↓関連検索はこちら↓

マズロー欲求6段階を理解して人も自分もコントロールする

モチベーションの記事で
マズローの欲求説について触れました。

目標じゃなくて、裏にある自分の目的が大事って話。
目的とは、すなわち人間のもつ欲求のこと。

東大に合格したい!
お金を大量に稼ぎたい!

欲求に見えて欲求じゃないです。

目標ですが、人生の目的(欲求)じゃないってこと。

正しく理解してないと、目標に向かってる途中で、

「なんのためにお金を稼ごうと思ったんだっけ?」
みたいな疑問が急に降ってきて
挫折していきます。

挫折

人の欲求を考えるフレームワークとして、
マズローの5段階欲求説があります。
便利で分かりやすいから、これに沿って書いていきますね。

マズロー5段階では自己実現が最高点って、
福祉や心理でよく習います。

この説には実は6段目もあって自己実現の先、自己超越などと書かれたり。
まあその辺は詳しく書きません。

人間の欲求が何かって話をします。

マズロー欲求

なぜマズローの題名の記事なのに詳しく書かないか?

人を動かす本質を書きたいからです。

マズローの欲求説は、「説」

要は完全に確かめられたわけじゃないってこと。

たぶんこんなに有名な説だから、
いろいろ研究されてるでしょう。

でも完璧に正しいかどうかは、どうでもいいんです。

人間は「なんとなく」で生きてる面もあるので、
性質が分かれば対処できる。
(定性的な解析って言います)


どれが何%とか分かっても、たいした意味はないでしょう。

実際に人間の欲求は、マズロー説のどれかには含まれてそうだなってのが、経験的に分かると思います。

指ネコ
それぞれの段階が何かは、読み進めてにゃ

逆に言えば、これらの欲求のどれかを刺激すれば
人間の行動をコントロールできる理屈です。

人も動かせるし、
自分も動かせるってこと。

気づいてないかも知れないけど、
実際の商売でもふんだんに使われてます。

この記事を読むと分かること
  • 人を動かす本質を知れる
  • 人の持ってる欲求を知れる
  • 読まないとなんとなくの人生が続きます
  • 是非読みたい!
当サイトについて

このサイトでは管理者のジャムが、

主に学童クラブや児童館で"20年以上"
主に小学生に関わってきた経験を元に、

子どもに関わる大人へ役立つ情報を発信。

子どもと親が幸せになればいいなという思いをもって運営をしています

ジャムのプロフィールはこちら

ジャム
プロフィール

▶️元東大生が教える勉強の仕方シリーズ◀️

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事