↓関連検索はこちら↓

回り将棋/金ころがり/渦巻きでやるお宮参りのルールと遊び方

回り将棋って知ってますか?金ころがりとも言います。

この記事では回り将棋のバージョンで、渦巻きでやるお宮参りも紹介してます。

将棋のコマを使ったすごろく遊びだけど、けっこう奥が深いです。

ポケモンとか派手なすごろく系ボードゲームがたくさんある中でも、一定の人気があります。

  • 将棋のコマに触れて本将棋の入門に
  • 駒の種類を自然に覚えられる
  • サイコロなしでやれるすごろく
  • 細かいルールで飽きがこない

子どもによっては何回もやり、
昔からの定番遊びは、飽きられない要素があるみたい。

学童クラブでもよくやられています。

将棋

一回やれぱ分かるけどローカルルールが多いから、

「自分の知ってるルールじゃないかも」
と思っておきましょう。

でもなぜか地域で統一されてるケースが多いです。
誰かが広めてるのかなって思うくらい。

回り将棋のルールは、

早い話が将棋のコマを使ったすごろく遊びです。

4人までプレイできます。

ローカルルールがたくさんあるので、
何が正統ルールかわかりません。

歴史はけっこう古いみたいです。
いろんなルールが派生してるのもうなずけます。

この遊びの正確な起源は定かでないが、1830年(文政13年)序の「嬉遊笑覧」や、

1907年(明治40年)に発行された書物「世界遊戯法大全」にも紹介されていることから

それよりも以前に遊ばれていることが推測できる。

ウィキペディア
当サイトについて

このサイトでは管理者のジャムが、

主に学童クラブや児童館で"20年以上"
主に小学生に関わってきた経験を元に、

子どもに関わる大人へ役立つ情報を発信。

子どもと親が幸せになればいいなという思いをもって運営をしています

ジャムのプロフィールはこちら

ジャム
プロフィール

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事