1.セラピーの成り立ちと特徴

名前だけ◯◯セラピーというと、いろんなものが含まれているので、この記事では二つに分けます。

セラピーの分類

①言葉が主な心理的なもの

②触れあったり匂いを嗅いだり・食べたり、気功などエネルギー系など、とにかく言葉以外のもの

②については単に体に心地のよい感覚を与えて気持ちよくなったり落ち着くことでストレスを軽減したり、発散するものなので、特に書くことはありません。

そのためこの記事では①の言葉を使う心理系のセラピーについて扱います。

カラーボトル

1-1.セラピーの効果には、だいたい統計的なデータはない

このサイトでは仕事でのストレスの軽減や、悩みなどを解消するツールとして一部セラピーの具体的なやり方を紹介しています。

私も心理学・ストレス対策などのために一時期そういったものを勉強し、いろいろな方にセラピーをしました。

二種類のカラーセラピー講師資格(大人にカラーセラピー資格を認定をできるような資格)までとり、それに付随してオーラやアロマ、アートセラピーなど勉強しました。

民間資格についてはこちらから

その中で分かったことは、これらのセラピーは
【作った人勝ち・解釈の体系を考えた人勝ち】という点。

カラーセラピー

カラーセラピーでは、例えば「赤」は怒りとか情熱などの意味を持つとされています。

作った人が勝手に言い出しただけで、そんなことはありません。

赤を見ると血や炎を連想して、そう思う人が多い」といった傾向をとらえているだけです。


  • カラーセラピーは目からの情報、
  • アロマテラピーは匂い、
  • 音楽は耳から、
  • 占いは思考

領域としてこんなのを扱っています。

人は外からの情報で行動を変えたり、考え方を変えます。

しかし作った人が「経験的にそう感じる人が多そうだ、という傾向をとらえただけ」で、意味のないものに意味をつけただけなんです。

中には実験をしたり、統計的なデータをセラピーを繰り返すなかで取ったりと、科学的な検証をしている物もあるかもしれません。

歴史が長いものはそうでしょうか。

しかしほとんどは経験的なものが積み重なった、なぜそうなるのかは後付けのそれっぽい理屈をつけただけの、実はなんとなくのものなのです。

数秘術などはその際たるもの。

4を嫌うのは日本人なら「死ぬ」を連想する人が多いからそういう解釈をつけてるだけ。本来はただの数字ですね。

それで何かが起きたとしたら、

らくだ
来るぞ

構えてるから、たまたま起きたことを印象深くとらえただけ

星とか

1-2.セラピーの材料は何でもいい

ぶっちゃけ、スピリチュアルのようにないものをあると言っても、「非日常を演出できればなんでもよい」のです。

非日常を演出するために、必要以上に有り難がったり、希少価値があるように見せることもあります。

要はそこにもっともらしい意味を、始めにつけた人の勝ちです。

石セラピー。

落ちてる石を拾ってください。始めに拾った石が、あなたの無意識を表しています。

👆️なんでもいいでしょ(笑)

今思い付いたやつです。

スピリチュアルやオーラなどを「ある」と認識している人も一定数います。

人が外界を認識するのは目から入った光信号を脳で情報変換しているだけなので、情報変換の部分のバグで見える気がするとなれば、その人にとってはそれがその人の世界となります。

だから別にあるとか、ないとかの議論は無意味。

信じている人にとってはそれが正しい事なので間違いとは言えません。

ジャム
色弱の人が
緑を赤と見間違える
ようなものです。

その人にとっては、そういう世界の見え方というに過ぎません。

こんなところで、材料はなんでもいいんですね。

あやしいとか、怪しくないとか全く意味のない議論なんですよ。そもそも意味なんてもともとないんだから。

でもお金を必要以上にとられるみたいな害がなく、自分を見つめ直したり悩みが解消するなど役に立つものならいいじゃないですか。

拾った石って意味ないですね。

でもその石コロを、持ってることで力がわいてくる!って実際あがり症がよくなるなら構わないでしょ。しかもタダだし。

百円

ネットで調べたら「勾玉セラピー」なんてものを見つけました。

色とか星とか、メジャーなものは思い付いた人が既に使ってしまっているので、ニッチなものに意味をつけていったのです。

それについてのパイオニアになれるかもしれません。

私も石コロセラピーのパイオニアになれます。やらないけど(笑)

