↓関連検索はこちら↓

子どもの運動苦手意識をなくして動くのが好きになるには

学童クラブだと保護者と子どものことで、定期的に面談とかするんですよ。

そのなかで多い相談ってなんだと思います?

トップは勉強とか宿題のことで、これは固定。

発達に課題があったりする子は、友達関係とか、今後の見通しなんかになるけど、やっぱり勉強のことは親にとって心配事のひとつ。

そしてその次くらいに来るのが

「うちの子、運動しないんですよ。
ほんとはさせたいんだけどね~ハハハ」

ってもの。

サッカーボール

我が子の性格や好き嫌いなんかを親は分かってるから、半ば諦めた感じで笑いながら話が出てくるんですよ。

ついでに「最近太ってきちゃって・・
みたいなことも。

ーーーーー

運動してほしいってのは、親としては「健康に育ってほしい」ってのと似たような願い。

私も人の親だからよく分かりますよ。
かけっことかで我が子が速いとうれしいでしょう。

でも親の思いとは裏腹に、本人が本読んだり、レゴとかの室内でやる"こじんまりした遊び"が好きだと、なかなか運動させるきっかけがつかめない

「外遊びに行ってきな」って言っても1日家にいる。

どうしようもない・・

高学年になったら引きこもりになるんじゃ。。
なんて心配する親も実際にいます。

学童クラブとかで子どもを預かってる側としても、

運動遊びっていろんな子と関われるチャンスだから、なるべく参加してほしいところなんです。

この記事を読むと分かること

"動かない不動の子"をどうしたら運動好きに。いや、そこまでいかずとも、
運動に苦手意識がないようにどうしたらいいのか?

スポーツじゃだめな理由

当サイトについて

このサイトでは管理者のジャムが、

主に学童クラブや児童館で"20年以上"
主に小学生に関わってきた経験を元に、

子どもに関わる大人へ役立つ情報を発信。

子どもと親が幸せになればいいなという思いをもって運営をしています

ジャムのプロフィールはこちら

ジャム
プロフィール
座ってできる
「帰りの会ネタ」
机などでやる遊び
輪や列になって
やる遊び
ネイチャーゲーム
じゃんけん遊び王様取り
鬼ごっこ雨の日の室内
運動遊び
ドッジボールの
アレンジルール20
タスケ(3歩ドッジ)
ソーシャルディスタンス
運動遊び
一人運動遊び
👆️それぞれの記事へジャンプ👆️
いろいろなレクレーション特集
運動遊びやルール遊びの進め方のコツはこちらから

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事