↓関連検索はこちら↓
当サイトについて

はじめましてジャムと言います。

もともと私は東京大学の大学院で
理系の研究
をしていたんですが、
子ども達との出会いにより、
全く畑違いの保育業界へ転身を決意。

以来20年以上
主に学童クラブで小学生と関わり、
様々なことを学んできました。

そこで得たものを使い、
保育士はじめ保護者の方々、
子どもに関わる大人の

  • 疑問
  • 不安
  • 分からない

を解決することでアナタが幸せになり
子どもに良いものが伝わることを願い
このブログを運営しています。

私は今までの経験を元に現在独立し、
中部地方にて
主に執筆活動を行っています。

家ではまだ小さい、2人の娘を育ててます
とっても安定してますよ(笑)

ツイッターやってます(@jamgakudo)

インスタグラム(@jamgakudo)

ジャムのプロフィールはこちら

ジャム
プロフィール

チック障害/トゥーレット症候群とは~子どもではよく見ます

チックとは突発的で、不規則な、体の一部の速い動きや発声を繰返す状態です。

子どもでは珍しくなく、たびたび見ますね。単に癖のレベルのものもあります。

チック症(チック障害)には運動性チック症、音声チック症があり、本人の意思とは関係なく体の一部の速い動き(まばたき・顔をしかめる・首を急激に振る)や発声(咳払い、鼻を鳴らす、舌を鳴らす、「シュー、ンー」といった音を出す)を繰り返すといった状態が一定期間続きます。子供の10~20%に何らかのチック症がみられるとされており、一時的に出現して2~3カ月で消えていく場合と、軽くなったり重くなったりして何年か続く場合があります。

メンタルクリニックいたばしホームページより引用

心理的要因もあるが、トゥーレット症候群という重度のチック障害もあるため、脳の機能や遺伝的要因が注目されています。

トゥレット障害(トゥレットしょうがい、英語: Tourette syndrome)またはトゥレット症候群とは、チックという一群の神経精神疾患のうち、音声や行動の症状を主体とし慢性の経過をたどるものを指す。小児期に発症し、軽快・増悪を繰り返しながら慢性に経過する。トゥレット症候群の約半数は18歳までにチックが消失、または予後は良いとされている

ウィキペディアより引用

この記事ではチックについての基本的な知識と、子どもへの対応について書いていきます。

まばたき

目次【本記事の内容】

1.チックの種類~まばたきや咳払いなど

チックとは突発的で、不規則な、体の一部の速い動きや発声を繰返す状態です。子どもでは珍しくなく、たびたび見ますね。単に癖のレベルのものもあります。

ICD-10(国際疾病分類)のF95あたりに、疾病として記載されています。

意識して止めることは短時間ならできますが、衝動を抑えられないようです。

多くは一年以内に消失する一過性のもので、幼児期から出現し、学童あたり~思春期が一番強く現れるとのことです。一年以上音声チックと運動チックが続く場合はトゥーレット症候群と診断されます。

チックには以下の二種類あります。

運動チック

運動チックは体の動きに対応した動きです。

目のまばたき・肩をピクッとさせる・空中でなにかをつかもうとする動作・顎をずらすように瞬間的に開ける・スキップ・ジャンプ・爪の先を見る挙げればきりがありません。

手のチックの子を障害児施設で見たことがありますが、食事をするにも手が同じような動きを繰り返してしまうのでスプーンを使うことはおろか、パンを口に運ぶのもやっと。

パンをつかんでは置いて、口に持ってこようとするとチックでできずその状態で数分、ようやく口に運べたら近くで見ていた子が「◯◯君がやっと食べた」と言う始末でした。

昔の記憶なので、もしかしたらその子については常同運動の類いだったのかもしれませんが、動きとしてはそんな感じです。

音声チック

咳払いやしゃっくりのような音を出す・鼻を鳴らす・舌打ち・汚い言葉・奇声などで、声を出すようなチックです。よく駅などでも見かけますが、周囲の注目も浴びやすくなります。

チックは一過性の癖とも取れてすぐに消失するものから、トゥーレット症候群のような持続的なものまであり、知的障害と併発することも多いです。

トゥーレット症候群は学童期の0.3~0.8%くらい、男子が女子の二倍との統計があります。

2.チックの原因~子どもに起きる場合

心の要因として、ストレスが高い状態や興奮度が高いようなときはよく出ます。

反面落ち着いてリラックスし、好きなことに集中しているときはあまりでないようです。チック自体を気にすることでもよくないとのことです。

また研究がされているところでは、生理的・遺伝的要因も大きいようで、生得的にチックが起こりやすい体質や、妊娠中の喫煙などの環境要因もあるとのことです。

家庭でのしつけ影響とも言われていましたが、最近では否定されています。

脳

3.子どものチックへの経過と治療/対応

多くのチックが一過性のもので、一時期の癖のレベルで終わります。

そのためチックによって引き起こされる心理的な影響(例えば友達にバカにされるとか、本人が気にしてるけど止められずに自己卑下するなど)を最小限にするような働きかけをし、治療と言うよりは単に経過観察となることが多いようです。

