1.学童クラブとは

学童クラブ事業とは、児童福祉法第6条の3第2項の規定に基づき、保護者が労働等により昼間家庭にいない都内小学校に就学している児童に対し、授業の終了後等に児童館等を利用して適切な遊び及び生活の場を与えて、その健全な育成を図る事業です。

東京都保健福祉局ホームページより引用

学童クラブには公的な施設と、塾などが子どもを預かるという意味で「学童クラブ」と名乗っているものがあります。

簡単な区別は利用者の支払う料金が週に五回通ったとして月額一万円にいかない程度なら概ね公的な施設です。

公設と民間学童の違いはこちら

資格は必要か?

仕事をする場合、塾などの学童には資格はいらないでしょう。その企業によって様々です。

またその企業内で、スキルアップのために内部で認定している研修資格があるかもしれません。

公的な施設で就職の際に関係するのは保育士・放課後児童支援員などの公的資格のみです。

しかし採用に当たるのは人ですから、民間資格をもっていたら目に留まるかもしれません。民間資格の意味は仮に持っていたとしてもその程度となりますが、勉強するのが意味ないかと言えばそういうわけではありません。

知識が増えたり、それによって考える機会を得たり、実践してみる材料になったりします。

このため、「名前だけ」「就職に有利かも」と言う目的で取ろうとしているなら、時間の無駄なのでやめた方がよいでしょう。

「知識を得たい」、「他の人よりも質の高い知識や技術を目指すために自分にお金と時間を投資するんだ」というつもりなら大きな意味があります。

子ども

2.放課後児童支援員の資格

放課後児童クラブ(厚生労働省の管轄している学童クラブ)で働ける公的資格です。

実務経験か、学歴等の要件で研修を受講して取得します。
一時期「学童クラブの子ども何人に対して放課後児童支援員を必ず何名配置する」といった基準がありましたが、2020現在では"必ず"→"推奨"となっています。

基準が緩和されたのが2018年とまた新しいので、自治体によってはまだ必須としているところも数多くあります。

ただ書いたように実務経験によっても受講資格が得られるため、パート職員として無資格で働いていてから取得するというのもできます。そのため公的資格ですがこれがなければ働けない訳ではありません。

放課後児童支援員資格について詳しくはこちらへ

子ども施設で働ける万能資格、保育士についてはこちらへ

資格

3.認定児童厚生員資格~児童健全育成財団の認定資格

3-1.児童厚生員(児童の遊びを指導する者)

これは厚生労働省が児童福祉法に基づいて認定している公的な資格で、放課後児童クラブや児童館などで仕事をしているときに資格が有効となる任用資格です。
保育士や指定の科目の履修などで認定されます。

児童の遊びを指導する者
児童の遊びを指導する者

3-2.認定児童厚生員資格

  • 児童厚生員二級
  • 児童厚生員一級
  • 児童厚生員特別一級
  • 児童健全育成指導士

があります。

こちらは児童健全育成財団が認定している資格で、民間資格ですが財団がホームページで言及しているように公的なものを目指しているようです。

厚生労働省にも認知(実践報告などは厚生労働省後援で募集されているなど)されており、準公的資格とでも言えるでしょう。

育成財団が独自に認定し推進している制度です。

いくつかの自治体では指定管理者制度下における職員養成の仕組みとして、あるいは職員採用や雇用契約更新等の優位要件等として、この認定資格を採用する児童館運営主体があります。

そして、この制度をさらに確固たる公的資格としてひろげていくことを目指しています。

児童健全育成財団

児童福祉、特に公設学童クラブや児童館関連施設で働いているなら必ず聞いたことがある団体だと思います。

資格の名前は必要ないと言えば必要ないのですが、業界では超メジャー団体の認定資格なので、同じ業界で転職するような場合には単に勤務経験のみではない一定のアドバンテージとなるでしょう。

実際に就職の資格要件に含めている事業体もあります

資格に含めている割合
資格に含めている割合

児童厚生員の処遇や資格の現状と課題に関する調査研究 - 厚生労働省
(PDF)より👆️

※現任者が取得できる資格ですが、養成校でも一級までなら取得できるため、いずれかの子ども関連資格所持が採用条件となる場合、必要資格のうちの一つとして設定されているのでしょう

