↓関連検索はこちら↓

放課後児童クラブでの障害児受け入れ

障害児を受け入れてる学童クラブ、けっこう多い、けど入ってからどうなるのかはよく分からない。

我が子を預ける保護者としては

  • どんな感じで見てくれるのか
  • ベテランの人がマンツーマンでついてくれるんじゃないの?
  • そもそも保育園では見てもらえてたのに、学童クラブになったら急に注文が増えるのはなぜ?

みたいな疑問をもつと思います。

多くの学童クラブ受け入れをしてるといっても、ほとんどの施設が「相談してください

これ、相談しないと結局どうなるか分からないってこと。

この理由についても書いていきますね。

この記事を読むと分かること
  • 学童クラブでの障害児の受け入れ体制
  • 学童クラブの状況
  • 障害児受け入れの現在までの流れ
  • 学童クラブでの生活
  • 学童クラブ側の考え方や方針など
  • 放課後デイサービスとの併用がよいこと
  • 学年が上がると受け入れ不可の可能性
学童保育での障害児受け入れ記事の挿入画像
当サイトについて

このサイトでは管理者のジャムが、

主に学童クラブや児童館で"20年以上"
主に小学生に関わってきた経験を元に、

子どもに関わる大人へ役立つ情報を発信。

子どもと親が幸せになればいいなという思いをもって運営をしています

ジャムのプロフィールはこちら

ジャム
プロフィール

目次【本記事の内容】

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事