↓関連検索はこちら↓

学童クラブでの障害児受け入れ

私は20年以上学童クラブで仕事をしてたけど、働き始めた当時は障害児について何もなかった。

何がなかったって

  • 受け入れる学童クラブ職員の障害児に対してのマインドや知識、
  • 専門的なスキルを得る研修とか、
  • 現場での保育のしかたノウハウとか、
  • 施設の物理的環境も、

受け入れるにあたって必要なこと全てなかった。

障害児が学校終わりの放課後で過ごす場所は、ごく少数のNPOがやってる支援施設家か、または学童クラブかって状態だから、「困ってる人を助ける」福祉マインドで受け入れ。

いろんな友達

道の途中で動かなくなった子ども、パニックになって泣き叫ぶ子をどうしていいかすら何も分からない職員ばかり。すべて手探り。

その時代より今は遥かによくなったと思います。

質について議論されるけど放課後等デイサービスはあるし、ヘルパー的な支援体制もある。障害児保育を学ぼうと思えばネット上にいい情報はいっぱい転がってる。世間の理解も進んだ。

これまでの流れを見てると、いずれ放課後等デイサービスが専門性を保って量的にもちゃんと整備されてくるはず。

そうなると環境的に個別対応の必要な障害児向けでない学童クラブで、子どもにとってもストレスの高い状況下で無理に受け入れなくてもいい時代が来ると個人的には思ってます。

走る

その中間にあるのが今。

まだまだ障害児学童クラブ受け入れていく必要はある。

現に学童クラブがないと生活が立ち行かない、障害を抱えた子を持つ保護者の期待に応えないといけない。

そして受け入れるからには、他の子と同じように「子どもも保護者も安全安心」を保ち、「必要な支援を子どもにも保護者にも」と、やることをやらないといけない

といったところで、学童クラブで障害児受け入れるにあたって必要な知識や考え方を書いていきます。

この記事を読むと分かること
  • 学童クラブで必要な準備
  • 備えるべきマニュアル的なもの
  • 保護者への説明について
  • 保護者の障害受容の過程
  • 保護者が求めてること
  • これこらの展望など
当サイトについて

このサイトでは管理者のジャムが、

主に学童クラブや児童館で"20年以上"
主に小学生に関わってきた経験を元に、

子どもに関わる大人へ役立つ情報を発信。

子どもと親が幸せになればいいなという思いをもって運営をしています

ジャムのプロフィールはこちら

ジャム
プロフィール

再利用ブロック

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事