↓関連検索はこちら↓
当サイトについて

はじめましてジャムと言います。

もともと私は東京大学の大学院で
理系の研究
をしていたんですが、
子ども達との出会いにより、
全く畑違いの保育業界へ転身を決意。

以来20年以上
主に学童クラブで小学生と関わり、
様々なことを学んできました。

そこで得たものを使い、
保育士はじめ保護者の方々、
子どもに関わる大人の

  • 疑問
  • 不安
  • 分からない

を解決することでアナタが幸せになり
子どもに良いものが伝わることを願い
このブログを運営しています。

私は今までの経験を元に現在独立し、
中部地方にて
主に執筆活動を行っています。

家ではまだ小さい、2人の娘を育ててます
とっても安定してますよ(笑)

ツイッターやってます(@jamgakudo)

インスタグラム(@jamgakudo)

ジャムのプロフィールはこちら

ジャム
プロフィール

子ども施設のよくある事例

この記事では学童クラブや保育園などの子どもに関わる施設でよく起こる、保護者とのトラブル事例についてまとめています。

それに付け加える形で、お詫びや謝罪の仕方、信頼関係の築き方やどこまで責任を負ったらいいのかなどについても書いている記事を紹介しています。

各記事へのリンク

1.保護者へのおわびと謝罪のしかた-保育園や学童クラブでの不手際への対応
2.学童クラブから【脱走・飛び出し・抜け出す・来ない】子どもの所在が分からない時
3.学童保育で起こったトラブル事例 【連絡ミス関連】
4.学童保育で起こったトラブル事例 【物損・トラブル対応ミス関連】
5.学童保育で起こったトラブル事例 【ケガ・事故対応関連】
6.子ども施設で起こるトラブル 【食品・アレルギー関連の事例】
7.学童クラブで起こるトラブル 【連携/管理ミス・常識的なクレーム関連】
8.学童クラブの責任範囲-子どもの起こしたトラブルや対応
9.保護者・管理者の視点が分かる/親とのトラブルを防ぎ信頼関係を築く対応
10.子どもと大切な信頼関係を築くための4つの具体的な方法/子どもとの関わり方

前置き

怒ってる

1.保護者へのおわびと謝罪のしかた-保育園や学童クラブでの不手際への対応

お詫びの仕方・謝罪内容・連絡方法など

小さな不手際やトラブルなどで、謝罪やお詫びをしなければならない場面はけっこう出てきます。

それ一つ一つの積み重ねを怠ると、施設に対する大きな不信感に繋がることもあります。

お詫びの気持ちを伝えるには効果的な方法や技術があるため、それを知っておくことはいつ来るかわからない謝罪に際しても、ある程度安心ができるでしょう。

スムーズな解決にも繋がり、悪質なクレームにも対応することができます。

2.学童クラブから【脱走・飛び出し・抜け出す・来ない】子どもの所在が分からない時

寄り道や外遊びの時・脱走など

学童クラブからいつの間にかいなくなっていた、お迎えに保護者が来ていたのに気づかずに指導員が把握しないまま帰ってしまう脱走や、特に夏休みなどで、朝来るはずの時間になってもいつまでも来ないなどもよくあります。

この記事では学童クラブからいなくなるなど、子どもの所在が確認できない場合についてどう対応したらいいのかについて書います。

3.学童保育で起こったトラブル事例 【連絡ミス関連】

電話連絡や内部での伝達ミスなど

この記事のテーマは「連携や管理ミスの事例」です。

学童クラブでは様々なトラブルが発生しますね。しかしこれらのうち、情報があれば防げることがたくさんあり、この記事ではいくつかの事例と対策を書いていきますので、そのあたりの事情がわかります。

読むだけで経験値が上がるので、読まない手はありませんよ。

子どもについてもっと知りたい方はこちらへ👉️

4.学童保育で起こったトラブル事例 【物損・トラブル対応ミス関連】

盗難・人権に関わること

この記事のテーマは「物がなくなったりダメになる事例」です。

学童クラブでは様々なトラブルが発生しますね。

しかしこれらのうち、情報があれば防げることがたくさんあり、この記事ではいくつかの事例と対策を書いていきますので、そのあたりの事情がわかります。

読むだけで経験値が上がるので、読まない手はありませんよ。」

5.学童保育で起こったトラブル事例 【ケガ・事故対応関連】

怪我の対応でよくある間違いなど

この記事のテーマは「怪我や事故で対応をミスったことでこじれる事例」です。

学童クラブでは様々なトラブルが発生しますね。しかしこれらのうち、情報があれば防げることがたくさんあり、この記事ではいくつかの事例と対策を書いていきますので、そのあたりの事情がわかります。

読むだけで経験値が上がるので、読まない手はありませんよ。」

6.子ども施設で起こるトラブル 【食品・アレルギー関連の事例】

誤食・配食・アレルギー対応ミスなど

この記事のテーマは「食品やアレルギーに関しての事故事例」です。

学童クラブでは様々なトラブルが発生しますね。しかしこれらのうち、情報があれば防げることがたくさんあり、この記事ではいくつかの事例と対策を書いていきますので、そのあたりの事情がわかります。

読むだけで経験値が上がるので、読まない手はありませんよ。」

7.学童クラブで起こるトラブル 【連携/管理ミス・常識的なクレーム関連】

職員の意識・ケンカの仲裁ミスなど

この記事のテーマは「連携や管理ミスの事例」です。

学童クラブでは様々なトラブルが発生しますね。しかしこれらのうち、情報があれば防げることがたくさんあり、この記事ではいくつかの事例と対策を書いていきますので、そのあたりの事情がわかります。

読むだけで経験値が上がるので、読まない手はありませんよ。」

子どもについて悩みがある方はこちらへ👉️

8.学童クラブの責任範囲-子どもの起こしたトラブルや対応

責任は家庭?施設?

