↓関連検索はこちら↓


学童クラブにおいて、少し気になる程度の子は日々の対応のなかではいくらでもいますね。

しかしその中でも子ども本人の口から聞いたり、学校や保育園とのやりとりのなかで明らかになった特に対応が必要な子が別枠でいます。

それは虐待が疑われるような子だったり、子どもの行動に保護者が疲弊している、一人親で子どもを見切れていない、学習障害があり本人がとても困っているなど様々なケースがあります。

虐待の記事はこちら

職員としてそのような状態を見たり、話を聞いたら何とかしてあげたいと思いますね。

しかしほとんど、いや全ての場合個人が抱えられる代物ものではありません。

学童クラブなどでは子どものことは業務上のことになり、職員にも強力な守秘義務がかかっているので、職場内ならそういった子どもの情報を共有することは何かに違反になるようなことはなりません。

守秘義務や個人情報扱いの記事

むしろ知ったのに一人で情報を抱えこんてチームで対応しなかったとなると、必要な求められている仕事をしなかったことになるため糾弾されます。

上司や同じ立場の同僚に相談したあとに、施設としてどうするのかを検討していきましょう。

(その他の多くの業種では子どものことや他の人のことは業務上のことにならないので、なんの脈絡なく周囲に話すのはプライバシー等の問題となります)

また地域の中で実際にその子は生活しているわけですから、関係機関にも情報提供をしていく必要があります。

共有

特に虐待の情報に関しては、施設として把握していたのに他の機関と連携せず、ある程度の期間に渡って単独で対応していたと後から知られるとよくない影響が出てきます。

具体的には地域のなかで、情報も来ない、協力も得られないなど施設として地域から孤立してしまいます。

一職員の場合は、関係機関に率先して情報を共有していくのは単独判断ではありえませんが、上司の管理者がこの辺りを怠っているのに気づいた場合は突っ込みをいれていきましょう。

要保護児童対策地域協議会~厚生労働省

この施設だけで情報を握っていていいんですか?と。

それが対象となる子を守ることにも利益にもつながっていきます。


施設内でできる対応や保護者へのアプローチはケースバイケースなので、一概には言えません。

しかし学童クラブや学校職員は子どもが基本的に毎日のように来るので、その子と接している最前線の大人ということになります。

たまに問題がありそうなときに出てくる支援センターや児童相談所の職員とはまるで違います。

日常的にその子に接し、話を聞き、必要なことを伝えて行ける立場です。最前線の職員に求められることは、本人に日常的に寄り添っていくことになります。

見通し

それ以上の虐待からの保護や療育的なアプローチなどは学童クラブの機能にはありません。

日常の育成の中で似たようなできることは試してもいいと思います。

しかし大切なことは施設の機能を正しく知り、越えるものは関係機関につなげることです。

その上でそれら機関から、こういったアプローチを学童クラブではしてほしいとか、保護者へは本人の安全のためにタイミングを見て働きかけるので学童クラブからは控えてほしいとか、何か新しい状況となったら教えてほしいなどお願いされます。

これらのことを共有し、施設として対応していくことになります。

何とかしてあげたい気持ちや、関係機関がなにもやってくれていないように思えても、自分達ができることに専念し、くれぐれも抱え込まないようにしましょう。

クローバーとてんとう虫

このサイトでは子育て情報や子ども心理などのほか、学童クラブ~保育園や小学校の子ども向けのおすすめの遊び/オススメ本をそれぞれ100以上紹介しています



👉️幼児~小学生にオススメ【おもちゃ】👈️


👉️幼児~小学生へオススメ【本】👈️


見やすい記事一覧です


👉️地域・自治体別の学童クラブなど👈️

ーーーー

学ぶこと

👇️👇️👇️👇️👇️

経営の勉強が子どものためになる理由

まず経営とは、「価値あるものを提供した結果、価格以上の価値を感じたお客さんから、感謝しつつ対価をいただく行為

単に儲ける行為ではありません。

保育・福祉とは、ボランティア的な慈善行為ではなく、今や支援者ー利用者といったサービス提供の視点が必須ですね。

保育学校や放課後支援員研修の講師など、利用者理解がとても大切だと誰もが言っており、弱者救済というよりは、エンパワーメントへ福祉・保育業界はシフトしています。

しかし福祉的な視点での利用者理解は、独りよがりになりがち。

福祉現場は世界が狭く、福祉の常識が利用者に受け入れられないことも頻繁ですね。

効果を図るといって、年に1回アンケートをとる程度。必要だと言う割りに取り組まれてはいません。

分からない

一方で税金で守られている保育・福祉業界に対して、一般企業を見てみると

事業継続のため、利用者(お客さん)理解を徹底的に行っています。

なぜなら、お客さんに受け入れられなくなった瞬間、利益があげられず、いとも簡単に倒産し、事業継続が不可能になってしまうからです。

従業員を路頭に迷わせないため、必死です。

経営の勉強をした私から見ると、「利用者理解」の必死さがシビアに違うことがわかりました。

👆️これが保育士の視点ではなく、経営者の視点での利用者(お客さん 保育なら子どもや保護者)理解がとても有効な理由です。

有効なのに、なぜ保育の講師陣が「経営の勉強こそ必要」と言わないのかと言えば、ひとえに"知らないから"

まあ普通の保育士や支援員は経営の勉強なんてしたことがないので、仕方ないといえます。

また経営の勉強ビジネスや仕事そのものの勉強をすることは、利用者理解だけでなく様々なメリットがあります。

例えば

・保育仕事で感じるストレスを解決可能
・自分のメンタルも安定
・子どもや保護者へに合った提案可能
・保育チームの連携改善
・システム化による仕事の効率化
・園長の考えがわかり意思疎通がスムーズ
・同僚とは視点が違うため評価が上がる
・副業での副収入の得かたも分かる
・独立や施設立ち上げも可能に
・思いだけで施設を立ち上げて失敗しない

だからこそ私は、

「保育者こそ経営の勉強をすべき」

という、保育士や支援員の立場の人が誰も言っていない、考えすらしなかった提案をしています。

子どもの心理などは個別知識で必要です。

しかしもっと本質の利用者のために働くという仕事そのものについてベースがないと、個別知識は100%生かしきれません。

あなたには、やり方が分からないばかりに思いだけで働いて、道を見失ってほしくないと思います。

私が紹介しているオンラインスクールはたったの1つだけ。他は知りません。

私も学んで現場にも生かし、こうしてサイト運営までしているので、中身は保証します。👇️

記事で紹介している学校への直リンクはこちら

あなた
学童のウェブサイトでしょ?
急に突拍子もない・・

と思うけど、興味が少しでもあるなら、紹介記事をご覧ください。今後の人生が大きく変わる可能性すらあります。

👇️紹介記事はこちら👇️

保育者こそ経営の勉強すべき【次世代起業家育成セミナー】の紹介

※紹介記事経由で登録すると、プレゼント記事があります

クローバー

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事