↓関連検索はこちら↓

放課後児童クラブとは?放課後子ども教室とは?

子どもが保育園から小学生に上がると、

急に放課後児童クラブ(学童クラブ)とか、放課後子ども教室とか、聞きなれない言葉が増えますね。

幼児→小学生への変化は、特にはじめての保護者にとっては驚きや発見の連続と思います。

保育園に行ってた子は、小学生になったからといって急に留守番ができるわけじゃないから、預け先を探すことになるでしょう。

その選択肢が放課後児童クラブ(学童クラブ)や、放課後子ども教室

結論からいうと、

①学童クラブには保育機能があって放課後子ども教室にはないこと。

②大人が介入する程度

③利用時間や利用方法

の3点で大きな違いがあります。

この記事で分かるこ
  • 放課後子ども教室と学童クラブの違い
  • 双方のメリット・デメリット
  • 両方が合わさった一体型施設について
  • 機能を知ってうまく利用するには
学童クラブと放課後子ども教室などとの違い、見出し画像、海
当サイトについて

このサイトでは管理者のジャムが、

主に学童クラブや児童館で"20年以上"
主に小学生に関わってきた経験を元に、

子どもに関わる大人へ役立つ情報を発信。

子どもと親が幸せになればいいなという思いをもって運営をしています

ジャムのプロフィールはこちら

ジャム
プロフィール

▶️関連記事はこちら◀️

【学童クラブ~特徴や疑問まとめ】

【学童クラブの時間はいつまで?/お金/送迎★利用の仕方・多い疑問】

【学童保育のおやつ】スナック菓子ばかり

【学童保育の障害児の受け入れ事情】

【公設/公立学童クラブVS民間学童】

【学童保育-放課後子ども教室の違い】

【学童クラブと保育園の違い比較】

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事