↓関連検索はこちら↓

1.学童クラブとは

学童クラブ事業とは、児童福祉法第6条の3第2項の規定に基づき、保護者が労働等により昼間家庭にいない都内小学校に就学している児童に対し、授業の終了後等に児童館等を利用して適切な遊び及び生活の場を与えて、その健全な育成を図る事業です。

東京都保健福祉局ホームページより引用

学童クラブには公的な施設と、塾などが子どもを預かるという意味で「学童クラブ」と名乗っているものがあります。

簡単な区別は利用者の支払う料金が週に五回通ったとして月額一万円にいかない程度なら概ね公的な施設です。

子どもの本読み

資格は必要か?


仕事をする場合、塾などの学童には資格はいらないでしょう。その企業によって様々です。またその企業内で、スキルアップのために内部で認定している研修資格があるかもしれません。

公的な施設で就職の際に関係するのは保育士・放課後児童支援員などの公的資格のみです。しかし採用に当たるのは人ですから、民間資格をもっていたら目に留まるかもしれません。

民間資格の意味は仮に持っていたとしてもその程度となりますが、勉強するのが意味ないかと言えばそういうわけではありません。

知識が増えたり、それによって考える機会を得たり、実践してみる材料になったりします。

このため、「名前だけ」「就職に有利かも」と言う目的で取ろうとしているなら、時間の無駄なのでやめた方がよいでしょう。

「知識を得たい」、「他の人よりも質の高い知識や技術を目指すために自分にお金と時間を投資するんだ」というつもりなら大きな意味があります。

【民間資格は意味がない?価値あるの?】☆見分け方・判断の材料はこちら←

学童クラブの教科書とでも言うべき放課後児童クラブ運営指針でも、常に自己研鑽に励むことと明記されています。

仕事をする上での勉強する姿勢は、子どもに返っていくため必須となります。

その知識を得るために資格についての勉強をするのは、カリキュラムが整っているため効率がよいと言えます。

この記事では学童クラブの職員向け資格として

  • 認定キッズコーチ
  • キッズコーチ検定
  • キッズコンサルタント
  • チャイルドコーチングアドバイザー


について書いています。

名前が似ている資格

一般財団法人日本キッズコーチング協会

→キッズコーチ認定資格

こちらは、乳幼児(6歳まで)子育て対象のコーチング
学童期の子とは別物なので名前だけ紹介しておきます

2.放課後児童支援員資格


放課後児童クラブ(厚生労働省の管轄している学童クラブ)で働ける公的資格です。

実務経験か、学歴等の要件で研修を受講して取得します。

一時期「学童クラブの子ども何人に対して放課後児童支援員を必ず何名配置する」といった基準がありましたが、2020現在では"必ず"→"推奨"となっています。

基準が緩和されたのが2018年とまた新しいので、自治体によってはまだ必須としているところも数多くあります。

ただ書いたように実務経験によっても受講資格が得られるため、パート職員として無資格で働いていてから取得するというのもできます。そのため公的資格ですがこれがなければ働けない訳ではありません。

放課後児童支援員資格について詳しくはこちらへ

子ども施設で働ける万能資格、保育士についてはこちらへ

勉強

3.キッズコーチ検定
(一般社団法人キッズコーチ協会)

子どもとのコミュニケーション、リスクマネジメント、発達心理学の基礎を一回完結の講座で学ぶもので、1級~3級があります。

対象は基礎なので単に子どもと接する機会が仕事などで多い方、例えばスーパーや受付業務、ボランティアなどが挙げられています。

ロールプレイを取り入れて実践でも使えるスキルの感覚を知ります。対象はズバリ小学生一年生~六年生です。

取り方(キッズコーチ検定)

  • 講座の受講(各級1日)
  • 試験を受けて合格すること
  • 上の級を受けるには、下位の級の取得が条件です。

費用(キッズコーチ検定)

