↓関連検索はこちら↓

1.いじめを隠す被害者の子ども~3つの心理と追加条件

困ったら言えばいいじゃん、と思うかもしれません。

実際に困って人に相談する子も、少なくないでしょう。

今は「悩んだら電話して」って啓発もよくされてます。

だから相談の敷居は昔よりだいぶ低くなったでしょう。

しかし一方でいじめられてるのを隠す子もいます。

やられていることを隠す心理とは

  • "自分のせい"を認めたくない(プライドが高い)
  • 自分で消化しようと頑張っている
  • 相談による報復を恐れる

追加の状況として

  • 困ったら人に相談って経験がない
  • 相談する人がいない
  • この年代の集団心理の影響
  • 日常が流れてしまい行動ができない

日常が「いじめがある状態が普通」ってなっちゃうと、そこからの変化は相当なエネルギーがいります。
以下の章で順に見ていきます。

時間が流れる

1-1.自分で消化しようとする

これはどういうことでしょうか。

  • 親に心配させたくない
  • やられている自分が悪い
  • 自分さえ我慢していればいい
  • いつか自然に好転するんじゃないかと期待してる

自分のせいと思い、
自分のせいだから人に迷惑をかけずに自分で何とかしようって言う状態。

こう思う子にとっては、大事な親に心配かけるなんてもっての他です。

この思いを持って日常を重ねていると、
いつしかその状態が普通になってしまいます。

クラス替えや夏休みなど、外部の状況で、
いつか好転することを期待して我慢します。

我慢

無事に時間が過ぎて解決した場合、
人も知らず、やり過ごした経験を積んでその子は大きくなりそうですね。

次に同じようなことがあれば、多分間違いなく繰り返すでしょう。

人に相談せず、我慢してやり過ごそうとするのを。

指ネコ
優しい子で責任感も強い子に多そうにゃ

1-2.報復など相談することで悪化を恐れる

これは想像できると思います。

いじめている方が悪いことを知っててやってる場合。

  • 暴力を振るうけど分からないように顔は殴らず腹パンをしたり、
  • 金持ってこい、あれを盗め、
  • 恥ずかしいことをわざとさせるなど

確信的にやっていて、なおかつ逆らえない状態。

こんな場合は口止めされてることもあります。

でもだいたいは口止めされてるんじゃなくて、自分で言うことでの状況悪化を恐れて言わない。

いじめている方には友達が多く、いじめている仲間が多いこともあります。

やられている側からしたら単純な数の恐怖です。

いっぱいいる

口止めされてなくても、「チクったな」なんて感じの報復を恐れるでしょう。

これを増やす要素は人に助けてもらった経験がないこと。

言ってもいじめ仲間のグループの証言が多いので、先生も「気のせいじゃない?思い込みだよ」となるかもしれません。(大人は頼りにならない・・1-4で書く追加条件)

"相談したらなんとかなった"って経験がない

言っても何にもしてくれない、むしろ自分が悪いんでしょって言われた。

あなたが悪い

すぐに解決してくれない経験があると余計そうですね。

信用できる人が思い付かないとかもあります。

親は構ってくれないし、困っても助けてくれない
なんて思っていたら

・なんとかなるかもしれない ←ちょっとの期待
・言ったらもっとひどくなる ←けっこうなマイナス

比べたら普通は"言わないでおこう"に傾きます。

信用の線を引く

1-3.プライドが高い

この理由は分かりますか?

いじめられてる=気弱で言い返せない

「どうせ自分なんか」
みたいな弱くてネガティブ感覚とは真逆です。

やられて小さくなる

理解するために、

いじめじゃないけれど、似たような心理状態として詐欺被害にあった人の心理を紹介します。

これなら親のあなたにも、「いじめられてるのを隠す」経験がなくて分からなくても、
「もし自分が詐欺にあったら・・」と想像したら分かるかもしれません。

被害者の多くは、これだけ世の中で注意喚起がされているにもかかわらず騙された自分を愚かであると恥ずかしく思い、この被害の事実を隠そうとする傾向が非常に強いといえます。そして、この詐欺被害を隠すという態度は、社会やコミュニティに対する範囲にとどまらず、自分の家族や配偶者に対しても、向けられることに注意が必要です。

 2019 架空請求・詐欺情報サイトより引用

まさか自分が・・というのを受け入れられない状態に似ています。

弱い自分を認めたくないし、当然人にも知られたくない心理と言えば分かりやすいかな。

早い話がプライドが高いってことです。

得意顔

いじめられてるなんて、
恥ずかしい!
カッコ悪い!
って無意識に思っていると、

とてもひどい扱いを受けているのに

"いじめれられてる訳じゃないんだ"