養成校(健全育成財団ホームページより)

認定児童厚生員資格の取り方

研修への参加要件は

  • 児童館職員であること
  • 放課後児童健全育成事業の施設職員

のうち、児童福祉法以外の施設職員、アルバイトやボランティア、短時間の勤務者を除きます。


完全に現任者のスキルアップのための認定資格となります。

児童厚生員資格のカリキュラム

各級で必要な講座があります。(各級の説明参照)

研修の有効期間は10年、それ以内に各級に必要な単位を全て取得した上で認定の申請をする必要があります。


養成校で取得しない場合、各都道府県の児連や児童福祉に関連する自治体部署が研修会を開いているので、そこに申し込んで受講します。(だいたい年一回の募集があるようです)

一級~上の講座は頻繁には行われておらず開催地も限定されるため、育成財団ホームページの👇️

研修日程のページから

一部ですが科目の振替もあります。

運動遊び👇️

  • レクレーションインストラクター
  • キャンプインストラクター
  • ネイチャーゲームリーダー

救急法👇️

  • 各市町村の消防署で実施される
  • 普通救急救命講習Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ
  • 赤十字救急法など

4.児童厚生二級指導員

児童館・放課後児童クラブの機能と活動内容について理解を深め、子どもたちの遊びや生活を通した発達支援に直接的にかかわる職員のための基礎資格です。

児童厚生員または放課後児童支援員に着任してから3年(36か月)以内に取得することが望ましいと考えます

児童健全育成財団

取り方(児童厚生二級)

  • 基礎研修の理論(必修9科目)
  • 実技(必修3科目+選択必修1科目)

提携する短大などの養成校で必要単位を取ることでも認定されます(二級または一級、学校による)
財団ホームページの養成校ページ

カリキュラム(児童厚生二級~基礎研修)

必修9科目

健全育成論健全育成の理念など
児童館論Ⅰ児童館ガイドラインなど
児童館論Ⅱ各年齢層別の活動について
安全指導・安全管理
児童の発達理論
配慮を要する児童の対応
個別援助活動ソーシャルワーク
集団援助活動グループワーク
地域福祉活動地域福祉一般

実技必修3科目

救急法救急方法
運動・ゲーム遊びレクレーションなど
表現活動リズム遊びなど

選択
ゲーム運動遊びか表現活動をもうひとつ

基礎研修会は各自治体で調べると年一回くらいで開催されています

5.児童厚生一級指導員

児童館・放課後児童クラブで指導的役割を担うとともに、地域関係機関との調整や連携にあたるソーシャルワーカーとして、地域における児童健全育成・子育て支援活動の推進に努める職員のための資格です。

児童健全育成財団

取り方(児童厚生一級)

  • 5年以上の勤務経験
  • 二級認定
  • 「中堅児童厚生員等研修会」を修了し試験に合格

費用(児童厚生一級)

申請料2000円
登録料4000円

カリキュラム(児童厚生一級~中堅研修)

地域福祉演習地域福祉の実践事例
レポートⅠ実践レポートの書き方など
事例研究事例研究の方法など
特別講義最新動向心構えなど

中堅研修会は各自治体で調べると年一回くらいで開催されています。育成財団の研修日程でも一部確認できます。

6.児童厚生一級特別指導員

平成21年4月認定資格制度の改正により新設された資格で、「児童厚生一級指導員」の中に位置付き、より高次な実践力が求められる職員のための資格です。

時事的な情報収集や課題対応を重視するため有効期限を設けています。

児童健全育成財団

取り方(児童厚生特別一級)

  • 5年以上の勤務経験
  • 一級認定
  • 「児童厚生一級特別セミナー」
  • 課題提出

3年の更新制


一級特別セミナーは、年一回程度、日本のどこかで開催されますhttps://www.jidoukan.or.jp/seminar/schedule

費用(児童厚生特別一級)