3級 5000円 三時間

2級8000円

1級15000円

キッズコーチ検定各級のカリキュラム


キッズコーチ3級

コーチング基礎知識
コーチングスキルを使ったコミュニケーション
リスクマネジメント基礎
初歩的な内容です

キッズコーチ2級

4.5時間
コーチング応用知識
子どものこころをつかむテクニック
リスクマネジメント基礎Ⅱ
ちょっと応用して実践できるには、の内容です

キッズコーチ1級

7時間
コーチング応用知識Ⅱ
子どもの問題行動への対処法
子どもの発達心理
イベントファシリテーション
リスクマネジメント応用
理論を実践に落とし込む内容です
ロールプレイやグループワークで学びます

キッズコーチ協会

キッズコーチ検定について一言

4の認定キッズコーチと併せて有効な講座です。

学童関係ではけっこう知名度もあるため、知っている方にしたら「お、勉強してるね」となるかもしれません。

資格名前自体の意味はそれくらいですが、学べる内容がコーチングスキルを持って子どもとの接すると言うコンセプトがはっきりしているため、分かりやすい講座といえます。

子ども関係の職に就いている方なら自然に身に付いている部分もあるかもしれませんが、実施母体がこのスキルを実際に日々使って学童保育を行っているため、学びも大きいと思います。

自信

4.認定キッズコーチ
(一般社団法人キッズコーチ協会)

学童クラブをコーチングの手法を早くから取り入れて事業展開している東急キッズベースキャンプのノウハウを取り入れて学童保育の専門知識・技能を身に付けるための講座です。

独自に行ってきているもので、学童保育の専門資格たる放課後児童支援員の資格がない2012年から行われているものです。コーチングの対象はこちらも小学生。

取り方(認定キッズコーチ)

資格/経験の有無によってコースがいくつかあります。
提携する養成校も少ないですがあります。

またキッズコーチ検定一級で一部免除となります。

費用や期間(認定キッズコーチ)


一般コース

  • 座学19時間
  • 実技60時間
  • 236000円

資格保持者コース(保育士、幼稚園教諭、小学校教諭)

  • 座学19時間
  • 実技30時間
  • 149000円


放課後児童支援員コース

  • 座学14時間
  • 実技1時間
  • 48000円


経験者向けコース

  • 座学19時間
  • 実技1時間
  • 56000円

カリキュラム(協会ホームページより一部編集)

  • 子どもとのコミュニケーション
  • ティーチングとコーチングの違い
  • コーチング3原則とその他のスキル
  • 子どもの心をつかむ
  • 子どもの問題行動への対処
  • リスクの発見、予防策、対応
  • 学童保育の歴史、種類
  • 小1の壁と小4の壁
  • 保護者対応の基本
  • ホスピタリティ
  • 日々の報告とトラブルの伝え方
  • トラブルになる前に
  • クレーム対応
  • 各年代の子どもの発達様相
  • 近年の児童を取り巻く問題
  • 心の成長に大切な柱
  • 発達障がいへの理解と関わり
  • 遊びの重要性
  • イベント企画
  • ファシリテーション

認定キッズコーチについて一言


本来学童保育は「保育士資格」を持っていても、経験を正しく積まないと適切な支援ができる仕事ではありません。

そのため座学で一般と資格保持者か同じ時間がとられているのは理にかなっています。

放課後児童支援員の研修を受けた方には、被っている部分が削られています。

しかしそれでも14時間分の講座があり、コーチングの要素や支援員研修では学べない実技も追加で学ぶことができる有効な講座といえます。

費用は高めなので、そこは迷うかもしれません。

花

5.認定キッズコンサルタント


キッズコンサルタント協会の認定する資格です。

対象は学童保育です。協会の提唱するシングルエイジエデュケーションという理論に基づいて講座が展開されているようです。

シングルエイジとは0~9歳のことです。

取り方(キッズコンサルタント)


講座を受けて最後の試験に合格する

費用(キッズコンサルタント)

54000円+受験料
※初心者向けのアソシエイト講座もあり、そちらは二時間程度で5400円

期間

1日講座のみ

キッズコンサルタントのカリキュラム

六時間の1日講座

  • 「教育論」・・・キッズコンサルタントが生まれた根本の教育論を学びます。
  • 「幼少教育論」・・・シングルエイジにおける教育論を学びます。
  • 「学童論」・・・学童保育における基礎知識を学びます。
  • 「キッズコンサルタント論」・・・キッズコンサルタントに必要な力を学びます。

