保護者へは繕わないでそのまま伝える
  • 保護者へも協力の要請

子ども対応については所詮人と人との調整です。どう対応していくかは個人の技量と普段の関わりによります。

またどうやったら子どもと信頼関係をつくっていけるかは普段から考えていく必要があります。

普段遊び相手にならなくても本当に困った時に一度助けになればそれだけでも人によっては良いこともあるでしょう。

ウソや勘違いも、度重なると友達関係に影響してきます。

自分でなんとかできるようになるため、子どもに何を伝えるのか、この本から具体的に学べますよ👇️

目次へ

文中で紹介したリンク👇️

クローバーとてんとう虫

学童クラブ支援員や保育士など、保育者の方向けプレゼント配布中↓

プレゼント

このサイトでは子育て情報や子ども心理などのほか、学童クラブ~保育園や小学校の子ども向けのおすすめの遊び/オススメ本をそれぞれ100以上紹介しています



👉️幼児~小学生にオススメ【おもちゃ】👈️


👉️幼児~小学生へオススメ【本】👈️


見やすい記事一覧です


👉️地域・自治体別の学童クラブなど👈️

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事