からだと心の相互作用~子ども仮病は本物かも

仮病でしょ」とか、「気のせいでしょ」

👆子どもが体調不良を訴えたとき、こんな返しをしたことありませんか?

子どもが抱えている問題の原因が心にある場合、体の不調として現れてくるケースはとてもたくさんあります。

なぜなら心は脳が作り出すイメージがその本質で、その脳は臓器の1つ。

脳は体に作用する様々なホルモンを分泌しているので、容易に各部所の体調不良に結びつくからです。

逆も然り、体のどこか悪いと心に作用する。

これは「身体心理学」(ソマティック心理学)として、自分が感じる体と心の作用が研究されています。

心理学と言うと心だけ扱うイメージですが、

心=脳は単独で存在できないので、心と体の相互作用があるのは当然の話です。

「仮病でしょ」「気のせいでしょ」という前に、心と体の相互作用について知っておきましょう。

この記事を読むと分かること

  • 身体心理療法の考え方
  • こころの不調が体の症状になること
  • 筋肉の鎧について
  • 心と体はどちらが先か?
  • 子どもの心と体のほぐした方
筋肉の鎧 仮病ではない心と体のバランス
当サイトについて

はじめましてジャムと言います。

もともと私は東京大学の大学院で
理系の研究
をしていたんですが、
子ども達との出会いにより、
全く畑違いの保育業界へ転身を決意。

以来20年以上
主に学童クラブで小学生と関わり、
様々なことを学んできました。

そこで得たものを使い、
保育士はじめ保護者の方々、
子どもに関わる大人の

  • 疑問
  • 不安
  • 分からない

を解決することでアナタが幸せになり
子どもに良いものが伝わることを願い
このブログを運営しています。

私は今までの経験を元に、
主に講演・執筆活動を行っています。

家では2人の子どもを育ててます
とっても安定してますよ(笑)

ツイッターやってます(@jamgakudo)

インスタグラム(@jamgakudo)

ジャムのプロフィールはこちら

ジャム
プロフィール

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事