勾玉と石コロって似たようなもの、本当に何でもいいんですよ。

算数

2.考え方や意味付け「セラピーは自問自答と同じ」

2-1.セラピーの目的と効果

アートセラピーやカラーセラピー、占い系などの、心理系の物に関しては、ナゼか言われたことが自分に当てはまっているような感じがしますね

誰にでも当てはまることを言うことで、言う人の信憑性を増すというバーナム効果はよく知られています。

それにより自分の考えがまとまってすっきりしたり、迷いがちょっとなくなったり悩みがなくなったように感じるならよいでしょう。

お金も少額で、囚われていた悩みが減るならセラピストは料金分の仕事はしたことになります。

言葉を主として使うセラピーの目的と効果は、悩みや迷いを解消するなどで、生きる希望や力を与えることです。

OK

2-2.セラピーは自問自答のきっかけ

セラピーはただのきっかけに過ぎません。

また心理系セラピーの本質は、自問自答と同じです。

急に出てきた人に言われるとか、普段使わない道具を使うなどの非日常を演出しているだけです。

コールドリーディングという手法があります。

よく知らない人に対してセラピストが

らくだ
あなたは
これかもしれない、

あれかもしれない、
どうでしょうか?

違いますか。

ではもしかしたら~かもしれない

などいろいろな言葉をかけていって、反応があったものだけを印象づけて話をして行く手法

実際にはほとんど外れですが、当たったことだけ印象づけて覚えているのです。

内容も、セラピーを受ける人が自分で考えたり思い出したりして話すことを、セラピストが広げているだけです。

探偵

うまいセラピストは本人が忘れているようなことをうまく引き出してくれます。

質問の幅が広い、返しがうまいセラピストです。

そこは自問自答だと自分の決まりきった思考ループにとらわれてしまうところと大きく違うところ。

人と話をして自分の考えがまとまるということと同じですね。

よくないセラピストもいます。信憑性を持たせるため、リピーターになってもらうためなどの理由から、

わざと断定することで、当たったときの印象を強める」という手法をとる人です。

こういったセラピストは、受ける人が自分で見つめる内面を無視する傾向があるので注意が必要で、クソの役にもたたない。高額なお金もとれば悪徳認定です。

たまに思いもしなかったことがたまたま当たり、結果的によいという場合もあるから、全て悪いとも言えませんけどね。

良くないセラピスト

3.怪しくても関係なし、セラピーのいい使い方・悪い使い方

セラピー系は、基本的には自問自答と変わらないのですが、使い方によってはいろいろな効果があるのは間違いのないところです。

怪しくてもOKです。

良いところだけを活用できれば、

  • ストレス軽減
  • 悩み解消
  • 生きる力が出てくる

などのよい方向に進むきっかけにできます。

間違った使い方としては、セラピー自体に引っ張り混まれることですね。

自分の考えとは違うけど、セラピーでこういう結果が出たから、占いの人が言っていたからこうしよう、

こんなのは間違った使い方です。

結果的によい結末ならいいけど、悪い結末になると「占い師に従ったらひどい目に遭った!」

依存体質の人がこんな感じになるので、気を付けましょうね。

自己肯定感が低い人のたどる道とも言えます。

「断定する手法」をつかうセラピストに当たったり、◯◯セラピーなどの正体を知らないとそうなり易くなります。

中には下らないものを買わせる悪徳もいるため、気をつける必要があります。

怪しい

4.多くのセラピーの流れ

多くのセラピーではこのような流れで行われます。↓

①非日常の演出と料金設定
②作業ゾーン
③作業の結果を読み取る
④リフレーミング・作業やり直し
⑤お土産

順に解説していきますね。

多分「セラピーの本質」として、こんなこと書いてる人は他にいないと思います。

①非日常の演出と料金

普段考えないようなもの、使わないようなもの、キラキラしたり不思議なものを道具として使うことで演出する事が多いです。

勾玉とか、オーラソーマの二層に分離した液体のボトルとか、昔からの定番だと水晶玉とか、タロットカードでも、珍しげな道具を使うのはだいたい似たような狙いです。

部屋の雰囲気や話し方なども大切な要素です。

また少額でも料金をとることも重要で、受ける人が損をしたくないという心理や、お金を払ったから真剣にやってみようという気にします。