キッズコンサルタント協会

キッズコンサルタントについて一言

講座が1日のみですね。

この短時間で職員の質をあげて学童保育の運営のノウハウまで学べるというのは無理があるように思えます。

資格の名前には価値がないというのは通例に漏れません。

受講すれば学びはあると思いますが、残念ながらいろいろ調べてみても受講してほしい人が経験者なのか初心者なのかもよく分かりませんでした。

研修もろくにないような非常勤さんで学童保育のやり方を得たいと思う方にはクラブ運営についての知識は別に要らないし、正規でやっている方にはこの値段で内容もよく分からない六時間ちょっとの講座は受けないでしょう。

反面初心者向けのアソシエイト講座は好評なようです。

東京都杉並区のみでの開講ですが、アソシエイト講座にはウェブ受講もありますね。この記事を書いている2020年の段階では近隣の方がちょっと受けてみるような講座レベルかと思います。学童保育の質をよくしたいという理念がちゃんとある分、今後の動向に期待したいところです。

やる気を

6.チャイルドコーチングアドバイザー

本講座は、子どもに「自分で考える力」「周りと協働できる力」「自分の問題を自分で解決できる力」など 「自立する力」「生きる力」を身につけさせる「コーチングスキル」を習得できる講座です。

コーチングのプロとしてセミナー講師として活動をしたいという方はもちろん、 学校、学習塾、スポーツスクールなど、子どもの教育・育成に携わる仕事に就いている方にもオススメできる講座です。
キャリカレ

取り方(チャイルドコーチングアドバイザー)

講座を受講して自宅受験

費用

講座の費用36000円(ネット申し込み)
受験料5600円

期間

一ヶ月

カリキュラム(チャイルドコーチングアドバイザー)


子育てに関する基礎知識
・聴くスキル
・承認スキル
・質問のスキル
・共感のスキル

チャイルドコーチングアドバイザーについて一言

子どもにコーチングスキルを持って接しようという資格が増えてきました。コーチングはいろんな本も出ていて読めば勉強できるのでこの資格は名前に意味はありません。

講座のホームページに表彰状のような資格認定証書や認定カードが載っていて、「プロのコーチングアドバイザーとして仕事ができる」などの宣伝がありますが、残念ながらウソです

誰でもとれる系なので資格名に価値はありません。

しかし講座を入り口として自分の自信やスキルを磨きたい目的なら受講もアリです。

こちらの講座はテキストとDVDによる自宅学習により勉強します。

一ヶ月とありますが、やる気があればすぐに終わってしまうでしょう。

同じ費用をかけるなら本が何冊も買えますが、添削してもらったり人に見てもらって勉強したいのなら受講するのもよいでしょう。

テキストだけならメルカリにいっぱい出ています(単なる情報として書いておきます

キャリカレ

7.学童保育のコーチング系講座のまとめ

コーチングに関する講座は乱立していると言ってよい状況です。

記事執筆のために調べたなかでは「怪しい自己啓発」とか「宗教?」などいぶかしがる情報も数多くありました。

その中でもここで紹介したものは発展途上のものを含めて"よい"部類に入るものと思います。

コーチングのスキルはビジネスでも有効なコミュニケーションスキルとして最近話題になっています。

それを学ぶのは本でもできますが、人がちゃんとしゃべっている講義を聞くのは効率がよいです。

学童保育に関わる職員については講座の運営主体と内容を踏まえて、4の認定キッズコーチはおすすめとなります。

目次

ーーー資格関連記事です👇️ーーー

  • 子どもの仕事全般にときの役立つ資格って?

説明不要の国家資格・公的資格👇️

クローバーとてんとう虫

このサイトでは子育て情報や子ども心理などのほか、学童クラブ~保育園や小学校の子ども向けのおすすめの遊び/オススメ本をそれぞれ100以上紹介しています



👉️幼児~小学生にオススメ【おもちゃ】👈️


👉️幼児~小学生へオススメ【本】👈️



👉️地域・自治体別の学童クラブなど👈️

クローバー

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事