心配することはないと保護者に伝えていき、周りが変に騒ぎ立てずに自然に消失するのを待つというのが最良の対応となります。

時間

そのためチックを見つけても、「またやってる」など指摘するのはよくありませんね。叱ることで軽くなることもないので、自尊心を損なうだけになります。

軽度のものはそういった対応ですみます。

しかし跳び跳ねたり、汚い言葉についてはやめてと言いたくなりますね。

しかしこのような生活に支障が出るようなものについても指摘されると強くなることが多く、対応が難しくなります。

その子によって有効な対応や治療が違いますので、専門医の判断を仰ぐことが必要になるケースです。

また知的障害や、強迫障害などの情緒障害と併発することもあります。そこまでいくような一過性ではないチックの場合、素人では分からないのでやはり医療の判断を仰ぐことになり、薬物療法がされることもあります。

医者
クローバーとてんとう虫

このサイトでは子育て情報や子ども心理などのほか、学童クラブ~保育園や小学校の子ども向けのおすすめの遊び/オススメ本をそれぞれ100以上紹介しています



👉️幼児~小学生にオススメ【おもちゃ】👈️


👉️幼児~小学生へオススメ【本】👈️


見やすい記事一覧です


👉️地域・自治体別の学童クラブなど👈️

ーーーー

学ぶこと

👇️👇️👇️👇️👇️

経営の勉強が子どものためになる理由

まず経営とは、「価値あるものを提供した結果、価格以上の価値を感じたお客さんから、感謝しつつ対価をいただく行為

単に儲ける行為ではありません。

保育・福祉とは、ボランティア的な慈善行為ではなく、今や支援者ー利用者といったサービス提供の視点が必須ですね。

保育学校や放課後支援員研修の講師など、利用者理解がとても大切だと誰もが言っており、弱者救済というよりは、エンパワーメントへ福祉・保育業界はシフトしています。

しかし福祉的な視点での利用者理解は、独りよがりになりがち。

福祉現場は世界が狭く、福祉の常識が利用者に受け入れられないことも頻繁ですね。

効果を図るといって、年に1回アンケートをとる程度。必要だと言う割りに取り組まれてはいません。

分からない

一方で税金で守られている保育・福祉業界に対して、一般企業を見てみると

事業継続のため、利用者(お客さん)理解を徹底的に行っています。

なぜなら、お客さんに受け入れられなくなった瞬間、利益があげられず、いとも簡単に倒産し、事業継続が不可能になってしまうからです。

従業員を路頭に迷わせないため、必死です。

経営の勉強をした私から見ると、「利用者理解」の必死さがシビアに違うことがわかりました。

👆️これが保育士の視点ではなく、経営者の視点での利用者(お客さん 保育なら子どもや保護者)理解がとても有効な理由です。

有効なのに、なぜ保育の講師陣が「経営の勉強こそ必要」と言わないのかと言えば、ひとえに"知らないから"

まあ普通の保育士や支援員は経営の勉強なんてしたことがないので、仕方ないといえます。

また経営の勉強ビジネスや仕事そのものの勉強をすることは、利用者理解だけでなく様々なメリットがあります。

例えば

・保育仕事で感じるストレスを解決可能
・自分のメンタルも安定
・子どもや保護者へに合った提案可能
・保育チームの連携改善
・システム化による仕事の効率化
・園長の考えがわかり意思疎通がスムーズ
・同僚とは視点が違うため評価が上がる
・副業での副収入の得かたも分かる
・独立や施設立ち上げも可能に
・思いだけで施設を立ち上げて失敗しない

だからこそ私は、

「保育者こそ経営の勉強をすべき」

という、保育士や支援員の立場の人が誰も言っていない、考えすらしなかった提案をしています。

子どもの心理などは個別知識で必要です。

しかしもっと本質の利用者のために働くという仕事そのものについてベースがないと、個別知識は100%生かしきれません。

あなたには、やり方が分からないばかりに思いだけで働いて、道を見失ってほしくないと思います。

私が紹介しているオンラインスクールはたったの1つだけ。他は知りません。

私も学んで現場にも生かし、こうしてサイト運営までしているので、中身は保証します。👇️

記事で紹介している学校への直リンクはこちら

あなた
学童のウェブサイトでしょ?
急に突拍子もない・・

と思うけど、興味が少しでもあるなら、紹介記事をご覧ください。今後の人生が大きく変わる可能性すらあります。

👇️紹介記事はこちら👇️

保育者こそ経営の勉強すべき【次世代起業家育成セミナー】の紹介

※紹介記事経由で登録すると、プレゼント記事があります

クローバー

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事