1.靴隠し・物隠し・盗むの3つの原因となる子どもの心理状態

まずはどんな気持ちや心理状態で、人のものを隠したり盗ったりするのか?

隠す(物へいたずらする)と盗むではちょっとだけ違うので、分けて書いていきますね。

靴隠しも盗んじゃうのも、原因はそれぞれ3つあります。

1-1.物を隠す子どもの心理は?

A.ストレスの表現
B.本人とその子との関係の問題
C.魔が差す
悲しい

A.物隠しの原因1~ストレスの表現

日常や家庭などでストレス溜まり、発散できる場がなかったり、そのストレスが過剰な場合、子どもは時に「問題行動」といった形で表出します。

早い話が物を隠すのは、

  • 暴力や暴言、
  • 盗癖、
  • おねしょ、
  • 赤ちゃん返り

などと同列の行動

たまたま物を隠す行動になっただけです。

だからその行動だけ対処しても、原因を押さえないと違う困った行動が出くる理屈。

ジャム
欲求には
様々なものがありますね。

何がストレス源なのか?
探ることが必要です。

私の経験上、物を隠すといった行為に走る場合は、いろんなストレスのうちでも

  • 甘えたいとか、
  • 認めて欲しい
  • 見て欲しい

これ系の満たされない思いを、ひっそりとぶつけている感じがします。

そして直接の暴力や暴言などにいかない、本人の性格もあるかもしれない。

そして周りの困っている様子を見て、

加害者の心
自分がやったんだ!

感じの歪んだ自己有能感をそこで感じます。

罪悪感の程度は様々。

だけど、


罪悪感

VS

つい手軽にやってしまえるという簡単

そこで得られる自己有能感を得られるプラス要素

ストレスを抱えた状態だと、比べたら誘惑が勝っちゃう感じです。


問題行動の記事

B.物隠しの原因2~本人とその子との関係の問題

相手の子との関係が悪いけれど、面と向かってやりあえない。

または面と向かってもやりあっているけど、それだけでは気がすまないなどの場合です。

ケンカなどがうまく解決できない、うっぷんを晴らすための行動と言えます。

または単なる意地悪。

物隠しの中でも特に靴隠しは、単に靴が隠しやすいってのもあるけど、靴を隠すことで相手が動けなくなる。

「邪魔な相手を、動けなくしたい」って感じの無意識の心理もありそう。

そして相手が困っている様子を見て、カタルシス(気が晴れる感じ)を得ます。

靴

C.物隠しの原因3~魔が差す

単なる思い付きや、

保育者
こういうことがありました

と靴隠しについて全体に周知した後、知った自分も面白半分についやってみるという、同調行動による愉快犯

子どもって大なり小なり不満はあって、手軽にストレスを解消できるんならそれをやっちゃう。

低学年くらいまでの子どもは、気分と衝動の生き物

だから興味本意でもやってみちゃう。

このときに自分だとバレなかった場合は、味をしめることもあります。

思い付きで

1-2.物を盗む心理は?