お金

②作業ゾーン

カラーセラピーだったら色のついた液体が入ったボトルを指示にしたがって並べたりします。

アートセラピーだったら絵を描いたり塗り絵をしたり、タロットカードならカードを選ぶなど、素材に合わせていろいろです。

作業自体には後から意味を加えてるだけなので、たいした意味はありません。

作業結果を布石として、内面を探るきっかけを作り出す段階です。

③作業の結果を読み取る

作業の結果自体はそれほど意味はありません。

関係ありそうな質問をしてセラピーを受ける人の内面を探ったり、自分が忘れていたようなことを思い出してもらったり、普段は考えもしないことについて考えてもらう。

要はこじつけの質問をすることで、気づいてなかった自分の一面に気づくことが目的のフェーズ。

そしてそれを話してもらうことで、セラピストがその人を知っていきます。

いくつかの解釈をすることで幅を持たせ、どれかには当てはまるように作っている。

当てはまらない場合は「では次の~は」などとどんどん話題を変えていき、本人の当てはまる内容を知ることで掘り下げていきます。

自分で話すことで、自分で納得する過程とも言えます。

ひらめき

④リフレーミング(視点変え)

セラピーを受ける人が一つの考えにこだわっていたり、囚われているような場合。

悩みを抱えてやって来る人は、だいたいこんな感じですね。

だから同じ状況でも、考え方の違う面をセラピーを通して示すことで、悩みが解決したり、迷いがなくなることもあります。

セラピストがうまく関わって本人が決めるのを手助けするのが本来の目的。

たまにセラピストが特定の方向に誘導する場合もありますが、これは悪徳に多いですね。

⑤お土産

一度セラピーを受けると、簡単に内容を忘れてしまうので、「これを見たら思い出す」というようなものを最後に渡す事が多いです。

カラーセラピーなら自分の色のカードであったり、アートセラピーなら作品、セラピーに使った用紙などです

悪徳はここでツボを売り付けてきます。

お土産

5.素人がやるには危険?ではありません。

セラピーは自分でできるものが多くありますが、素人がやるには危険という人もいます。

しかし基本的には自問自答と同じなので、自分でやっても人に迷惑をかけるわけでもありません。

失敗しても、せいぜい自分の思い込みが強くなる程度です。

ジャム
そこだけが、
危険と言えば危険だけどね

受けたセラピストもいないので、セラピストのせいにもできず、それこそ人に迷惑はかけません。

人格障害や精神疾患などの方については思い込みが強くなるだけになる危険は大きくなるけれど、それはプロに任せても同じことです。

占いで「これはこうした方がいい」と断定されて思い込んでしまう危険と同じ程度ですね。

心理学に内観法というのがありますが、特別な道具を使ってやるだけなのです。

危険だと敢えて言う人は、そのセラピーを料金を取って行っている人が独占的に行いたい場合が多いかと思います。

アロマテラピーなどの薬品らしきものをつかう場合には、「このアロマオイルは妊婦や子どもは使ってはいけない」等(よく聞きますが、なぜかは知りません)、使い方を間違うと危険なことはあります。

しかしこの記事で扱っているのは「言葉を利用する心理系のセラピー」のみなので、それに関しての危険はほぼないといってよいでしょう。

セルフでできるセラピーは👇️から。高い講座を受ける必要はもちろん、セラピストに見てもらう必要ももありません。

内観を助けてもらったお礼的に報酬をあげるつもりなら、それもいいけどね。

その他のストレスを軽減できる方法はこちらから👇️

一番簡単なぬり絵セラピー👇️

しあわせ“ぬり絵”セラピー―ココロが元気になる!
by カエレバ
クローバーとてんとう虫

学童クラブ支援員や保育士など、保育者の方向けプレゼント配布中↓

プレゼント

このサイトでは子育て情報や子ども心理などのほか、学童クラブ~保育園や小学校の子ども向けのおすすめの遊び/オススメ本をそれぞれ100以上紹介しています



👉️幼児~小学生にオススメ【おもちゃ】👈️


👉️幼児~小学生へオススメ【本】👈️


見やすい記事一覧です


👉️地域・自治体別の学童クラブなど👈️

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事