なし

特別セミナー

  • 現在の子どもの課題など
  • 実践報告
  • 自分の実践をソーシャルワークとしてプレゼンを行います

7.児童健全育成指導士

児童健全育成や子育て支援など児童福祉事業に精通するスーパーバイザーとして、経験に裏付けられた専門的な理論と実践を構築する職員のための資格です。

児童にかかわる行政施策等に参画・関与するなど、児童館・放課後児童クラブの発展に寄与するオーガナイザーを目指していただきます

児童健全育成財団

取り方(児童健全育成指導士)

  • 8年以上の勤務経験
  • 一級認定
  • 「全国児童厚生員等指導者養成研修会」を修了
  • 論文提出し審査合格


たまに研修会が開かれています
https://www.jidoukan.or.jp/seminar/schedule

費用(児童健全育成指導士)

申請料2000円
登録料3000円

カリキュラム(児童健全育成指導士)

現代社会と児童これからの健全育成のあり方
健全育成相談の理論と実際相談援助
運営・管理施設運営や管理など
レポートⅡ実践を理論化する方法など
事例研究Ⅱ事例研究の意義など
特別講義最新動向など

実践論文の提出

8.児童厚生員資格についての疑問

8-1.養成校に通っている方で、児童厚生員二級を履修するかどうか


通っている養成校は、おそらく保育士や幼稚園教諭が取れるような学校だと思います。

二章で書いている「児童の遊びを指導する者」は保育士を持っている人が児童館などで働くときに自動的に認定されるものです。

何かの事情で二級を取れなかったとしても後悔するようなレベルではありません。

8-2.児童厚生二級は就職な有利なのか?

資格としては二級を持っているような方は、調べてみると「児童の遊びを指導する者」も重複してとれていると思います。就職の要件としてはそれだけで十分です。

採用に当たるのは採用担当者、つまり人ですから最低限の資格を確認したあとは人間性や常識力や仕事に関係する知識など他の側面で判断します。

ハッキリと言えば、二級を持っているか持っていないかのレベルでは判断されませんので、就職に有利とはほぼならないでしょう。

"ほぼ"という同業からの転職での中途採用で、勤務しながら資格を取ったような場合は、わざわざ勉強しないと取れない資格なので「勉強で勤務態度も真面目なんだろうな」などと思われるかもしれません。

養成校で自動的に取れるような場合には全く考慮されないと思います。

真面目に単位分の勉強をちゃんとしたなら知識にはなるため、無駄になることはないでしょう。

9.認定児童厚生員資格についてのまとめ

子ども関係の仕事をしようとするなら、一番のおすすめは保育士の資格です。どこにでも通用するのに、本気でやれば学校に行かずに独学でも数ヵ月で取れるのがおすすめの理由です。

しかしそれでも受験資格には高卒や大卒などが必要です。
今の時代は学歴の意味があまりないですが、それでもこういったところで関係してきます。

安易(やむにやまれぬ事情もあるでしょうが)に高校中退してしまうと、道は閉じませんが苦労します。

人生の選択の結果として良い悪いではなく、巡り合わせなので仕方のないことです。

しかしそういった方ほどベビーシッターなどのすぐ取れるような民間資格に走って、取った後に「意味ないじゃん」となり、焦った結果お金や時間をかえって無駄にする傾向にあるため気を付けましょう

ここで紹介した児童厚生員資格については、就職には有利にはなりませんが知識やスキルアップには確実になるものです。

やる気があれば取得したらよいと思います。

目次へ

  • 子どもの仕事全般にときの役立つ資格って?

説明不要の国家資格・公的資格👇️

クローバーとてんとう虫

学童クラブ支援員や保育士など、保育者の方向けプレゼント配布中↓

プレゼント
姉妹サイトへ飛びます

このサイトでは子育て情報や子ども心理などのほか、学童クラブ~保育園や小学校の子ども向けのおすすめの遊び/オススメ本をそれぞれ100以上紹介しています



👉️幼児~小学生にオススメ【おもちゃ】👈️


👉️幼児~小学生へオススメ【本】👈️


見やすい記事一覧です


👉️地域・自治体別の学童クラブなど👈️

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事