とこれも無意識に思い込みます。

思い込みたい、と言ってもいいでね。

追加の状況を下で書きますが、そこには仲間意識が大きく関係します。

仲間の一員だから、孤立するよりも今の状態の方がよほどいい。

そのグループに所属しているってプライドで、仲間の役に立っているって感覚です。

所属してる

1-4.追加の状況~大人は頼りにならない/仲間意識

1-2で書いたような「相談してもなんとかしてくれない」というのを持ってること。

これは隠すことによるメリットと、
相談したことによるデメリットを計りにかけた時、

デメリットに傾くのを助けてしまいます。

これは簡単に想像できると思います。

もうひとつは子どもの発達に関係すること。

子どもは大人になる途中で、自分自身を確立するため、
親から離れて友達や仲間と交流する時期があります。

ちょうど小学校高学年~高校生くらいまでです。

小学生

この時期では、親よりも仲間の方が大切です。

場合によってはよくないことに誘われ、一人ではやらないようなことをやってしまうこともあります。

そこでは例え嫌なことをされても「大切な仲間」となります。

この頃は仲間が自分の体の一部ってわけです。

だから仲間から抜けるのは、さながら生活の基盤を失うことに匹敵します。
大人だったら「職場を失う」のに似てるかもしれません。

いじめの集団心理については別の記事で書いていきます

言わない

2.年齢や性別でも、被害を隠すの傾向が違う

小学校高学年のいじめを隠すことについて、
性別の差や学年の差についてされている研究があります。

例えばこちら
(細かいデータの見方は元の論文を読んでみてね。ほとんどの人は結果だけ興味あると思うから省きます)

なぜ子どもは自分のいじめ被害を隠すのか−規範意識および友人認識との関連(PDF)

いじめの被害の否認について学年性別別調査データ

学年が上がるほど「被害の否認」つまり
"いじめられてる訳じゃない"ってのが上がってますね。

仲間意識があがってることから来てると思います。

男女差についてはここまで書いてなかったけれど、研究によると女の子の方が友人関係に敏感と言うのがあります。

問題悪化を恐れてのいじめの隠匿調査データ

性別の要因については、男子より女子のほうが「問題悪化を恐れての隠蔽」「友人関係維持のための隠 蔽」「相談行為自体のデメリットによる隠蔽」の得点 が高かった。(中略)。いじめ被害を他者に相談する上での不安を減じるための支援が、特に女子に対しては重要であろう。引用

3.いじめ被害を隠す原因を知っての対応策

いじめに対応しようとしても、そもそもやられている子に隠されていると対応できませんね。

そのため、いじめを知る前の日常的な状態からすでに予防策が始まってるってことです。

いじめを知る前と言うか、何もない日常から始まっています。

そして、それは小さい頃からの積み重ねです。

まあ大きくなってからでも修正はできるけど、時間が倍かかります。

(それまでの積み重ねを戻す時間+新しいものをいれる時間)

それは大人との信頼関係ってやつです。
親に限りません。

学童クラブの職員や学校の先生、場合によっては塾の先生や近所の人なんて場合もあります。

予防策はズバリ

  • 困ったら言ってくれたら何とかしてくれるぞっていう感覚を持ってもらうこと(相談することはマイナスにはならない)
  • 嫌なことは仲間でも嫌って言っていいことを教える(規範意識ってやつ)

これは大きくなっても同じです。

もう中学生だから自分で何とかしなさい
と全ての面で自立を期待していると、よくないかもしれない。

時間

自立を促しつつも「まだ子ども」という認識は忘れない方がよいでしょう。

場合によっては大学生もまだ子どもです。

依存させ過ぎるのも問題
だけど全て突っぱねるのも問題ってことです。

なにか相談してもいつも「あなたにも原因があるでしょ」
何度目かで子どもの方は相談をあきらめます。

ここで書いた考え方じゃなくても、本人の性格や生い立ちで、

  • 本当に困ったら隠さずに相談できる
  • 相談する気になる

ような環境を整えておけばいいってことです。

自分で決めたから「自殺もあり」とはならないでしょう

でも自立を促しすぎて、助けもしないとそうなるかもしれない。

助けてほしい

何度目かですが、「言ってくれれば何とかしてあげる姿勢
さじ加減難しいですね。

人生は長いので、親も悩みつつまあやっていきましょう。

逃げろとかは早い話が自分で何とかしろ、自分の行動を促す感じがベースです。

言ってることは違うけれど「あなたの責任だから自分で行動しなさいよ」って取ることもできます。

それだと我慢して、親にすら隠してやり過ごそうとしている子には響かないでしょう。

だから「逃げろ」じゃなくて、「言ってほしい。必ず何とかしてあげるから」って感じで人が何とかしてくれるぞって言う方向にチェンジが必要です。

逃げる

4.いじめを隠す子どもの心理のまとめ

この記事ではいじめ被害を隠す子どもの心理として三つ

  • 自分で何とかしようとする
  • 報復を恐れる
  • プライドか高い

そして追加の状況として

  • 高学年から出てくる仲間意識
  • 相談しても解決しないって思い

があることを書きました。(1章)

具体的研究があることと(2章)


いじめ被害を隠すついての対応は

  • 相談したら解決してあげるって姿勢を大人がとること
  • 仲間でも悪いものは悪いって規範意識を育てること

とにかくこの記事では
いじめ被害を、やられている本人が隠してしまう心理や対応を書いてきました。

いじめは自殺に至ることもあり得る深刻な問題です。
日頃の積み重ねで、
親も周りの大人か気づけず、本人だけが悩み続けるような状態を回避していってほしいと思います。

目次

▶️pick up◀️

クローバーとてんとう虫

このサイトでは子育て情報や子ども心理などのほか、学童クラブ~保育園や小学校の子ども向けのおすすめの遊び/オススメ本をそれぞれ100以上紹介しています



👉️幼児~小学生にオススメ【おもちゃ】👈️


👉️幼児~小学生へオススメ【本】👈️



👉️地域・自治体別の学童クラブなど👈️

クローバー

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事