子どもの起こしたトラブルに対して、責任の範囲について書いておきます。

厳密には責任は施設側にあることも少なくないです。

それでも社会通念-早い話が常識的に社会の人の大半が「家庭の責任でしょ」となることも多いのです。

また施設としての対応はこうなっているということを、保護者の方にも知っておいて欲しいと思いこの記事をまとめます。

法的に厳密な内容の記事ではなく実際に訴訟になったら違うかもしれませんが、そこまでいかないような日常的に多く発生する事例についての話となります。

9.親とのトラブルを防ぎ信頼関係を築く対応

保護者の視点・施設の管理など

前提の話として、保護者と関わるなかでは仲良くなろうとか、何でも言えるような関係を築きたいまで気負わなくても大丈夫です。

仕事をしていく上で信頼関係は必要ですが、仲がよいのと信頼関係があるのは別次元の話となります。

この記事では保護者か何を求めていて、どうしたら信頼関係を築いていけるのかを書いていきます。

10.子どもと大切な信頼関係を築くための4つの具体的な方法/子どもとの関わり方

話を聞く・約束を守るなど

子どもに信頼されて初めて、その保護者にも信頼される道が開かれることになります。

そのため子どもとの信頼関係を築く事は、親にとっても子ども相手の仕事をしている人にとっては必須です。

子どもが家で不満ばかりいっているようでは、保護者としても心配ですね。

子どもとの関係ができてきて、話も聞いてくれるしやりたいこともできるようになります。大切な信頼関係の築き方について書いていきます。

子ども関係の仕事についている方はこちらへ👉️

クローバーとてんとう虫

このサイトでは子育て情報や子ども心理などのほか、学童クラブ~保育園や小学校の子ども向けのおすすめの遊び/オススメ本をそれぞれ100以上紹介しています



👉️幼児~小学生にオススメ【おもちゃ】👈️


👉️幼児~小学生へオススメ【本】👈️


見やすい記事一覧です


👉️地域・自治体別の学童クラブなど👈️

ーーーー

学ぶこと

👇️👇️👇️👇️👇️

経営の勉強が子どものためになる理由

まず経営とは、「価値あるものを提供した結果、価格以上の価値を感じたお客さんから、感謝しつつ対価をいただく行為

単に儲ける行為ではありません。

保育・福祉とは、ボランティア的な慈善行為ではなく、今や支援者ー利用者といったサービス提供の視点が必須ですね。

保育学校や放課後支援員研修の講師など、利用者理解がとても大切だと誰もが言っており、弱者救済というよりは、エンパワーメントへ福祉・保育業界はシフトしています。

しかし福祉的な視点での利用者理解は、独りよがりになりがち。

福祉現場は世界が狭く、福祉の常識が利用者に受け入れられないことも頻繁ですね。

効果を図るといって、年に1回アンケートをとる程度。必要だと言う割りに取り組まれてはいません。

分からない

一方で税金で守られている保育・福祉業界に対して、一般企業を見てみると

事業継続のため、利用者(お客さん)理解を徹底的に行っています。

なぜなら、お客さんに受け入れられなくなった瞬間、利益があげられず、いとも簡単に倒産し、事業継続が不可能になってしまうからです。

従業員を路頭に迷わせないため、必死です。

経営の勉強をした私から見ると、「利用者理解」の必死さがシビアに違うことがわかりました。

👆️これが保育士の視点ではなく、経営者の視点での利用者(お客さん 保育なら子どもや保護者)理解がとても有効な理由です。

有効なのに、なぜ保育の講師陣が「経営の勉強こそ必要」と言わないのかと言えば、ひとえに"知らないから"

まあ普通の保育士や支援員は経営の勉強なんてしたことがないので、仕方ないといえます。

また経営の勉強ビジネスや仕事そのものの勉強をすることは、利用者理解だけでなく様々なメリットがあります。

例えば

・保育仕事で感じるストレスを解決可能
・自分のメンタルも安定
・子どもや保護者へに合った提案可能
・保育チームの連携改善
・システム化による仕事の効率化
・園長の考えがわかり意思疎通がスムーズ
・同僚とは視点が違うため評価が上がる
・副業での副収入の得かたも分かる
・独立や施設立ち上げも可能に
・思いだけで施設を立ち上げて失敗しない

だからこそ私は、

「保育者こそ経営の勉強をすべき」

という、保育士や支援員の立場の人が誰も言っていない、考えすらしなかった提案をしています。

子どもの心理などは個別知識で必要です。

しかしもっと本質の利用者のために働くという仕事そのものについてベースがないと、個別知識は100%生かしきれません。

あなたには、やり方が分からないばかりに思いだけで働いて、道を見失ってほしくないと思います。

私が紹介しているオンラインスクールはたったの1つだけ。他は知りません。

私も学んで現場にも生かし、こうしてサイト運営までしているので、中身は保証します。👇️

記事で紹介している学校への直リンクはこちら

あなた
学童のウェブサイトでしょ?
急に突拍子もない・・

と思うけど、興味が少しでもあるなら、紹介記事をご覧ください。今後の人生が大きく変わる可能性すらあります。

👇️紹介記事はこちら👇️

保育者こそ経営の勉強すべき【次世代起業家育成セミナー】の紹介

※紹介記事経由で登録すると、プレゼント記事があります

クローバー

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事