単に「隠す」と、「盗む」は少し毛色が違ってきます。

盗むの方が隠すより罪悪感を感じるんだけど、それにも増して誘惑が勝ってしまう程になってるわけ。

盗むの原因心理👇️

A.ストレスの表現
B.単なる物欲
C.相手をよく思っていない

A.盗むの原因1~ストレスの表現

物隠しの場合と同じ理由ですね。

隠す場合はそのもの自体は欲しいわけではないのですが、盗む場合は物欲も絡んできます。

対象物が靴とかだと、取ってもどうしようもないですよね。

だけど「消しゴム」とか小さいもので、持っていってしまえば分からない。

しかも自分でも使えそうな物の場合は、「隠す」でなく「盗む」に変わることがあります。

対象物ストレスの度合いによって、そして気分罪悪感の程度によって「盗む」←→「隠す」をいったり来たりします。

人のものについてはこんな感じ。

だけど自分の家のお金を盗むような場合、親にかまって欲しい、分かって欲しいって思いが特に強いようです。

おこづかいの記事

B.盗むの原因2~単なる物欲

欲しくなってしまい、つい魔が差すという場合も含みます。

お金が見える場所、手の届く所に置いてあったら大人でも変な気分になりますね。

子どもが簡単に開けたりできる棚のようなところに保管してて盗られた」ってのも、子どもの施設ではたまに聞きます。

大人側のガードが甘いってわけ。

子ども同士の環境でも同じことで、みんなが魅力的に見えるキャラクター消しゴムを放置してたら、

チョイって持ってポケットに入れたら分からない。

子ども
私の消しゴムがない!
ジャム
どこに置いてあったの?
子ども
机の上に出して、
一時間くらい違うところで
遊んでた。

魅力的に見えるのを放置してたらそうなる。

盗む

C.盗むの原因3~相手をよく思っていない

隠すと同じ理由ですが、盗んでしまうような場合には相手に対して「うらやましい」などの妬み感情もあります。

相手が困っている様子を見てカタルシスを得るのは同じです。

そして自分にない、相手に対してうらやましいと思っている部分を、相手の物を手に入れることで埋めようとします。

目の前で取って

女の子
返して

って言ってるのに持ってっちゃうの。私が関わったケースでありました。

盗みってよりは取り上げですよね。

相当ストレスをためてる子どもでした。

こんな感じだけど、「盗む」まで行っちゃう場合は3つの原因それぞれをちょっとずつでも要素として含むことが多いですね。

原因へ対応と言うより、その子へ総合的にケース対応する感じになります。

隠す

2.靴隠しや物隠しの、隠す場所から分かる本人の状態

物隠しの場合、本人の心理によって隠す場所がちょっと違ってきます

日常的なストレスの反動の場合は無意識のこともあり、罪悪感も意識されていますので、探せばすぐ分かるような場所が多いです。

満たされない思いを満たす目的の場合、自分で隠して自分で見つけて注目されることもあります。

愉快犯の場合も、そんなに困らせようというつもりはないので、簡単な場所であることが多いです。

子どもの叱り方

特定の相手の場合については、相手を困らせようという意図を始めから持っているので、相当探さないと分からない場所に隠す傾向にあります。

ケンカの直後など怒っている場合は短絡的な行動になりやすく、隠すというよりは憂さ晴らしのために、その辺に放り投げておくだけなんてこともあるけどね。

本当ゴミ箱などに捨てられてしまうことも、少なくありませんよ。

どちらにしても、本人のその場の思い付きで変わってくることもありますが、だいたいはこの傾向です。

隠す場所の傾向

だいたいは、比較的すぐに見つかる場所に隠してある。

個人的な憂さ晴らしだと、捨てたり、見つかりにくい。

ゴミ箱

3.盗難/盗みや靴隠しの予防と必要なルール

3-1.予防①整理整頓・管理

家庭でも乱雑になっていて、物がどこにあるのか分からないことはありますね。

子どもの施設でも結構あります。

特に学童クラブは整理されてない意味での汚い施設が多いです。

  • 本当に誰かが隠したのか、
  • 本人が適当な所に置いたのか、
  • なくなったのか

それすらも分かりません。

「これはここ」としっかり整理されていることは、予防の第一歩です。

子どものロッカーや荷物も、

  • 出しっぱなしにしない
  • 落ちたら拾う
  • 必要ないのは持ってこない

たくさんの子どもがいる場所では必要なルールで、子どもに言うなら大人も守らなくちゃダメですね。

お出かけ

3-2.日常的な道徳的な教育を全体へ向けて行う

人の心を推し量るような取り組み、何がよくて何がいけないのか道徳的な教育を、集団全体へ向けて日常的に行っていくこと。

小学校低学年くらいだと理解力にも大きな差があり、道徳心も発達的には途上。

だから結局は個別対応になるんだけど、大事なことは

全体の雰囲気、風土を作る」こと。

人の心に気づいてもらう教育は「誘導的しつけ」といいます。

他人への思いやりの心を育てることで、物を隠したり盗んでしまうことに対して自制心を育てる上で有効です。

小学生の道徳獲得について

3-3.靴隠しが起きる前の普段の関わり

物隠しでやった子がわかれば、不満やストレスを抱えていたことが分かりますね。

だけどその前兆は、普段関わっていれば普通に感じると思います。

物隠しや靴隠しは場合によって「やったのが誰か分からない」という匿名性に隠れてしまうので、直接の支援ができない場合もあります。

本人が抱えているものに日常的に気づいて、必要な働きかけをしていくのも大切なことです。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事