↓関連検索はこちら↓

子どもの言葉遣いは大切です

この記事を読んでいるあなたは、
子どもの言葉遣いについて思うところがありますね。

特に悪い言葉遣い
「死ね」
「消えろ」
「バカ」

生まれてから言葉を少しずつ覚えてきて、
しゃべれるようになった!
と喜んでいた頃を思い出すと、
我が子が悪い言葉遣いをしてる。

親が言ってなくても覚えてくるので、
ビックリすることもあります。

子どもの悪い言葉遣いを直すには、2つの要素を押さえておくのか必要。

特に学童期の子どもについて書いていきます。

言葉遣いは大切

言い方や話し方一つで友達関係や、
将来的な交遊関係まで影響し、
本人の生きやすさ生きにくさまで関わってきます。

この記事では大切な言葉遣い、
子どもがいつの間にか覚えてきた悪い言葉遣いに、
どう対応したらいいのか、


2つのポイントを書いていきます。

この記事を読むと分かること
  • 悪い言葉遣いはどこからか覚えてくるか?
  • 直し方の2ポイント
  • 子どもへの教え方
  • 親の言葉遣いを外から正す方法
言葉遣いは大切の記事の挿入画像
当サイトについて

このサイトでは管理者のジャムが、

主に学童クラブや児童館で"20年以上"
主に小学生に関わってきた経験を元に、

子どもに関わる大人へ役立つ情報を発信。

子どもと親が幸せになればいいなという思いをもって運営をしています

ジャムのプロフィールはこちら

ジャム
プロフィール

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事